韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

六龍が飛ぶ 第11話あらすじ1/2 ユ・アイン、キム・ミョンミン、シン・セギョン主演韓国ドラマ

   

ユ・アイン(유아인)、キム・ミョンミン(김명민)、シン・セギョン(신세경)主演のSBS月火ドラマ

六龍が飛ぶ(ユンニョンイ ナルシャ:육룡이 나르샤)

の第11話あらすじ1/2です。

六龍が飛ぶ キャスト・登場人物紹介 ユ・アイン、キム・ミョンミン、シン・セギョン主演韓国ドラマ

 

六龍が飛ぶ

 

六龍が飛ぶ 作品データ

  • 韓国SBSで2015年10月5日から放送開始の月火ドラマ
  • 脚本:キム・ヨンヒョン(김영현)  『根の深い木』『善徳女王』、パク・サンヨン(박상연) 左の2作品は共同執筆 その他に『チョンダムドン・アリス』など
  • 演出:シン・ギョンス(신경수)  『3days』『根の深い木』
  • あらすじ:高麗’という巨悪に対抗し高麗を終わらせるために体躯を起こした六人の華やかな成功ストーリー
  • 視聴率 第11話13.3%

 

六龍が飛ぶ 第11話あらすじ1/2

現代劇ではイケテないシン・セギョンが輝いて見えます。やはり適正というものが有るのですね~。時代劇専属でも良いんじゃないかな?

 

さて、あらすじを。

 

 

李芳遠(イ・バンウォン:이방원)李成桂(イ・ソンゲ:이성계)の代わりに印を押したことをヨニに伝える鄭道伝(チョン・ドジョン:정도전)。そして、イ・インギョムからの反撃を予想する。

 

妙案でも浮かんだのですかと問うチョヨン。最も理解できないことは何だと思う?と、イ・インギョム。

どうやってイ・ソンゲの安辺策(アンビョンチェク:안변책)を、ホン・インバンキル・テミが賛成したのかですね?と、チョヨン。

これから自分が人々にそれを理解させると、イ・インギョム。

 

鄭夢周(チョンモンジュ:정몽주)が、とある文を見て顔色を変える。他の重臣がそれに気づき、文を奪って読み上げる。

『安辺策で確保される東北面の税収をホン・インバン、キル・テミ、イ・ソンゲが半分に分けると密約した』

同席していた崔瑩(チェ・ヨン최영)は、この投書に根拠はないと一蹴する。退出後、イ・ソンゲはそんな人物ではないと自分に言い聞かせる。

そんなチェ・ヨンにイ・インギョムの指図を受けた別の重臣が近づき、とある教旨を見せる。それは、キル・テミの息子キル・ユが東北面に関わる役職に就くとの内容だった。

 

重臣たちの会議は投書の話で喧々囂々だ。崇禄大夫(スンノクテブ:숭록 대부)が反ホン・インバン派として、しつこく追求を始める。

過ちを犯したならすぐに改めよという意味の中庸の過側勿憚改(クァチュクムルタンゲ:과측물탄개)を引用し反論を試みるキル・テミ。

論語だとホン・インバンに訂正されるも、『ほんとに私がこの言葉を言ったのか・・・』と、難しいことをいった自分を少し誇らしく思う。

調査をしなければと、崇禄大夫。それに反対するハン・グヨン。そして、互いのタメ口を罵り合う。

そこにチェ・ヨンが入ってきて、キル・テミに対して息子が東北面の監倉官(カムチャングァン:감창관)になったようだなと問う。

もちろんテミは知らない。けれど、チェ・ヨンは教旨を見せ、租税を監督する役に就いていることを周知のものとする。

これにより、調査をするのが正しいと思うと発言するイ・インギョム。もちろん、彼の仕組んだことだ。

 

イ・ソンゲがそんなことを出来る人物だとは思っていないチョン・モンジュ。英雄が堕ちるのを数多く見てきたではないですかと、他の重臣。ただの風説なだけだと、チョン・モンジュ。

けれど、イ・ソンゲにとっては致命的でも有る。その考えはチョン・ドジョンも同じだった。イ・ソンゲに会いに行こうとするが、咸州( ハムジュ:함주)からイ・シンジョクが来るので話を聞いてからにスべきと、ヨニ。

スポンサードリンク (sponsored link)i   

 

李芳果(イ・バングァ:이방과)がやってきたことで事実を知る李芳雨(イ・バンウ:이방우)。正しいかどうかは父上が決めることだと、ぐずる弟に家別抄(カビョルチョ:가별초)の首長である父に従えと話す。

お前が言ったように責任をとりに咸州( ハムジュ)へ行くと、プニに告げるパンウォン。

パングァの行動を阻もうとパンウォンの家に行こうとするチョン・ドジョン。

パンウォンのところへは趙英珪(チョ・ヨンギュ:조영규)がやってきて、現状を説明する。安辺策(アンビョンチェク)を止めるための狀啓( チャンゲ:장계)を阻もうとするパンウォン。

そこに巡軍府(スングンブ:순군부)の兵がやってきて、パンウォンを引っ立てる。その様子を目にするチョン・ドジョン。

これは、イ・ソンゲの謎の陰に対するイ・インギョムの挑戦だった。チョヨンと将棋を打ちながら、今回の酒を受けてくれと、イ・インギョム。

 

3つの類推できる状況を挙げるヨニ。結局、待っているだけなのか?罪のない者が拷問で死ぬのを看過すると!?と、反対するイ・シンジョク。

この国で罪と死には何の関連もないと、冷徹な言葉を発するヨニ。

そんな国を変えるために我々が集まっているんだ!と、イ・シンジョク。また、本元にパンウォンが間違ったことだが犠牲にはできないと進言する。

自分は決定に従うだけだと、ヨニ。

パンウォンが逮捕されるのを見て、自分の心にも虫がざわつき始めたのを感じるチョン・ドジョン。

ヨニの言うとおり、拷問でパンウォンが死にでもしたら、すべてはうまくいく方に向かう。けれどそれは虫のすることだ。

 

イ・バンウはパンウォンの逮捕を、イ・インギョムからの全州李氏家門への挑戦と取る。家別抄(カビョルチョ)は戦争を避けないとパンウ。

 

パンウォンに遭った事実があることをテミに離すホン・インバン。子供が拷問に耐えられないだろうからパンウォンを殺そうと、キル・テミ。

 

ホン・インバン宅の門を叩くプニ。すると、例の家奴が出てきてプニを捕まえようとする。ちょうどそこにホン・インバンが帰宅する。

イソグン村の主導者だと家奴。イ・バンウォン若様が送りやってきたと告げ、プニは話を聞いてもらえることに成る。

実は送られてきたのではなく自分が会いに来たとプニ。また、密約はないけどイ・ソンゲ将軍と手を結んだのは知っている、だから対策を講じるべきだ!と、パンウォン若様が考えておられるようだと、代わりに私が来たと話す。

さらに、拷問中にパンウォン若様が死ねば、イ・ソンゲ将軍がどう出るかわからないではないですか?一刻を争います、早く救わねばなりませんとも話す。

イ・インギョムがパンウォンを殺す理由はない、単にイ・ソンゲの自白を聞こうとしているのだと、ホン・インバン。

そうだと言っても拷問を受ければどうなるかわからない。それを心配するプニ。

どんな仲だ?どんな仲で、自分が死ぬかもしれないところに?まさか?お前はパンウォンと・・・と、ホン・インバン。

靴を買ってくれました、私に。とある貴族は私たちを殺すのに、若様は靴を買ってくれましたと、プニ。

プニに伝言してくれと言うホン・インバン。

『自分は巡軍府に入って(拷問を受け)まさに変節した人だ。だがパンウォンあいつは、いつも自分は私と別の人間だと言う。ゆえに決して私の名も父親の名も自白してはならない。もし我々の名が出れば、お前が心配するすべてのことが起きるだろう』

 

拷問を受け、昔、悪辣な先輩から書物を焼かれた時のことを思い出すパンウォン。

 

ホン・インバンの手はずでパンウォンに会いに行くプニ。そして、ホン・インバンの伝言を伝える。

当然だ、ホン・インバンごときにはなれないだろと、パンウォン。耐えればおじさんがなんとかしてくれると、プニ。

三峰(サムボン:삼봉)先生はオレが死ぬのを望まれるだろう、オレが死ねば安辺策を偽造したことも自然に覆えるし、そうすれば父さんがイ・インギョムの敵対者として立つだろう、さらに、オレのように大きい悩みの種で解決できてと、パンウォン。

話にならない、あんたがそうだからおじさんから痛い目に合うの、おじさんはあんたも助け今のこの状態を全て解決できる、そんな方法を探すはずよと、プニ。

本当にあの方がそうできるだろうか?と、心のなかで呟くパンウォン。

去り際、『しょげないで、そして笑って』と、プニ。

『お前から笑え』と、パンウォン。

『私が、どうしてあんたを気に入ってるのか知ってる?死ななそうで。去らな(逝かな)そうで』と、プニ。

『お前、オレを気に入ってるのか?死なない。必ず生きて出るぞ。待ってろ』と、パンウォン。

去っていくプニ。

『死なないで。私は私から去る人を見ないわ。思いもしない。兄さんもお母さんも、みんな忘れたわ。あんたは忘れないでよ!』と、心のなかで呟くプニ。

 

 

六龍が飛ぶ 第11話あらすじ2/2に続く

文責:韓国ドラマあらすじ団

スポンサードリンク (sponsored link)

 - 六龍が飛ぶ , , , , , , ,