韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

キス先にしましょうか? 第1話・第2話・第3話・第4話視聴感想(あらすじ含む) カム・ウソン、キム・ソナ、オ・ジホ主演韓国ドラマ

   

カム・ウソン、キム・ソナ、オ・ジホ、パク・シヨン主演SBS月火ドラマ

キス先にしましょうか?(キス モンジョ ハルカヨ?:키스 먼저 할까요?)

の第1話・第2話・第3話・第4話視聴感想(あらすじ含む)です。

 

キス先にしましょうか? キャスト・登場人物紹介 カム・ウソン、キム・ソナ、オ・ジホ主演韓国ドラマ

 

 

 キス先にしましょうか?

 

 

 

キス先にしましょうか?(キス モンジョ ハルカヨ?:키스 먼저 할까요?) 作品データ

  • 韓国SBSで2018年2月20日から放送開始の月火ドラマ
  • 脚本:ペ・ユミ(배유미) 『恋人がいます』『スキャンダル』
  • 演出:ソン・ジョンヒョン(손정현) 『3度結婚する女』『私の恋愛のすべて』
  • あらすじ:成熟した大人たちの「まずい」メロ。『キス一度で死んでいた恋愛細胞が生き返る。そして・・・ 本当の愛・・・』

 

 

 

キス先にしましょうか? 第1話・第2話・第3話・第4話視聴感想(あらすじ含む)

まずは視聴率から。

初日は30分☓4の2時間放送でした。

第1話8.1%/第2話10.5%/第3話9.9%/第4話9.1%と。いきなりの10%越えスタート。

とても良いスタートダッシュを決めることができましたね。

 

初日の2時間を通しで視聴した印象は『スローペース』

大人の愛を表現しているドラマなので予想できたのですが、個人的にはこのテンポはちょっとつらかったです。

たいして意味のない描写も多く、退屈なシーンも多々有りました。

 

また、『福島の放射線のようなやつ』という、日本では絶対直訳できない罵り語があったりと、作家の品性を問うセリフも。

(韓国ではそれなりにこの表現を見聞きするのは確かだけど・・・)

 

そして、個人的にNGなのは整形顔。

カム・ウソン&オ・ジホの男性陣は天然なのに対し、キム・ソナ&パク・シヨンの女性陣はほぼサイボーグに近い状態。

キム・ソナは何度目の顔なの?(よくネタにされてるよね)

それでもキム・ソナは稀有な役者なので百歩譲ることができるのだけど、パク・シヨンは流石にきつい。

 

けれど、けれどですよ。

第1話の冒頭で、視聴意欲をそそる大きな謎掛けが!

この答えと、それが導き出される過程にすごく興味を惹かれます。

 

では、冒頭の詩とともに、セリフを紹介します。

 

 

キス先にしましょうか? 第1話冒頭

道が終わる所にも

道がある

道が終わる所にも

道になる人がいる

 

自ら春の道になり

果てしなく歩いて行く人がいる

 

川の水は流れて止まり

鳥たちは飛んで行き帰って来ずに

天と地の間のすべての花びらは散っても

見よ

 

愛が終わったところにも

愛として残っている人がいる

 

『あなただったの?すべてのことが計画だったの?・・・私も、愛も?』と、アン・スンジン。

『愛は、計画になかったものだ。ミスだ。僕のミス』と、ソン・ムハン。

『は・・・ミス・・・』と、アン・スンジン。

 

自ら愛になり

限りなく春の道を歩いている、人がいる

 

 

 

この詩は、チョン・ホスン(정호승)が1997年に発表した詩集『愛して死んでしまえ(サランハダガ チュゴボリョラ:사랑하다가 죽어버려라)』に収録されている『春の道(ポムギル:봄길)』です。

ネットで調べると若干表現が違う語尾のものもありました。

 

この冒頭のシーンがどこでどのように結びつくのかは気になりますね~。

 

 

さて、女性主人公のアン・スンジンですが、スンジンは漢字にすると『純真』となります。

姓のアンは英語の否定の接頭語『un(アン)』

『un(アン)』『純真』で、アン・スンジンは『純真じゃない』という意味に言葉遊びしています。

この言葉遊びでストーリーを展開している部分がありますよ。

 

 

とりあえず時節柄忙しので、視聴のみの予定です。

初日の調子で続くと、フェードアウトしそう。

 

 

文責:韓国ドラマあらすじ団

スポンサードリンク (sponsored link)

 - 韓国ドラマキャスト・登場人物 , , , , , ,