韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

星から来たあなた 第10話あらすじ&視聴感想4/6

   

チョン・ジヒョン(전지현)キム・スヒョン(김수현)主演の韓国ドラマ・星から来たあなた

(ピョレソ オン クデ:별에서 온 그대)

の第10話あらすじ&視聴感想(ネタバレあり)4/6です。

星から来たあなた キャスト・登場人物紹介 チョン・ジヒョン主演韓国ドラマ

 星から来たあなた

星から来たあなた あらすじ

事務所へ

アン代表のいる事務所へさっそうと乗り込むソンイとミンジュン。注目を浴びる二人。

『我々はもう、ウチの弁護士と検討を全て終えた。これは、どこまでも、ソンイおまえが責任を取るといった部分で・・・』と、アン代表。『道義的に責任を取ると言ったでしょ。その部分をひっくり返そうとしてるんじゃないわ。そうだけど、これはないわ』と、とある書類を見せるソンイ。

『わたしがいつこの映画すると言った?わたしに対してシナリオも見せてないモノ等じゃない!それと、旅行社の広告、わたしがいつするって言った?』と、続けるソンイ。

『こんなのは、おまえが会社側にすべて一任した状況で・・・』と、アン代表。『わたしの同意の下にするようにしたのね?わたしはいつ勝手に作品選び、勝手にCMを契約する権利まで与えたの?』と、ソンイ。

『チョン・ソンイ!おまえのせいでうちの会社がこうむった実質的な損害がどんだけ・・・』と、アン代表。『契約書を検討してみました』と、ミンジュン。『ところで、どうして、いらっしゃる?と思って、誰だ?』と、アン代表。『わたしの法的代理人』と、ソンイ。

『いろいろと違反事項があったのです。特に甲は乙の演芸活動と関連して私生活保障など乙の人格権が対内外的に侵害されないように最大限努力する。この部分』と、ミンジュン。

『ちょっと待って!わたしが乙なの?どうして?わたしは甲がいいのに』と、ソンイ。表情で黙らせるミンジュン。『Okey』と、ソンイ。

『そして、4条をみると、契約締結行使する時、乙の精神的身体的事項を必ず考慮して、乙の意思表明に反する契約は絶対に締結することができないと、されているんです。最後に、 7条5項、乙の決策事由により第三者に賠償する金員が発生した場合、すべての金額は、甲が賠償する。

この条項によれば、すでにチョン・ソンイさんが会社に支払った違約金までも再び返してもらうこともできます。これ(追加請求)まで必ず受けたければ、補償金請求訴訟を準備してください。その時は我々も法的に強硬に対応いたします。既に支払った違約金も再び取り戻すべく。そうされますか?』と、ミンジュン。『そうするの?』と、ソンイ。

顧問弁護士はよそを向く。『ふと、こういう言葉が浮かび上がるわ。「夜中にポティ峠に行って座るやつら」』と、ソンイ。『ポ・ティ、なに?』と、アン代表。『そんなのがあるのよ』と、ソンイ。微笑むミンジュン。

※参照:星から来たあなた 第7話あらすじ&視聴感想3/4

 

セミとの対話

事務所から出てすぐ、セミとポムとミナにばったり会う二人。ポムはソンイに手をふろうとしたが、躊躇してしまう。『ソンイ姉さん』と、ポム。『姉さん』と、ミナ。『教授はここにどうして?』と、ポム。

『ソンイ、アンニョン!』と、セミ。無視するソンイ。『一緒にいらしたのね、教授』と、セミ。『はい』と、ミンジュン。『ソンイ、今忙しい?私達、コーヒー一杯飲んじゃダメかな?』と、セミ。『少し時間大丈夫ですか?』と、ミンジュンに問うセミ。

『わたしたち今とてもいそ・・・』と、ソンイが何かを言い終わる前に、『大丈夫です』と、ミンジュン。ミンジュンの顔を見るソンイ。

『久しぶりね。わたしたちこんなに離れて過ごしたこと無いようなんだけど』と、セミ。『あんた、急にどうしたの?この前みたいにしなさいよ』と、ソンイ。

『その時はわたしが悪かったわ。わたしの本心をわかってくれないあなたに寂しくもあり、あなたの代わりなら、その座を断るのも当然なのに、そうできない私自身も嫌で・・・それで、正気じゃなかったの』と、セミ。

『ちょっと、ショーしないでよ』と、ソンイ。『チョン・ソンイ!』と、ミンジュン。

『知らないなら横槍を入れないで。ユ・セミ、あんた、猫をかぶるのはよく知っているんだけど、わたしにまでそうするとは知らなかったわ。バレたからわたしをそのように捕まえて召し上げて、そうして今になってしっぽを下ろす理由ってなんなのよ、あんた』と、ソンイ。『やめろ』と、ミンジュン。

『ああ、いいんです。ソンイ、こうする資格が十分にあります』と、ソンイ。『あなたがそう出ると、わたしはどうなるの?』と、ソンイ。『姉さんコーヒー、あっ』と、運んでいたコーヒーをこぼすミナ。ソンイにもセミにもかかる。

とっさにセミの方を拭くミナ。ポムもセミの方に飛んで行く。『ソンイ、あなたは大丈夫なの?』と、セミ。『姉さん』と、ポムとミナ。ソンイを放置してバツが悪い。『いいわ』と、ソンイ。

1 2

スポンサードリンク (sponsored link)

 - 星から来たあなた , , , , , , , , ,