韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

輝いたり狂ったり(邦題:輝くか、狂うか) キャスト・登場人物紹介 チャン・ヒョク、オ・ヨンソ主演韓国ドラマ

      2015/10/02

チャン・ヒョク(장혁)、オ・ヨンソ(오연서)、イ・ハニ(이하늬)、イム・ジュファン(임주환)主演のMBC月火ドラマ・輝いたり狂ったり(ピンナゴナ ミッチゴナ:빛나거나 미치거나:邦題 輝くか、狂うか)

のキャスト(出演者)・登場人物紹介です。

MBCの公式サイトの内容を翻訳・要約しています。(サイトの日本語訳の間違いは正しています)

韓国ドラマのキャスト紹介はあらすじが多く含まれているため、初期の放送内容のネタバレも含まれています。ご注意ください。

 

輝いたり狂ったり

輝いたり狂ったり(邦題:輝くか、狂うか) 作品データ

  • 韓国MBCで2015年1月19日から放送開始の月火ドラマ
  • 脚本:クォン・インチャン(권인찬)、キム・ソンミ(김선미)
  • 演出:ソン・ヒョンソク(손형석) 『2Weeks』『個人の趣向』
  • あらすじ:高麗時代の呪われた皇子と捨てられた姫が宮殿の中で展開するロマンスを描いたドラマ

 

※随時ブラッシュアップしていきます

※中原(中国)は907年に唐が滅亡して以来、統一王朝が存在しない状態です。そのため、当時の半島の王の扱いを『皇帝』とする学説があります。

ここでは、敢えて王に変更せずにドラマの設定のまま紹介します。一部説明時に混在しますが、皇を王に置き換えるとスッキリします。

 

輝いたり狂ったり(邦題:輝くか、狂うか) 主要キャスト

王昭(ワンソ:왕소)  チャン・ヒョク(장혁)

輝いたり狂ったり チャン・ヒョク

太祖王建の四番目の息子。第3夫人の三男。

「この子が王女ではなく皇子に生まれたら、闇が雨のように国中に降リ注ぎ、皇室を血の海にし、数多くの人々が死んでいき、上と下が融合することで、世の中を揺るがすのだ」

破軍星を持って生まれた高麗の皇子。
最も強力な豪族を母方として生まれたが、高麗を血の海にするという予言に「呪われた皇子」というレッテルが貼られていた。

8歳の時、同母兄のワン・テが疑問の殺害を受けることになり、その罪を着るのではないかと心配した太祖王建によって宮殿から追い出され、金剛山で育った。

呪われたという烙印のために、金剛山に捨てられたという痛みのせいで、人生の目的もなく自由に暮らした。

そうするうちにシン・ユルに会い、運命を変える「選択」という意味を理解し、父である皇帝を弑逆したムリを追いかけながら、緻密で大胆、断固たる決断力の所有者に生まれ変わった。

血雨の災害をもたらす呪いを受けた皇子。 それがワン・ソの最初の運命だった。
しかし、その血の雨は災難になり得、光になり得ることもあるのだが・・・
光はワン・ソの2番目の運命になれるのか?

 

 

シン・ユル(신율)  オ・ヨンソ(오연서)

輝いたり狂ったり オ・ヨンソ

渤海の最後の王女。清海(チョンヘ)商団の実力者。

「この子は将来一国の夜明けを開く光になるのです。その優れた才能を世の中のすべての者が欲するため、行く先々で闇が退ききらびやかな朝が来るのです」

紫微星を持って生まれた渤海の最後の王女として生まれた女性。

他の国の光になる運命を持って生まれたという神女の予言を聞いた渤海の世子(セジャ:세자)が生まれたばかりの彼女を殺そうとした時、彼女の生母は、むしろ自分の手で殺すと言い、氷の湖に彼女を投げつけた。 死ぬところだった王女を女官が救い育てた。

優れた商術と知略で中原の巨商になった。
天文、周易、地理、兵法に長けた戦略家で、頭でできるすべてのことを完璧に持って生まれた。

諸葛孔明にたとえられるほどに賢いが、生まれるやいなや氷水の中に投げられたために
、体の中に冷毒が刺さっている。

かつてワン・ソの運命を予言した、ワン・ソに光を与えてくれる運命の女性が、まさにシン・ユルだ。
大胆で賢いが、運命的な愛を信じている。

 

 

皇甫(ファンボ・ヨウォン:황보여원)  イ・ハニ(이하늬)

輝いたり狂ったり イ・ハニ

太祖の第4夫人の娘。ワン・ウクの姉。

「私はもっとも重要なことを選択しなければならなかった。 男たちはよく知らないわ。男に愛されることが全てではない女もいるということを」

紫微星を持って生まれた二番目の女性。高麗の太祖王健の娘。
高麗第一の美人と呼ばれる王女であり、黄州家門の見えない策士。

過度に利口、また、過度に冷静な女性として感情には揺るぎがない。
彼女が王女でなく男に生まれたら皇帝を夢見たほど、野望のある女性。
彼女には何よりも家門が優先だった。

呪われた腹違いの弟ワン・ソが私の夫になった。
家門のために結婚式を挙げた。彼女が望むのは皇后ではなかった。

ただ私の家門が高麗第一の家門になること。
そのためには彼女の弟が皇帝にならなければならなかった。
心も体も捧げたことのない夫ではなく。

 

 

王旭(ワン・ウク:왕욱)  イム・ジュファン(임주환)

輝いたり狂ったり イム・ジュファン

太祖王建5番目の息子。第4夫人の息子。

「私のよくばりに理由が発生したのだが、それはただシン・ユル、そなたのせいだ。皇帝になるべく気持ちがより大きくなったのだが、それもまた、シン・ユル、そなたのせいだ。私はあなたを得られれば、私の兄弟の血まで捧げるから」

王建の25人の皇子たちのうち最も優れた外貌を持っており、明晰な頭脳と優れた武芸を兼ね備えている。
ワン・ソの腹違いの弟だが、二人の実際の年齢差はわずか4ヵ月。生まれつきの才能だけでなく、強力な豪族の家で完璧に皇帝の後継者教育を経た皇子だ。

生きているお釈迦様という噂が出るほど穏やかな笑みを浮かべているが、胸の深いところに、愛の傷が残っている。 愛に全てを捧げた不気味なロマンチスト。

最初から皇座に欲望があったのではなかった。
しかし、自分の愛を守るために、彼女を奪われないために、皇帝になろうとしている。

 

 

王式廉(ワン・シンニョム:왕식렴)  イ・ドクファ/イ・ドッカ(이덕화)

輝いたり狂ったり イ・ドクファ

太祖王建の従弟。高麗の開国功臣。

「私がお前を皇座に上げたとして、お前が本当に皇帝になったと考えたのか?愚かよの。 身の程をわきまえて適当に皇帝遊びでも楽しんだら、命は持ちこたえたものを」

スポンサードリンク (sponsored link)i   

太祖王建の従父弟であり、皇子たちの叔父で皇室の宗親であり、高麗建国の開国功臣だ。

死の戦場で高麗に対する夢を育てた。 豪族によって築かれた国、豪族が強くなってこそ
高麗が強くなると信じ、その豪族の頂点に彼がいる。
西京の強力な彼の軍隊は皇帝に劣らない権力を支えてくれた。

皇帝が国事を決定する大殿。ワン・シンニョムの家にも同じ構造で作られた大殿がある。
皇帝の大殿に行く前、豪族たちはワン・シンニョムの大殿に立ち寄り国事を論じ、そこで決定したことを定宗(チョンジョン)の前に行って、オウムのように言う。

莫大な利権がかかった数多くのことが彼らだけの世界で決定される。
すべての豪族、大臣たちは真の皇帝が誰か知っている。
定宗は彼が作った皇帝だった。自分の意思どおりに動いてくれるカカシ皇帝。

ところで、このカカシが西京遷都に待ったをかけ始めたではないか!

 

 

 定宗(チョンジョン:정종)  リュ・スンス(류승수)

輝いたり狂ったり

高麗3代皇帝。ワンソと同腹の兄弟。
ようやく得た皇座だった。
ワン・シンニョムが兄の恵宗を殺害することを黙認する見返りに得た座だった。
すべての皇子らが欲する座。 その万人の上の座に上がり、他のものがあると思った。

カカシを予想することはしたが、この程度とは思わなかった。
彼の意志でできることは、ただ晩餐の上の箸だけだった。
兄弟の血で得た権力がたかだかこの程度だなんて。

皇帝として存在感を探したかった。 それで西京遷都に待ったをかけた。
西京遷都は国と民たちに多大な被害を与えうるのだ。
これを阻止できなかったら、彼はこれ以上、皇帝とは言えなかった。

 

 

セウォン(세원)  ナ・ジョンチャン(나종찬)

輝いたり狂ったり

皇甫(ファンボ)家の護衛武士。ワン・シンニョムの手下。
ワン・シンニョムが養い、黄州(ファンジュ)家の護衛武士として送られ間者となった。

セウォンが初めて会った幼い少女ファンボ王女は口数が少なくて冷たかった。
少女が口を開けば、そうそうたる黄州家門の豪族たちが一言も逃さず耳を傾けた。
それはセウォンに興味深い光景だった。

また、少女の冷たさは3月に降る春雪と同じだ。それは明日の華麗な春の気配を期待させる冷たさだった。しかし、少女は決して春の気配をセウォンに見せてくれなかった。
その少女が欲しかった。胸に抱きたかった。永遠に自分のものにしたかった。

ファンボ・ヨウォンに向けたセウォンの気持ちにより、黄州家からセウォンは追い出され、彼女を自分の女にするためには世の中が変わらなければならなかった。
だからこそワン・シンニョムの忠僕となった。

 

 

ワン・ソ関連人物

ウンチョン(은천)  キム・レハ(김뢰하)

輝いたり狂ったり

 

 

 

 

キルボク(길복)  シン・スンファン(신승환)

輝いたり狂ったり

 

 

 

 

皇太后劉氏(ファンテフ ユシ:황태후 유씨)  チン・スウォン(지수원)

神明順成后 劉氏(シンミョンスンソンファンフ ユシ:신명순성황후 유씨)

輝いたり狂ったり

 

 

 

 

 

 

 シン・ユル関連人物

ヤン・ギュダル(양규달)  ホ・ジョンミン(허정민)

輝いたり狂ったり

 

 

 

 

ペンミョ(백묘)  キム・ソニョン(김선영)

輝いたり狂ったり

 

 

 

 

カン・ミョン(강명)  アン・ギルガン(안길강)

輝いたり狂ったり

 

 

 

 

 

キョン경  チョン・ウシク정우식

輝いたり狂ったり

 

 

 

 

チュンア(춘아)  イ・ウヌ(이은우)

ナム(나무)  チョン・ジェヒョン(정재형)

 

 

皇甫(ファンボ)氏 関連人物

ヨムシル(염실)  キム・ヨンソン(김영선)

 

 

ワン・シンニョム 関連人物

 

ワン・プン(왕풍)  カン・ギヨン(강기영)

パク・スル(박술)  パク・ヒョヌ(박현우)

 

 

豪族や官吏たち

 

チモン(지몽)  キム・ビョンオク(김병옥)

ファンボ・ジェゴン(황보제공)  ウ・サンジョン(우상전)

ワン・ギョ(왕교)(대충광)   ソ・ボムソク(서범석)

パク・スギョン(박수경)  キム・ジノ(김진호)

ユ・グォニュル(유권율)  イ・ジョンフン(이정훈)

ユ・モグォン(유목원)  ソン・ヨンジェ(송영재)

キム・ジョンシク (김종식)  アン・ソクファン(안석환)

ホン・ギュイ(홍규의)  チェ・ジェホ(최재호)

ペク・チュンヒョン(백충현)  キム・グァンシク(김광식)

 

 

皇子たち

ワン・ウォン(왕원)  チ・ウンソン(지은성)

ワン・リム(왕림)

ワン・ウィ(왕위)  パク・ソノ(박선호)

ワン・ジョン(왕종)   ヨ・ウィジュ(여의주)

 

月向楼(ウォルヒャンル:월향루)

クムソン(금선)  チン・ソヨン(진서연)

チョンオク(청옥)  ナ・ヘジン(나혜진)

輝いたり狂ったり

 

 

 

 

リョンファ(령화)  ファン・ジナ(황지니)

 

その他

王建(ワン・ゴン왕건 )  ナム・ギョンウプ(남경읍)

輝いたり狂ったり

高麗の太祖。

彼が見るに最も皇帝の資質をもって生まれた者は、呪われた運命に生まれたワン・ソだった。

ワン・ソの生まれつきの能力と才能が惜しかったが、彼を皇太子にすることはできないことだった。

彼に言ってやれるのはただ一つ。 王を守れという絶対命令。
それが後にワン・ソを守ってやる絶対命令になることを願いながら・・・

 

クァク将軍(クァン チャングン:곽장군)  キム・ボムネ(김법래)

輝いたり狂ったり

中国後漢時代の将軍、後日、後周を立てる人物。

かつてシン・ユルの非凡さを知って妻に彼女を取ろうとしたが、失敗する。

5年後、ワン・シンニョムの前で、シン・ユルとワン・ソを最大の危機に陥れる人物でもある。

 

文責:韓国ドラマあらすじ団

スポンサードリンク (sponsored link)

 - 輝いたり狂ったり(邦題:輝くか、狂うか), 韓国ドラマキャスト・登場人物 , , , , , , , , , , , , ,