韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

六龍が飛ぶ 第47話あらすじ2/2 ユ・アイン、キム・ミョンミン、シン・セギョン主演韓国ドラマ

   

ユ・アイン(유아인)、キム・ミョンミン(김명민)、シン・セギョン(신세경)主演のSBS月火ドラマ

六龍が飛ぶ(ユンニョンイ ナルシャ:육룡이 나르샤)

の第47話あらすじ2/2です。

六龍が飛ぶ キャスト・登場人物紹介 ユ・アイン、キム・ミョンミン、シン・セギョン主演韓国ドラマ
 
『六龍が飛ぶ』のサイト内リンクを完全網羅(100リンクほどあります)
六龍が飛ぶ まとめページ・リンク集 ユ・アイン、キム・ミョンミン、シン・セギョン主演韓国ドラマ

 

参考:朝鮮王系図

 

六龍が飛ぶ

 

 

※セリフには同一人物で大君と君と、呼称揺れが在るため、大君に統一しています。

 

六龍が飛ぶ 第47話あらすじ2/2

 

ソンヒョンバンの惨殺後を目のあたりにするイ・バンジ(タンセ)

かろうじて生き残っていた者が事情を説明し、早く救いに行ってくれと言う。けれど、そのまま力尽きる。

 

三軍府は思ったより簡単に掌握できたと懐安大君(フェアンデグン:회안대군)李芳幹(イ・バンガン:이방간)

三峰(サムボン:삼봉)鄭道伝(チョン・ドジョン)の所在の把握ができていないので安心できないと、浩亭(ホジョン:호정)河崙(ハ・リュン:하륜)

また、早く三峰を探し王宮を圧迫して御命を受けねばならないとも。

パンガンに李叔蕃(イ・スクポン:이숙번)とともに王宮の統率をしてくださいと、定安大君(チョンアンデグン:정안대군)李芳遠(イ・バンウォン:이방원)

 

パンウォンが三軍府を攻撃したと聞き、三峰を心配し自分の甲冑を持って来いという李成桂(イ・ソンゲ:이성계)

 

今後の対策を話しているチョン・ドジョンと南誾(ナム・ウン:남은)

ナム・ウンの提案に対し、パンウォンは無謀だが緻密だ、官兵を用いているはずだと読むチョン・ドジョン。しかも、イ・スクポンとハ・リュンによるものだということも読み切っていた。

王宮も包囲されているでしょうか?と、ナム・ウン。

三軍府・王宮、順序ではないか?有力な人物たちに人を送り説得もしているだろうと、チョン・ドジョン。

どうすべきですか?と、ナム・ウン。

もう、我々の大義を守るためにもっとも重要なのは、そなたと私の生存になったと、チョン・ドジョン。

スポンサードリンク (sponsored link)i   

はい、我々の首なしには、誰であろうと簡単に説得できないでしょう、それで定安大君(チョンアンデグン)は我々を探そうと血眼になっていると、ナム・ウン。

我々の側の確実な兵力は、明日未時に粛靖門(スクチョンムン: 숙정문)に集まる兵力だけだ、どうやってでもそなたと私は、粛靖門に到達せねばならないと、チョン・ドジョン。

また、地図を見て打ち合わせをし、二人のうちの一人がどうやってでも生き残り、軍を統率せねばとも。

 

朴苞(パク:박포)がまだ三峰を探せずにいると戻ってきて報告する。また、誰かが急ぎ会いたいと行っているとパンウォンに告げる。ウ・ハクチュだった。

あなたがこの夜にここまでどんな用で?まさか、今になって私に従うというのか?と、パンウォン。

そうではない、伝えることがあってと、ウ・ハクチュ。

私に知財を売りにいらしたのか?と、パンウォン。

三峰がいま成均館(ソンギュングァン:성균관)の中にいると言い、去ろうとするウ・ハクチュ。

ちょっと待て、どうして私にそれを?と、パンウォン。

私は大君ママを憎悪してます、けれど、今夜だけは健闘を祈って差し上げます、三峰、その者を必ず捕まえてくださいと、ウ・ハクチュ。

 

 

私はそれでは先に行きますと、ナム・ウン。

気をつけろ、粛靖門の前で会おうと、チョン・ドジョン。

出ようとした直前に足を止め、チョルをするナム・ウン。そして、どうか体にお気をつけ下さいと言う。

『そなたは、そなたは一体何を信じて私にそう従ってくれたのだ?長平門(チャンピョンムン:장평문)の事がある前から。私は当時成均館で、のけ者にされた貧しいソンビだったかだけなのに』と、チョン・ドジョン。

『別に他の理由はありませんでした。ただ、成均館時代、師兄の別号のせいです』と、ナム・ウン。

『別号だと?私に別号があったのか?』と、チョン・ドジョン。

『確かに、師兄は性格が下品だったので、師兄の前では話ができなかったのですよ。師兄の別号が石頭でした』と、ナム・ウン。

『な?なに?』と、チョン・ドジョン。

『初代石頭でした。私が2代目石頭で、なので、私と似合う人なのだなと、思っただけです』と、ナム・ウン。

『ハハハ、これはこれは・・・』と、チョン・ドジョン。

『師兄に従うことができて、栄光でした』と、ナム・ウン。

『ありがとう、本当に・・・もし、我々が生きて粛靖門の前で会ったなら、今のこの話を忘れ捨てよう。きまりが悪いので。ハハハ』と、チョン・ドジョン。

一礼して出発するナム・ウン。

※コルトン(꼴통)・・・融通の聞かない大馬鹿というニュアンス。石頭と意訳しています。

 

直後にパルボンおじさんが入って来て、泮村(パンチョン:반촌)や成均館に軍が入って来たと告げる。

1 2

スポンサードリンク (sponsored link)

 - 六龍が飛ぶ , , , , , , ,