韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

病院船 第5話・第6話あらすじ ハ・ジウォン、カン・ミニョク主演韓国ドラマ

   

ハ・ジウォン、カン・ミニョク主演MBC水木ドラマ

病院船(ピョンウォンソン:병원선)

の第5話・第6話あらすじです。

 

病院船 キャスト・登場人物(出演者)紹介 ハ・ジウォン、カン・ミニョク主演韓国ドラマ

 

 

病院船

 

 

 

 

病院船(ピョンウォンソン:병원선) 作品データ

  • 韓国MBCで2017年8月30日から放送開始の水木ドラマ
  • 企画 ハン・ヒ(한희) 『奇皇后(キ・ファンフ:기황후)』『グッバイ・ミスターブラック』の演出等
  • 演出:パク・ジェボム(박재범) 『改過遷善(ケグァチョンソン)』『会いたい(サブ)』
  • 脚本:ユン・ソンジュ(윤선주)『秘密の門』『大王世宗』『黃眞伊(ファン・ジニ)』
  • あらすじ:インフラが不足した島で船に乗り医療活動を広げるそれぞれ異なった事情を持つ医師たちが、島の村民と人間的に疎通し、真心を処方できる本物の医師に成長していく、世代共感のストーリーを描いたドラマ。

 

 

病院船 第5話・第6話あらすじ

まずは視聴率から。

第5話10.3%、第6話11.8%と、先週の月曜日に比べ下落しました。

 

2話目と2週目は下落する事が多いため、この下落自体はさほど問題はありません。

 

韓国ドラマランキング

 

さて、まだ2週目ということで、なんとなく落ち着かない状況が続いています。

脚本にも描写にも少し深みが足りない気が。

来週あたりから好転すればよいのですが。

では、あらすじをざっくりとおさらいしましょう。

 

 

嵐の中、甲板の鉄の扉に腕を挟んだカン・ジョンホ

その腕を斧でぶった切るソン・ウンジェ

弟分の腕が切断されたことに激昂するヤン・チュンホ

そのままにしておくと血液が供給されないから切断したのだと説明するクァク・ヒョン

 

腕は冷凍保存され、チョンホには止血が施される。

6時間以内にオペをすれば元通り機能する状況。

しかし、嵐で防災ヘリも飛ばないし船も移動できない。

事務長チュ・ウォンゴンは、ウンジェに対して船内での接合オペを要請する。

けれど、整形外科は専門外でインターンの時代も傍に近寄ったことがないし、接合手術は整形外科でもベテランしかできないと、ウンジェ。

整形外科の助けを受ければいいんじゃないかと、チュ・ウォンゴン。

両者は巨済第一病院の院長キム・スグォンを思い出す。

彼がまさにスペシャリストだ。

患者がより危険になることもある、危険な冒険はしないと、拒否するウンジェ。

先日のこともあり、ウンジェがキム・スグォンに電話を入れづらいことを見抜くチュ・ウォンゴン。

まさに図星だった。

しばらくして、結局自尊心を捨てキム・スグォンに電話を入れるウンジェ。

 

電話を受けた直後には先日の件だと思いつれない態度を取ったキム・スグォンだったが、先生とともに患者を救いたいだけだというウンジェの言葉を受け、助力をすることに。

スポンサードリンク (sponsored link)i   

ネットで中継することで、キム・スグォンの指示を受けながらオペを敢行するウンジェ。

そして無事にやり遂げる。

ウンジェを賞賛するキム・スグォン。

ネットの中継は公開されていたため、全国民がウンジェの事を知ることになる。

 

韓医師キム・ジェゴルはモニターでオペの様子を見ていた。

そして、山で怪我した際に兄に処置を受け下山した時のことを思い出す。

その時に、怪我をした自分ではなく、医師としての才能を見せた兄にしか父の関心が向かなかったことも同時に思い出していた。

このオペにより、ウンジェと兄が重なり、父に気に入られたウンジェを敵視し始めるチェゴル。

 

ウンジェの実力を認めたキム・スグォンは、ウンジェの応急室への勤務を快諾することに。

 

マスコミがウンジェのもとに殺到する。

メジャーな病院であるソウル・テハン病院を辞め病院船に移った理由を問うマスコミ。

爆弾発言をするのではないかと、中継を見ているキム・ドフンたち。

ユ・アリムは友人で第一病院の院長秘書からウンジェが事故を起こしたことを聞いたと話す。

けれど、内容までは知らなかった。

事情を知っているチュ・ウォンゴンは、医療事故を起こしたわけではないことを病院船のスタッフに話しはじめる。

 

医療事故を起こしたのはウンジェではなくキム・ドフンだった。

胃がんの腹腔鏡手術で、患者の心臓にダメージを与えていたのだ。

緊急手術。

胸部外科の先生を呼びましょうかとウンジェが進言するも、キム・ドフンは患者の心臓が止まると蘇生措置を施さず、すぐに死亡宣告をしてしまう。

家族には簡単なオペで明日には退院できると伝えていたにも関わらず、手術に耐える体力がなかったのだと説明する始末。

 

隠蔽を良しとしないウンジェは、師であるキム・ドフンに楯突いたことで、病院を去らざるを得ない状況に。

遺族の保証と引き換えに、副教授への道から脱落してしまったウンジェ。

 

今後も病院船に勤務するつもりかとのマスコミの問いに、

『いいえ、戻って行かなければ、私が戻るべきところに、きっと戻ります』と、ウンジェ。

 

早速、ウンジェをディスり始めるチェゴル

 

ウンジェを交えて会食する病院船のスタッフたち。

その後、二人になるウンジェとヒョン。

どうして病院船に来ることとなった事情を言わなかったのかと尋ねるヒョン。

『自信があるから。他の人の弱点を暴露しなくても、実力で戻る自信が、あるから。そのように戻るから、私』と、ウンジェ。

 

翌日。

ウンジェにまとわりつき始めるユ・アリム。

病院船はウンジェばかり人気で行列ができている。

けれど、人当たりが悪く単刀直入に物言うウンジェに、怒って帰る老人が続出する。

そこにやって来た派手な老婆パク・オル

妙な威厳がある。

 

自分の体に良い薬を包んでくれ、そうすれば代わりに占ってやると言う。

必要ない、そんなことは信じないと、ウンジェ。

すると、独り身の運命だ、最近家の人が死んだだろ、一度必ず泣けと、パク・オル。

人のことより自分の心配をしろと、黄疸や腹水を指摘し、危険なこともあると、ウンジェ。

血液検査を指示されても、薬だけくれとゴネるパク・オル。

検査を受けずに治療時期を逃せば死ぬと、ウンジェ。

頭にきたパク・オルは、ウンジェの髪を掴み、礼儀知らずなウンジェを責める。

 


それにしても、MBCは後半を15分遅れにする放送事故を誘発。

北朝鮮が核実験してるのにストライキなんて、KBS同様、悠長ですね~。

 

文責:韓国ドラマあらすじ団

スポンサードリンク (sponsored link)

 - 病院船 , , , , , , , ,