韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

テバク(大撲) 第16話あらすじ チャン・グンソク、ヨ・ジング主演韓国歴史ドラマ

   

チャン・グンソク(장근석)、ヨ・ジング(여진구)、チョン・グァンリョル(전광렬)、チェ・ミンス(최민수)、ユン・ジンソ(윤진서)、イム・ジヨン(임지연)主演ドラマ

テバク(대박:大撲)

の第16話視聴感想(あらすじ含む)です。

 

テバク(大撲) キャスト・登場人物紹介 チャン・グンソク、ヨ・ジング主演韓国歴史ドラマ

 

テバク

 

 

テバク 作品データ

  • 韓国SBSで2016年3月28日から放送開始の月火ドラマ
  • 脚本:クォン・スンギュ(권순규)  『武士ペク・ドンス』
  • 演出:ナム・ゴン(남건)
  • あらすじ:天下と愛をめぐって繰り広げられる、忘れられた王子テギルと、その弟・英祖の対決を描いたドラマで、アクションと賭博、ラブロマンスがすべて含まれたファクション時代劇ドラマ
  • 視聴率 第16話9.5%

 

 

テバク 第16話あらすじ

視聴率は1.1%アップし、『モンスター』が0.1差に迫ったものの2位をキープ。

グラフはこちら  韓国ドラマランキング

 

 

李麟佐(イ・インジャ:이인좌)から自分が淑嬪崔氏(スクピンチェシ:숙빈최씨)粛宗(スクチョン:숙종)の間にできた子だと言われ衝撃を受けるテギル

 

延礽君(ヨニングン:연잉군)昑(クム:금)はどうしてこうなったのかとタムソに問う。

お忘れですか?媽媽(ママ:마마)との縁は、あの晩に全て終わりましたと、タムソ。

終わっていない、お前の勝手で始めてお前の勝手に終わったというのか?と、ヨニングン。

私はようやく私の道を見つけましたと、タムソ。

人を殺すのがお前の道か?と、ヨニングン。

これ以上、悔しい人がいないよう、世の中のすべての悪人を処断するのが、私の仕事ですと、タムソ。

一体、どうしてこうなった?一体誰がそうさせた?と、ヨニングン。

私をこうしたのはママですと、タムソ。

なんだと?と、ヨニングン。

 

『狂ったのか?オレの父親が王だと?』と、テギル。

6ヶ月の早産児として生まれ王宮を追い出された永壽(ヨンス:영수)、それがお前の本当の名前だと、イ・インジャ。

それならオレの親父ペク・マングムはなんなんだ!と言い剣を抜くテギル。

また、オレの忍耐心を試すなとも。

イ・インジャは承政院日記(スンジョンウォンイルギ:승정원일기)に記載されているヨンスの記述の写しを渡し、疑う余地はないと告げる。

 

その夜にママに会わなければ、私の父を殺したのがお師匠様だと知ることは出来ませんでした、揺れませんでしたと、タムソ。

そんな言い訳がどこにあるというのだ?と、ヨニングン。

そんなママは、どうして殺人者を前に置き、そんな表情をなさるのですか?と言い、去ろうとするタムソ。

スポンサードリンク (sponsored link)i   

次にまた会えば、お前を追捕し罪を問うと、ヨニングン。

次にまた会えば、躊躇せずに私を追捕なさいませ、その時は、一時は私がお師匠様としてお仕えしていた者イ・インジャも死んでいないのでと、タムソ。

 

戻ってきたものの浮かない顔のソリム

観相も見ることのできるナムおばけは、ファングオモムの見立て白虎大煞(ペッコデサル:백호대살)を否定する。

喜ぶソリム。

テギルほどではないが良い観相だと、ナムおばけ。

テギルの観相は王になるものだと聞かされ、驚くソリム。

 

ヨニングンと共に粛宗に謁見するテギル。

『あの方がオレの実父だと?』と、心のなかでつぶやく。

汚名を拭ったものの、時間も守れず、必ず生け捕りにせよといった犯人も殺してしまったので、二人に罰を受けるか言うことを聞くかと問う粛宗。

下命なさってくださいと、二人。

イ・インジャが逆賊チョン氏に会ったのか?そうならどうなるのだ?もしそうなら、お前たちはどうすべきなのだ?お前ら二人で行きイ・インジャを捕まえてこいと、粛宗。

以前刺客が入った時に討伐を進言したが、父上は動かれませんでしたと、ヨニングン。

その時は時ではなかった、今はまさにその時が来たのだと、粛宗。

 

退出して歩きながら話す二人。

どこまで聞いたのだ?と、ヨニングン。

すべて、全て聞いたと、テギル。

すべてとは?と、ヨニングン。

兄上、オレがそちらの兄上だとと、テギル。

それでも、兄上と呼べない、ここは王宮で私の身分は王子だからと、ヨニングン。

そのまま淑嬪崔氏(スクピンチェシ)の居所へ行く二人。

感極まり涙する淑嬪崔氏。

『(この方が本当に)オ、オモニ・・・』と、テギル。

ダメな母を許してくれと、謝罪する淑嬪崔氏。

けれど握られた手を引き、まだとても混乱していると告げ退出するテギル。

どうして答えないのだ?母上が許しを請うたではないか?と、ヨニングン。

新だと思っていた母が生きていらして、それを知っていた兄弟は口を閉じていたと、テギル。

それは、まだ、受け入れる準備がと、テギル。

オレもそうだ、兄が一人できたママニムもそうなのに、ママニムの弟と母までできたらどうなる?時間が必要だ、すごくたくさんと、テギル。

どこにいくのだ?と、ヨニングン。

私事は私事で、御命は御命だろと、テギル。

 

キム・チェゴンが入宮したという情報を入手するイ・インジャ。

チョン氏が警告していたように今上が剣を抜くのかと推測する。

また、ファングオモムからの連絡はないのかと問う。

そして、ムミョンホンメファン・ジンギに指令を出す。

ファン・ジンギはチョン氏の動きを探ることに。

 

キム・チェゴンはテギルの家にやってきて、久しぶりの米にありつく。

変な雰囲気はないと確認するホンメ。

 

3人共が何も変わったことはないと報告する。

ファン・ジンギに対して、あの者がまさにチョン氏だ、万が一あの者が私の後頭部を打つなら、そなたがあの者の首を刎ねろと、イ・インジャ。

そして、チョン氏と自分が組めば朝鮮は明日にでも転覆すると言って笑う。

 

1 2

スポンサードリンク (sponsored link)

 - テバク , , , , ,