韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

六龍が飛ぶ 第48話あらすじ2/2 ユ・アイン、キム・ミョンミン、シン・セギョン主演韓国ドラマ

   

ユ・アイン(유아인)、キム・ミョンミン(김명민)、シン・セギョン(신세경)主演のSBS月火ドラマ

六龍が飛ぶ(ユンニョンイ ナルシャ:육룡이 나르샤)

の第48話あらすじ2/2です。

六龍が飛ぶ キャスト・登場人物紹介 ユ・アイン、キム・ミョンミン、シン・セギョン主演韓国ドラマ
 
『六龍が飛ぶ』のサイト内リンクを完全網羅(100リンクほどあります)
六龍が飛ぶ まとめページ・リンク集 ユ・アイン、キム・ミョンミン、シン・セギョン主演韓国ドラマ

 

参考:朝鮮王系図

 

六龍が飛ぶ

 

 

※セリフには同一人物で大君と君と、呼称揺れが在るため、大君に統一しています。

 

六龍が飛ぶ 第48話あらすじ2/2

『咸州( ハムジュ:함주)に、咸州に戻るぞ』との李成桂(イ・ソンゲ:이성계)の言葉を思い出している李之蘭(イ・ジラン:이지란)

目の前には玉璽があり、永安大君(ヨンアンデグン:영안대군)李芳果(イ・バングァ:이방과)に対して定安大君(チョンアンデグン:정안대군)李芳遠(イ・バンウォン:이방원)『宝位に上がらねばなりません。父王が禅位なさるので』と言っている。

『パンウォン。私は本夫人に息子がいない。私は他の考えはない。わかっているのか?』と、パングァ。

『兄上の思慮深い意志、しかと承ります』と言い、深々と礼をするパンウォン。

 

ムヒュルを置いて一人部屋に入るパンウォン。そして、二人を殺したことを思い出し手が震える。

そこに趙英珪(チョ・ヨンギュ:조영규)の幻が現れる。

『全く、どうしてあんなことを直接されたので?部下にさせないと』と、手を握るヨンギュ。

『ヒョンがいないじゃないか』と、パンウォン。

『すまない。いなくて』と、ヨンギュ。

『ムヒュルにさせれば、あいつも・・・私から去りそうで』と、涙するパンウォン。

『若様。振り返らないでください。ここまで来たのに』と、ヨンギュ。

『そうだな、そうしないと』と、パンウォン。

そしてまた一人に。

 

逃亡する南誾(ナム・ウン:남은)。深手を負うも兵から逃げてある小屋へ入る。

その様子を見ていたイ・シンジョクがそこにやってくる。

『大監、本元大人は・・・』と、イ・シンジョク。

『聞いたぞ、聞いた』と、ナム・ウン。

スポンサードリンク (sponsored link)i   

『どうやってでも、後日を図るべきではないですか?』と、イ・シンジョク。

『そうだな、後日を図らないとな。だが、私ではないぞ』と、ナム・ウン。

『大監。一体何を仰るのですか!だめです』と、イ・シンジョク。

『トグァンが密本之書(ミルボンジソ)さえ持っているならば、我々はまた始めることができる。連判状に署名した我々密本の者たちがいるではないか?まだ終わったわけではないぞ。だからそなたは、定安大君の下で立身揚名して、機会を伺え』と、ナム・ウン。

『大監は?』と、イ・シンジョク。

『私の最後の役割は、定安大君がそなたを信じさせることだ。私の首を持って行きなさい。時間がない。さあ』と言い、剣を渡すナム・ウン。

号泣するイ・シンジョク。

これがナム・ウンの最後だった。

 

『旦那様、ちょっとお出にならなければなりません』と、タギョン

挙兵に参加できなかったので、ナム・ウンを誅殺したと、イ・シンジョク。

『お立ちください師兄。今からが重要なのです。信じます、師兄』と告げ、官職を復帰させるようにと、浩亭(ホジョン:호정)河崙(ハ・リュン:하륜)に命じる。

自分の正体を知っているのか知ら無いのか?と、疑心暗鬼のイ・シンジョク。

もともと巡軍府へいらしたでしょう?と、パンウォン。

はい、大君ママ、忠心を捧げますと、イ・シンジョク。

 

チョン・ドグァンの行方を聞いたパルボンおじさんは、すぐにその場所へ向かう。

 

イ・バンジ(タンセ)三峰(サムボン:삼봉)鄭道伝(チョン・ドジョン)の遺体のある場所にたどり着く。そして、顔を確認して手を握る。

隠れていたチョン・ドグァンが出てきたため、『申し訳ありません。私が守ることができませんでした』と告げるパンジ。

『そんなことを言うな。それなら私も罪人なので・・・遺体を収拾しようと?それもまた、ありがたいことだ』と、チョン・ドグァン。

『ところで?誰かに会おうといらしたのですか?』と、パンジ。

『そうだが。どうしてそういうのだ?』と、チョン・ドグァン。

そこにパルボンおじさんがやってくる。

その直後、兵が押し寄せ矢を射る。

感づいたパンジは矢を剣で落とすが、パルボンおじさんが射られてしまう。

ワナに足を取られ、馬に引きずられるパンジ。なんとか綱を切り脱出するも、一矢受けてしまう。

避けてくれと叫び、兵たちと戦う。

その間にチョン・ドグァンは馬に乗って逃げ、パルボンおじさんも走って逃げる。

チョン・ドジョンから託されたものをパンジに託すパルボンおじさん。また、イソグンで死ぬ命だったので大丈夫だ、プニをちゃんと世話してくれとも。

背負っていくというパンジだったが、後ろからもう一矢受けてしまう。

それを見たパルボンおじさんは自ら盾になる。

号泣するパンジ。その後、崖から飛び降り行方をくらます。

下を捜索せよと、イ・スクポン

1 2

スポンサードリンク (sponsored link)

 - 六龍が飛ぶ , , , , , , ,