韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

六龍が飛ぶ 第19話あらすじ2/2 ユ・アイン、キム・ミョンミン、シン・セギョン主演韓国ドラマ

   

ユ・アイン(유아인)、キム・ミョンミン(김명민)、シン・セギョン(신세경)主演のSBS月火ドラマ

六龍が飛ぶ(ユンニョンイ ナルシャ:육룡이 나르샤)

の第19話あらすじ2/2です。

六龍が飛ぶ キャスト・登場人物紹介 ユ・アイン、キム・ミョンミン、シン・セギョン主演韓国ドラマ
 
『六龍が飛ぶ』のサイト内リンクを完全網羅(100リンクほどあります)
六龍が飛ぶ まとめページ・リンク集 ユ・アイン、キム・ミョンミン、シン・セギョン主演韓国ドラマ

 

六龍が飛ぶ

 

 

六龍が飛ぶ 第19話あらすじ1/2

 

ヨニに対してチェ・ヨンが花事団で誰に会ったのかわからないかと問う三峰(サムボン:삼봉)鄭道伝(チョン・ドジョン:정도전)たち。

そこに入ってきたプニ李芳遠(イ・バンウォン:이방원)トクチルが死んだことを告げる。

崔瑩(チェ・ヨン최영)が絡んでいないと起きないことだと、チョン・ドジョン。その件は二人に任せ、自分は調べることがあるとも言う。

ヨニが部下にあたり事情を問うと、あの日はチョ・ヨンが出入りの管理をしたと聞かされる。

 

プニ大将のもとに集結した人たちは、人相書きをもとに事件の端緒となる男を探すことに。

プニの統率力に感心するムヒュル家別抄(カビョルチョ:가별초)の将軍のようで、あの人達は部下のようだと、パンウォンに話す。

あの人達はいつからプニ大将と呼んでいるのかと問うパンウォン。また、イソグンの人は3人しかいなかったとも。

冗談で呼んでいたのに従ったんでしょと、プニ。

今日来ていた者には数名の部下がいるので数百人を総ていることになると、パンウォン。また、危ないんだが・・・いや、かっこいい、プニ大将とも。

タギョンに言われたことを思い出し、タメ口をやめようかと言う。

そのままタメ口がいいと、パンウォン。タメ口を言い合う仲がプニしかいないからというのが理由だ。

『だけど、そんな人がいなくなるのかと思うと、すごくさみしい』

わかった、二人だけの時はそうすると、プニ。また、噛み合った仲なのはこの世の中にパンウォンしかいないとも。

オレもお前しかいないと、パンウォン。

その様子を見ていたムヒュルは、『良くない、正しくない』とつぶやく。

 

何かしら作戦を立て、チョヨンの部屋にある出入帳を見ようと吸っるチョン・ドジョンたち。

 

ヨニはチョヨンに対し、チェ・ヨンとイ・ソンゲに亀裂が入ったことを報告する。そこに、チョン・ドジョンがやってきたとの知らせが入る。

ヨニは見つかると大変なことになるため、そのままチョヨンの執務室にいて、機を見て逃げることに。チョヨンはチョン・ドジョンを釘付けにしておくと言って部屋を出る。その間に記録を調べ始めるヨニ。

チョン・ドジョンはイ・バンジ(タンセ)のことを過分な護衛武士だと話す。お二人でお話をと言って部屋を出て、チョヨンの執務室へ向かうパンジ。前もってヨニと打ち合わせしていたのだ。

チョン・ドジョンは知財を買う顧客になることをチョヨンに話していた。タンセが戻ってくるまで時間を稼ぐように言われていたので、話を伸ばそうとする。

そこに来客があったことを部下が知らせに来たため、チョヨンは一旦退室することに。

記述を見つけたヨニだったが、チェ・ヨンの会った相手は不明だと書いてあった。

チョヨンが執務室に入ってくる。ヨニとパンジはいなかったが、気配を感じたチョヨンが別の部屋の扉を開ける。すると、ヨニが刃を向けられていた。

この女を連れて静かに出ようとしていたがむしろ良かった、一体どうしてこの女が花事団にいるんだ?と、パンジ。

スポンサードリンク (sponsored link)i   

そこにチョン・ドジョンがやってきて、やはり花事団が送った間者だったのだな!と声を荒らげる。

 

プニが荷車を引いていた男を見つける。マンボクというチンピラだ。早速出動する3人。

チンピラたちは房を握りパンウォンたちを追い払おうとする。重要なのは強者を知る目だと言って、彼らの人を見る目のなさを指摘するパンウォン。もちろん戦うのはムヒュルだ。圧倒的な強さで蹴散らす。

 

一方のチョン・ドジョンは、ヨニの命を盾に情報を入手しようとする。チョヨンもまた詳しいことは知らなかった。

 

プニが出てきてチンピラたちから事情を聞く。トクチルを殺した実行犯は彼らではないことがわかる。ここでは殺さず巡軍府に渡すが、生死はわからないと前置きし、さらに事情を聞く。

すると、チンピラたちは金を運んだだけで、事情を全く知らなかった。けれど、何かの取引だということと、頭巾をかぶっていたことがわかる。

 

なんの知財も出てこないため、ヨニを連れ帰って処理すると、チョン・ドジョン。

一つだけと言い、モンゴル語でチョイレと言っていたと話すチョヨン。

その程度なら間者の命の対価としては辛いと、チョン・ドジョン。

 

更に詳しく聞き、自分たちはそんな奴を一人知っていないか?と、パンウォン。

 

チョヨンの口からもチョンニョンの名が出る。

不足だがここらで締める、今後も花事団と良い縁を望む、この女を今後連絡係として使えと、チョン・ドジョン。

 

チェ・ヨン将軍がホン・インバンの財を使って取引をしたとわかり、早速、ピグク寺へ行って確かめようとするパンウォンとプニ。また?という表情のムヒュル。

 

運がいいというムヒュルの言葉通り、多くの倉庫の中から一発目に目的のものが在る倉庫に侵入できた3人。中身を見ると角弓(カックン:각궁)の材料となる水牛の角だった。

一旦モノがなんであるか分かったからと、脱出を試みる3人。けれど見つかってしまい取り囲まれる。それでも、チョンニョンが出てきたため客人扱いとなる。

『御存知の通り私は知財商です。知財が欲しくていらしたのではないのですか?』と、チョンニョン。

 

その後、プニのことを、以前ここから逃げ出したネズミのような間者と言うチョンニョン。

すぐに謝罪しなければ、家別抄(カビョルチョ)2万の大軍と全州李氏の名誉にかけてお前を殺す、亡くなった母親に掛けて誓うと、パンウォン。

空気を読み頭を下げて謝罪するチョンニョン。

今後は気をつけてと、プニ。

知財を売ると?自分たちは多くを知っているがと、パンウォン。また、運良く水牛の角も見つけたと話す。

公子が運がよいのではなくどの倉庫にも水牛の角がたくさんあると、チョンニョン。

チェ・ヨン将軍の人だと思ったが、どうして私にこんなことを話すのかと、パンウォン。

チェ・ヨンは仕事に対する対価を払わないため、それは自分にとってはあってはならないことだ、だから、イ・ソンゲ将軍と取引をすると、チョンニョン。

そして、その初めの贈り物だと、チェ・ヨンが元の高官と木炭で筆談した際の痕跡を教えるという。その痕跡は3つの文字で、鴨緑江(アムノッカン:압록강)と書かれていたと、チョンニョン。

 

その後、あの方の言うとおりにしたと老婆に告げるチョンニョン。(ミョサンっぽい?)

 

洞窟で、鴨緑江とチョイレという言葉を並べ、思考を巡らす面々。パンウォンとチョン・ドジョンは何かに気づく。

そこに、南誾(ナム・ウン:남은)が入ってきて、2ヶ月も前に各地の官庁で、徴収に備えた戸口調査が行われたことを話す。

 

『元の商人ではないはずだ、きっと元の高位官吏なはずだ、すでに内応していたのだ』と、チョン・ドジョン。

『まさか!これは狂ったことです!』と、パンウォン。

『何なのですが?何を意味しているのですか?』と、プニ。

 

その頃、狩りに行っていたイ・ソンゲは禑王(ウワン:우왕)の前でチェ・ヨンから衝撃の言葉を聞いていた。

『すでに元国には伝えたのだ。我々は鴨緑江を越えるぞ。遼東を征伐しよう』と、チェ・ヨン。

 

『チェ・ヨンは、遼東を征伐するのだ!』と、チョン・ドジョン。

 

 

六龍が飛ぶ 第20話あらすじ1/2に続く

文責:韓国ドラマあらすじ団

 

スポンサードリンク (sponsored link)

 - 六龍が飛ぶ , , , , , , ,