韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

テバク(大撲) 第9話あらすじ チャン・グンソク、ヨ・ジング主演韓国歴史ドラマ

   

チャン・グンソク(장근석)、ヨ・ジング(여진구)、チョン・グァンリョル(전광렬)、チェ・ミンス(최민수)、ユン・ジンソ(윤진서)、イム・ジヨン(임지연)主演ドラマ

テバク(대박:大撲)

の第9話視聴感想(あらすじ含む)です。

 

テバク(大撲) キャスト・登場人物紹介 チャン・グンソク、ヨ・ジング主演韓国歴史ドラマ

 

テバク

 

 

テバク 作品データ

  • 韓国SBSで2016年3月28日から放送開始の月火ドラマ
  • 脚本:クォン・スンギュ(권순규)  『武士ペク・ドンス』
  • 演出:ナム・ゴン(남건)
  • あらすじ:天下と愛をめぐって繰り広げられる、忘れられた王子テギルと、その弟・英祖の対決を描いたドラマで、アクションと賭博、ラブロマンスがすべて含まれたファクション時代劇ドラマ
  • 視聴率 第9話8.0%

 

 

テバク 第9話あらすじ

視聴率はなんとか8%台を維持。『モンスター』に抜かれて最下位となりました。

グラフはこちら  韓国ドラマランキング

第9話はなかなか面白い展開でしたが、数字はついてきませんでした。

 

では、あらすじを少々。

 

 

1717年。

清へ謝恩使(サウンサ’:사은사)として行っていた老論(ノロン:노론)の領袖・金昌集(キム・チャンジプ:김창집)が6年ぶりに漢陽(ハニャン:한양)に戻ってくる。

左議政(チャイジョン:좌의정)李健命(イ・ゴンミョン:이건명)判中樞府事(パンチュンチュブサ:판중추부사) 趙泰采(チョ・テチェ:조태채)領中樞府事(ヨンチュンチュブサ:영중추부사)李頤命(イ・イミョン:이이명)が出迎える。

彼ら4人は、後の老論四大臣だ。

※領中樞府事のハングル字幕は間違っている

市廛大行首(シジョンデヘンス)のホ・ベッキもその様子を見ている.

老いた虎が戻ってきたと、李麟佐(イ・インジャ:이인좌)

 

粛宗(スクチョン:숙종)に拝謁するキム・チャンジプ。

とても老いたな、何年になる?と、粛宗。

6年ですと、キム・チャンジプ。

列の上位に加わり、面白くない少論(ソロン:소론)

その時、世子(セジャ:세자)李昀(イ・ユン:이윤)が吐血する。

その後、ユンへの面会を求める少論の領袖である右参賛(ウチャムチャン:우참찬)チョ・イルスだったが、断られてしまう。

 

イ・インジャを呼び出すユン。

母が流刑された日、そなたなら私を助けてくれると思い手を掴んだと話す。

私を信じられないとおっしゃるのですか?と、イ・インジャ。

延礽君からの警告を思い出しつつ・・・信じられないというより確信を持ちたいのだと、ユン。

スポンサードリンク (sponsored link)i   

また、朝廷の大臣たちを言いようにするために、八道の闘牋房(トゥジョンバン)や市廛を手中に収めるそなたが、なんの私心もなしに私を宝位に座らせるという言葉を信じろと?その程度で止まれるのか?と、ユン。

玉座が必要です、君主も必要です、党派と党人、士農工商の差別にも揺れない玉座、その玉座に座り民を察する、この国朝鮮を太平聖代に導くことのできる君主ですと、イ・インジャ。

そなたも結局、玉座に座りたいのか?と、ユン。

邸下(チョハ:저하)は立派な君主になることでしょうと、野望を否定するイ・インジャ。

再び吐血するユン。

その後、東宮殿に短剣が刺さっているのを見つけ驚く。

 

キム・チャンジプはイ・インジャを思い出し、どうやら王宮に鼠一匹が隠れているようだと、他の大臣に話す。

 

自分が刺客だろうと逆賊だろうと、貴様の師父ということは変わらない、遅くなるので待つなとテギルに話し、出て行くキム・チェゴン。

『二度と失いたくない、大切な人。オレが助ける、師父はオレが助ける』と心のなかでつぶやき、後を追うテギル。

 

一方で、タムソも粛宗を襲撃する準備を終えていた。

このことを理解できないというファン・ジンギは、ムミョンに理解できるかと問う。

望むものがなんであろうと、一つを得ようとすれば、それに関係する何かを差し出さなければならないものだと、イ・インジャ。

 

キム・チャンジプはイ・インジャを尋ね、牽制と忠告をする。

 

官服に着替え、光化門を通り王宮に入るキム・チェゴン。

 

延礽君(ヨニングン)は四大門をすべて閉鎖し、兵を配置して刺客に備える。

延礽君を呼び、刺客を捕まえれば玉璽をやるとの賭けを提案する粛宗。そうしれば、すべてのものはお前のものだ、刺客を逃せば世子が宝位を継ぐので、直ちに朝廷を去れとも。

恐れもなく父上と賭けは出来ませんが、刺客は必ず捕まえますと、延礽君。

教えてやろう、逆者を探す方法、結局は自分のそばにいた者、自分が大切にしていた人、大部分はそんな人達だ、よく考えてみろと、粛宗。

 

淑嬪崔氏(スクピンチェシ:숙빈최씨)に会いに行く延礽君。

これは試験だと、淑嬪崔氏。

よくわかっています、それで私もまた、今回の機会に殿下はもちろん、朝廷の大臣たちにもしっかりと見せてやりますと、延礽君。

もしかして疑っている者がいるのか?と、淑嬪崔氏。

いませんと、延礽君。そして、サンギルを、淑嬪崔氏のそばに残す。

 

延礽君が宿衛大将(スグィデジャン:숙위대장)に任命されたことを鑑み、粛宗の御心が延礽君にあるのではないかと思うキム・チャンジプ。

 

兵から逃げる途中に入った空き家で、テギルはタムソに出くわす。

ここで何をしている?と、テギル。

説明する時間はない・・・(これまでのことを回想し)・・・師匠を殺したいといったでしょう、その心情、私もわかる、私にも射る、殺したいほど憎い者が・・・今夜が私にとって唯一の機会なの、だから、知らないふりをしてと、タムソ。

知らないふりが出来ないなら?と、テギル。

どうして?もう、あんたの嫁になる人でもないのにと、タムソ。

そして出て行く。

師父・・・と、心のなかでつぶやくテギル。

1 2

スポンサードリンク (sponsored link)

 - テバク , , , , ,