韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

ブラック 第12話あらすじ ソン・スンホン、コ・アラ主演韓国ドラマ

   

ソン・スンホン、コ・アラ主演OCN土日ドラマ

生死予測ミステリー(センサイェチュクミストリ:생사예측미스터리) ブラック(블랙)

の第12話あらすじです。

 

 

 

 

 

ブラック(블랙) 作品データ

  • 韓国OCNで2017年10月14日から放送開始の土日ドラマ
  • 脚本:チェ・ラン(최란) 『神の贈り物 14日』『イルジメ』
  • 演出:キム・ホンソン(김홍선) 『ボイス』『ライアーゲーム』
  • あらすじ:死を守る直符使者(チョスンサジャ:저승사자:死神)ブラックと、死を見ることができる女人間ハラムが、天界のルールを破り人の生命を助けようと孤軍奮闘する生死予測ミステリー。

 

 

 

ブラック(블랙) 第12話あらすじ

まずは視聴率から。

3.613%と、先週の日曜日に比べると若干上昇しました。

 

視聴率グラフはこちら → 韓国ドラマランキング

 

 

では、あらすじをざっくりと。

 

※設定上、ハン・ムガン、チュニ、ブラック、直符使者(チョスンサジャ:저승사자)No.444をごちゃ混ぜにして記述することがあります。

 

 

 

精神病院の院長と同じ殺し方だと説明するハン・ムガン(ブラック/No.444)

院長の場合は苦痛を与えつつ殺したのに対し、イ・ミソは先に首元を切っているので苦痛はなかっただろうとも。

そのため、院長のように怨恨殺人ではないとの予測が立つ。

 

顔に傷跡がある男と聞き、それぞれに「違うわよね?」と思うカン・ハラムユン・スワン

 

スワンは食堂でVTとサインした人を探していた。

けれど、2ヶ月前の上CCTVもなく、手がかりはつかめなかった。

以前そのサインについてムガンに尋ねた時、仕事を手伝う諜報員のような人のものだとムガンは答えていた。

また、チュニのひき逃げ事故を捜査ているとも言っていた。

スポンサードリンク (sponsored link)i   

このサインの人間がテープの在処を知っているはずだ、探せばムガンを守ることができると、スワン。

 

チェ・スドンを引き寄せるために、早くレオを連れ出したいNo.444。

 

 

モンタージュを見て、自分が見たと叫ぶハラム。

一班長は取調べ後に、コンテナの件はあいつの仕業のようだと何処かに連絡を入れる。

 

 

ムガンとレオと話している最中に、放送局であいつに会ったことを思い出すハラム。

自分が二度も救わなければ、イ・ミソも殺さなかったし、今も誰かを殺そうとしているかもしれないと言い、二人に同行することに。

仕方なく許可するムガン。

二度も?と、いぶかしがるレオ。

放送局のCCTVをチェックするも顔は映っていなかった。

顔に傷のある男は無差別にイ・ミソを殺したわけではなく、車を物色していたことがわかる。

けれど、CCTVの位置を把握しているがごとく顔が写っていない。

そこに一班長がやって来て、自分がやるからと、3人を追い出す。

 

お前のせいじゃないと、ムガン。

それでも誰かを殺してしまったらと言い、近所のCCTVを確認しに行くハラム。

 

 

1997年の資料から出てきたメモについてオ会長に尋ねるオ・マンス

300億ウォンと誰かの口座番号のようだ。

シプキョンをあのようにしたことで、もう兄を許せないと、マンス。

自分の部屋に鍵があるから持ってきてくれと、オ会長。

マンスが帰ったあと、一体どこまで行くんだあいつは?マンスが危険に晒されれば許さないとつぶやく。

 

 

顔に傷のある男が20年前にクララを殺したとスワンに告げる中指のない男

その後、顔に傷跡がある男と会うスワン。

そして、ムガンをどうして知ったのかと問い詰める。

精神病院にやってきて自分の兄について尋ねた、薬を飲むなと言ってきたと、顔に傷のある男。

もう自分たちの前に現れるなと、スワン。

オレがあいつの命を奪うのをよく見ていろ、期待していろキム・ソニョンと、顔に傷のある男。

まさか、ムガンさんが捜査しないわよね?とつぶやくスワン。

 

 

マンスが金庫を開けると鍵と書類が入っていた。

その保険金支給確認書の保険受取人には、ハラムの父を殺したワン・ヨンチュン(顔に傷のある男)の名があった。

1 2 3

スポンサードリンク (sponsored link)

 - ブラック , , , , , ,