韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

六龍が飛ぶ 最終回(第50話)あらすじ2/2 ユ・アイン、キム・ミョンミン、シン・セギョン主演韓国ドラマ

   

ユ・アイン(유아인)、キム・ミョンミン(김명민)、シン・セギョン(신세경)主演のSBS月火ドラマ

六龍が飛ぶ(ユンニョンイ ナルシャ:육룡이 나르샤)

の第50話あらすじ2/2です。

六龍が飛ぶ キャスト・登場人物紹介 ユ・アイン、キム・ミョンミン、シン・セギョン主演韓国ドラマ

 

参考:朝鮮王系図

 

六龍が飛ぶ

 

 

※セリフには同一人物で大君と君と、呼称揺れが在るため、大君に統一しています。

 

六龍が飛ぶ 第50話あらすじ2/2

タギョンとの言い争いのあと、忠寧大君(チュンニョンデグン:충녕대군)李祹(イ・ド이도)のところへ行く太宗(テジョン:태종)李芳遠(イ・バンウォン:이방원)

そして、魔法陣で遊んでいるのを見て咎めつつ座る。また、どうしてこうも多くの本を読んでとも言う。

『ただ、面白さがあるのです』と、イ・ド。

『面白さ・・・(手招きし)世子(セジャ:세자)になりたいのか?政治をしたいのか!?』と、凄むパンウォン。

『そんなのではなく・・・』と、イ・ド。

『政治とは何だ?政治とはなんだと尋ねているではないか?』と、パンウォン。

『孔子がおっしゃるには・・・』と、イ・ド。

『貴様の考え・・・尋ねているのだ。確かに、貴様がそんなことをわかるはずもない』と、パンウォン。

『分けることです』と、イ・ド。

『分ける?』と、パンウォン。

『国の多くの財貨をどのように分けるのか。誰に納て、誰に与えるのかを決定することです』と、イ・ド。

三峰(サムボン:삼봉)鄭道伝(チョン・ドジョン)の主張を思い出すパンウォン。

『それが、貴様の考えか?どこかで聞いたことなのか?・・・この部屋にある本を全部片づけてしまえ!』

『はい、殿下』と、臣下。

イ・ドはパンウォンの後を追い、そして跪く。

『父上、読書は続けさせてください』と、イ・ド。

『ダメだと言ったではないか!』と、パンウォン。

『私は、世子邸下の前途にどんな累も及ぼしません。他の思いは少しもありません』と、イ・ド。

『だがお前は、世子が6年かかった書籍を、2ヶ月だけで読破した。それが世子の前途に累を及ぼすだろう!』と、パンウォン。

『けれど父上!そうだとして何もせずに生きられないないのではないですか?』と、イ・ド。

『何だと?』と、パンウォン。

『生きていれば何でもせねばならないのではないですか?』と、イ・ド。

『ハッ、ハハ・・・』と、パンウォン。その言葉にプニを思い出す。

スポンサードリンク (sponsored link)i   

 

 

子どもたちに永楽帝(チュチェ)に会った頃の武勇伝を聞かせているムヒュル

話が大きすぎて全く信じず、ひどいと言う子どもたち。

『久しぶりだな、ムヒュル』と、懐かしい声がする。パンウォンだ。

部屋に移動する二人。

『ムヒュル、未だに民の中に笑っている者はいないのか?』と、パンウォン。

『そうではありませんが』と、ムヒュル。

『未だに私に仕えるのが嫌なのだろ?それでなのだが、私はお前に人を一人紹介する』と、パンウォン。

『紹介ですか?』と、ムヒュル。

『入って来い。私の三番目の息子、イ・ドだ』と、パンウォン。

『大君ママ』と言い会釈するムヒュル。

『すごく奇妙なやつだ』と、パンウォン。

『奇妙ですと?』と、ムヒュル。

『私に似ず、懐かしい人たちに似ている・・・ゆうに100人の武士と対敵できる、朝鮮最高の武士だ』と、パンウォン。

『はい、父上』と、イ・ド。

『他のことはわかりませんが、落ち着いて鎮静なこと、それに、私をからかいはしないようです』と、ムヒュル。

笑顔でムヒュルを見つめ続けているイ・ド。

 

『会いたくはないですか?私が、どの島にいるのか知ってます・・・お行きになりますか?』と、ムヒュル。

 

ムヘン島。漁村を行首(ヘンス)としてしきっているプニ。そこに、船が入って来ているとの知らせを受け、皆で見に行く。

すると、道の向こうから、官服を着たムヒュルが歩いてくる。

 

『また王宮に戻られたようですね』と、プニ。

『はい、そうなりました』と、ムヒュル。

『ほんとうによくなさいました。殿下が本当に嬉しいでしょう』と、プニ。

『あ~、実は、殿下が一緒にいらしています。お会いしたいと。浜辺でお待ちなのですが。お行きになりますか?』と、ムヒュル。

 

パンウォンのもとへ走っていくムヒュル。

『なんと言っている?』と、パンウォン。

『それが・・・』と、ムヒュル。

『そうなのか・・・』と、パンウォン。

『殿下に会えば、その次にとても大変そうです。ただそのまま、そのまま見ます・・・』と、遠巻きに見ているプニ。

振り返って去ろうとすると、イ・ドがやってくる。

『お前がこの村の行首だそうで?』と、プニ。

『ああ、はい』と、プニ。そして、イ・ドを凝視してしまう。

『何をそうまじまじと見ているのだ?』と、イ・ド。

『ご子息なのね。どうしてこうも?』と、心のなかでつぶやくプニ。

帰る時間だとのムヒュルの声。

『私はお前に尋ねたいことがあったのに、今日は行かねばならないようだ』と、イ・ド。

『あの、媽媽(ママ:마마)。わたくしが、一度だけ抱きしめても、大丈夫でしょうか?』と、プニ。

そして、イ・ドを抱きしめ涙する。

『申し訳ありません。わたくしが急に幼いころを思い出してそうしました。殿下は相変わらずでしょう?』と、プニ。

『まあ、相変わらず・・・お寂しい(孤独だ)・・・』と、イ・ド。

1 2 3

スポンサードリンク (sponsored link)

 - 六龍が飛ぶ , , , , , , ,