韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

星から来たあなた 第8話あらすじ&視聴感想4/4

   

チョン・ジヒョン(전지현)キム・スヒョン(김수현)主演の韓国ドラマ・星から来たあなた

(ピョレソ オン クデ:별에서 온 그대)

の第8話あらすじ&視聴感想(ネタバレあり)4/4です。

星から来たあなた キャスト・登場人物紹介 チョン・ジヒョン主演韓国ドラマ

 星から来たあなた

星から来たあなた あらすじ

ストーカーの死

ユ検事のところに悲壮な顔でやってくるパク刑事。そして、ヘルメットのストーカーが死んだと伝える。自動車専用道路で道も滑りやすいとわかっているはずのオリンピック大橋にどうしていくのか、遺書が他の用途に使われたことを証明する唯一の証人なのにと、パク刑事とユ検事。

 

レストランへ

ソンイの目の前に急にチェギョンが現れる。すごく驚くソンイ。最近色々あったから過剰反応してしまったのだ。フィギョンは先に着いているとのことで、二人で一緒にエレベーターに乗りレストランへと行く。

『フィギョンに聞いたよ。事故があったって?気をつけろよ』と、チェギョン。

『うん、ほんとに世の中には狂った奴が多いわ。わたしを拉致した奴が、おそらくウチにくまのぬいぐるみを送って監視カメラを設置した奴と同じ奴ようなの。その人じゃなければ、まんまとやられるところだったわ、本当に』と、ソンイ。

『その人って誰だ?くまのぬいぐるみの監視カメラ、発見したその人はだれなんだ?』と、チェギョン。『オッパ、どうして分かったの?わたし、その人が発見したということは言ってないのに』と、ソンイ。

エレベーターが到着する。笑みを浮かべ、『わかりきったことだから』と言うチェギョン。釈然としないソンイ。

 

なくなったの

食欲がなさそうなソンイ。フィギョンはセミからなにか聞かなかったかとソンイに問う。何の話しを?と、ソンイ。唐突にソンイが話し始める。

『チェギョンオッパ、わたしはどうしてしきりにユラ姉さんが自殺じゃないって気がするんだろう?』 と、ソンイ。『どういうことだ?急に?』と、フィギョン。

『わたしが何かを見たのよ。ユラ姉さんがとある女性に会う動画のようなものなんだけど、とても変だったのよ。そのある女性がユラ姉さんに言ったの。その人から離れろと、そうしなければあなたも死ぬって』と、ソンイ。

『なんだって?その人は誰なんだ?』と、フィギョン。『わからないわ、それは』と、ソンイ。『その動画はどこにある?それをすぐに持って警察署に行こう・ハン・ユラが死んだのが、もしかして他殺なら、おまえの濡れ衣は全て剥がされるじゃないか』と、フィギョン。

『生半可なことを言うな。ようやく少し鎮まり始めたのに、事件を育てる格好になるかもしれない。それで、その動画はどこにある?オッパがちょっと見ようか?』と、チェギョン。

『なくなったの』と、ソンイ。『なくなった?』とチェギョン。『なくなったの』と、ソンイ。

 

心の整理

いつもの喫茶店で将棋を打つミンジュンと、チャン弁護士。『またわたしが勝ちましたね』と、ミンジュン。『もう、家に帰りますか?』と、チャン弁護士。『えっ?もう?』と、ミンジュン。

『もうですって?今外には雪も降って、車も滞ってるのに早く帰らないと』と、チャン弁護士。『もう一局打ちましょう。家に帰っても待つ人もいないし』と、ミンジュン。

『いついましたか?待つ人』 と、チャン弁護士。『そうでしょ。いつもいなかったでしょ』と、ミンジュン。『その、チョン・ソンイさんが家に来ているということでしたが、自分の家に戻りましたか?』と、チャン弁護士。

『いいえ、まあ、夕食の約束があるとかなんとか。雪も降り、気温も寒く、まさに昨日、あのような大きな事件を経験した女性が、まあ、自分の足でほっつき歩いてるのに、わたしが何だと言うでしょう?なんの関係が?』と、ミンジュン。

『チョン・ソンイさんを好きだという、あの男性に会いに行ったんでしょ?』と、チャン弁護士。『どうして?』と、ミンジュン。『先生も嫉妬をなさるようで』と、笑みを浮かべるチャン弁護士。

『はい???思い間違いです』と、ミンジュン。『もう残り二ヶ月ですね。おおよそ先生の身辺整理は出来ましたが、心の整理はわたしが代わりにして差し上げることもできず』と、チャン弁護士。

 

チキンとビール

ミンジュンが家に帰ると、玄関にショートブーツが脱ぎ捨ててあった。ビール&チキンを用意するソンイ。『遅くなるって?』と、ミンジュン。『なんとなく疲れたりしてて・・・来て座って』と、ソンイ。

『これは全部なんだ?』と、ミンジュン。『見てわからない?チキンとビールよ』と、ソンイ。『夕食を食べて来るといったのに、ご馳走にならなかったのか?』と、ミンジュン。

『わからないわ。変に食欲がなくて、何も食べなかったんだけど、家に帰るやいなやお腹が空いたのよ。なので、デリバリーしたの』と、ソンイ。

『たべろ、それじゃあ』と、去ろうとするミンジュン。『ちょっと、どこいくの?一人で食べてどんな楽しみが?一緒に食べましょ』と、ソンイ。『わたしは酒を飲まない』と、ミンジョン。

1 2

スポンサードリンク (sponsored link)

 - 星から来たあなた , , , , , , , , ,