韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

星から来たあなた 第10話あらすじ&視聴感想5/6

   

チョン・ジヒョン(전지현)キム・スヒョン(김수현)主演の韓国ドラマ・星から来たあなた

(ピョレソ オン クデ:별에서 온 그대)

の第10話あらすじ&視聴感想(ネタバレあり)5/6です。

星から来たあなた キャスト・登場人物紹介 チョン・ジヒョン主演韓国ドラマ  

 

星から来たあなた

星から来たあなた あらすじ

不法侵入

ミンジュンに冷たくドアを閉められたソンイだったが、暗証番号を覚えていたため、簡単に進入することができた。

『何だ?』と、ミンジュン。『暗証番号、変えてないのね。変えないで。ウチのは毎日忘れるのに、この家のは忘れないの。不思議ね!』と、ソンイ。呆れるミンジュン。

『掃除したのね。草花に水をあげた?それでなくても枯れてて、わたしが水をあげようとしてたのに、いきいきと生き返ったわね!』と、ソンイ。

『チョンガクキムチ、それ、すごく美味しいのよ。ウチの母さんがそうは見えないけど、キムチひとつは最高に漬けるのよ。一日は外において、明日冷蔵庫に必ず置くの』と、ソンイ。

『わかった、もう行け』と、キムチ桶を返すミンジュン。『行け?』と、ソンイ。『キムチ桶を取りに来たんじゃないのか?』と、ミンジュン。『あ、そうね。わたしがこれを取りに来たのね。Okey! わたし、行くわね・・・。かばん買いたいという連絡はまたない?』と、ソンイ。

『値段交渉はないというと、それ以上はない』と、ミンジュン。『いや、2万ウォンまでは話してみて、どうして?』と、ソンイ。『よく言う時(良い言葉で話している間に)、サイトにアップしている番号を変えて』と、ミンジュン。

『わかったわよ、恥ずかしく』と、ソンイ。顎で出て行けと微妙な動きをするミンジュン。『行くわよ、行こうとしてたの』と、ソンイ。しぶしぶ出て行く。

 

自覚?

『あ~!いま、わたしがどうしたのよ。ハッ、わたし今、その家にいたかったの?チョン・ソンイ、気をしっかり!だから、わたしが・・・』と、家に帰り発狂するソンイ。

ベッドルームに行っても気が静まらない。

『わたしは、チョン・ソンイよ。わたしがどうしてあんな男を?ト・ミンジュン、あの男を?身長は、気に入ってる。比率いいじゃない。顔も小さくて目つきも・・・ハァ~、この前見たから、からだも管理を良くしてるようで。

けれどそうよね。わたしの何がひどくて、あの人を?ハァ~、ハーバードを出て、教授にくわえ、キスもファーストキスにしてはうまく・・・あら、あら、あら・・・・・・わたしは今、あの人とのキスを噛み締めてるの?え?まさか?わたしがあの人を愛おしく思ってるの?違うわ、違うわぁぁ、あ、あ・・・』と、ソンイ。

 

捜査中

ユ検事とパク刑事はユラの通話記録などを調べている。通話記録にカードの記録など、全く証拠になるようなものが出てこない。

そこにセミがやってくる。パク刑事は『あ、タレント、ユ・セミさん、そうでしょ?』と、テンションが高くなる。『ここにはどうして?』と聞くと、セミは『オッパ!』と、ユ検事を呼ぶ。

セミを送る際に、ユラの男性関係について問うユ検事。セミはソンイが言っていたことを思い出す。ユ検事はユラの男が関与しているようだというが、セミは思い出したことを兄には告げず、よくわからないと答える。

 

怪しい電話

フィギョンが兄の部屋へ行く。留守だ。電話がなる。Kという人物だ。その電話にでるフィギョン。『チェギョンさん、わたしに会いに一度来てよ。わたしの話をちょっと聞いてよ。わたし、狂ってないじゃない。ここにいる人たちを誰も信じないという話よ。あなたはわたしを出すことができるじゃない!』と、女性の声だ。

チェギョンが戻ってきて、スマホをフィギョンから取り上げる。『どうして他人の電話に勝手に出るんだ?』と、チェギョン。『ああ、ごめん。ところで、誰だ?自分をどこからか出してくれと』と、フィギョン。『狂った女だ』と、チェギョン。

『自分は狂ってないって』と、フィギョン。『会社の仕事をしていれば、おかしな人々に多く出会うしかないんだ、フィギョン。おまえは知らなくていいことだ。心配するな』と、チェギョン。『ああ、わかった』と、フィギョン。

1 2

スポンサードリンク (sponsored link)

 - 星から来たあなた , , , , , , , , ,