韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

六龍が飛ぶ 第46話あらすじ2/2 ユ・アイン、キム・ミョンミン、シン・セギョン主演韓国ドラマ

   

ユ・アイン(유아인)、キム・ミョンミン(김명민)、シン・セギョン(신세경)主演のSBS月火ドラマ

六龍が飛ぶ(ユンニョンイ ナルシャ:육룡이 나르샤)

の第46話あらすじ2/2です。

六龍が飛ぶ キャスト・登場人物紹介 ユ・アイン、キム・ミョンミン、シン・セギョン主演韓国ドラマ
 
『六龍が飛ぶ』のサイト内リンクを完全網羅(100リンクほどあります)
六龍が飛ぶ まとめページ・リンク集 ユ・アイン、キム・ミョンミン、シン・セギョン主演韓国ドラマ

 

参考:朝鮮王系図

 

六龍が飛ぶ

 

 

※セリフには同一人物で大君と君と、呼称揺れが在るため、大君に統一しています。

 

六龍が飛ぶ 第46話あらすじ2/2

定安大君(チョンアンデグン:정안대군)李芳遠(イ・バンウォン:이방원)の会合。

27日に変わった出兵とイ・スクポンが都城にやってくる28日を考えると、襲撃の日は一日しか無い。

『最初に、事の成否は、鄭道伝(チョン・ドジョン:정도전)南誾(ナム・ウン:남은)沈孝生(シム・ヒョセン:심효생)、この三人を序盤に企れるかできないかにかかっていている。

彼らを殺してこそ三軍府を簡単に手に入れることができ、そうしてこそ、父王と趙浚(チョ・ジュン:조준)大監、李之蘭(イ・ジラン:이지란)叔父を諦めさせることができます。

したがって、ピグク寺では、その日チョン・ドジョンの位置を正確に把握してくれ、花事団の動向と女忍の動きを源泉封鎖しなければなりません』と、パンウォン。

『心配なさらないでください、大君ママ』と、チョンニョン。

『二番目に、まさにイ・バンジ(タンセ)です。イ・バンジを移してこそ、成功の可能性が高まるでしょう。趙末生(チョ・マルセン:조말생)と、パンウォン。

『はい、大君ママ。策略を早晩上げます』と、チョ・マルセン。

『三番目、泮村(パンチョン:반촌)に隠している武器を、密かに移さねばならない』と、パンウォン。

『私と師父様が担います』と、ムヒュル

『もし、武器を移すのが失敗したなら、我々は始める前に終わるだろう』と、パンウォン。

『わかっています。心配なさらないでください』と、ムヒュル。

スポンサードリンク (sponsored link)i   

『もう、今から事を起こす日まで、何もせずに悠々自適に、お待ち下さい。じっと・・・』と、パンウォン。

 

 

6日後、出兵する前、1398年8月26日。事を起こす日の朝。

出生するパンジを気にして、プニに差し入れを渡すミョサン

ムヒュル武士さまから変わった話しはないでしょう?と問うプニ。

何の話が?と、ミョサン。

 

ムヒュルオラビがおばあさんに話してなければ何もないのでしょ?と、カップン

不安?と、プニ。

不安よ、行首(ヘンス)の言うとおり定安大君(チョンアンデグン)が万が一にも事を起こすなら、今日しか時間がないじゃない?それならきっとここの武器を移すことになるし、失敗したら泮村(パンチョン)は・・・と、カップン。

悪いことが無いよう願わないとと、プニ。

 

ウ・ハクチュは流刑から戻り、成均館(ソンギュングァン:성균관)典簿(チョンブ:전부)となっていた。それを目にするシム・ヒョセン。そう説明するチョン・ドグァン

 

ミョサンの居酒屋でチョン・ドグァンと息子のチョン・ギジュンがチョン・ドジョンと食事をしている。ヨニとパンジもそこにいる。

そこにミョサンがやって来て、ムヒュルを世話して生きて帰ってきてくれとパンジに告げる。

戦場に出ていくのではないから心配するなと、チョン・ドジョン。

雷に打たれた棗の木のお守りをパンジに渡すミョサン。ムヒュルのものも買ったとも。

そこにムヒュルが戻ってきて、パンジと微笑み合う。

 

無事の帰りを祈っているとチョン・ドジョンに伝えるプニ。

泮村(パンチョン)を軌道に乗せたことを褒めるチョン・ドジョン。

おじさんたちや開京(ケギョン:개경)の泮村にもともといた人たちのおかげだと、プニ。

プニの事細かい気配りなどがあってこそと褒めるチョン・ドジョン。

賞賛してくれて嬉しい、大人が許可してくれたおかげだと、プニ。

『結局、その問題だけは解けなかった。国家を構想して悩んだが、民たちとの疎通、それは解くことができなかった』と、チョン・ドジョン。

『あの、真に民は根本なのですか?申し訳ありません。偶然にチョンニュナムに行っていました。』と、プニ。

『うむ、政治をしている士大夫の心のなかで、ひたすら民が根本であらねばならないという話だ。けれど、民が世の中の根本となり中心となるのは、遠い後日であろう』と、チョン・ドジョン。

『どうしてそうなのですか?』と、プニ。

『民は生産を担当するためだ。民は時間も余裕もない。気づくにはとても忙しいのだ。 もちろん、いく名かの民は、いくらかそれを気づきもする。けれど、すべての民には到底不可能なことだ』と、チョン・ドジョン。

『続けて考えて悩めば、その問題も解けるでしょう』と、プニ。

 

1 2

スポンサードリンク (sponsored link)

 - 六龍が飛ぶ , , , , , , ,