韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

テバク(大撲) 第17話あらすじ チャン・グンソク、ヨ・ジング主演韓国歴史ドラマ

   

チャン・グンソク(장근석)、ヨ・ジング(여진구)、チョン・グァンリョル(전광렬)、チェ・ミンス(최민수)、ユン・ジンソ(윤진서)、イム・ジヨン(임지연)主演ドラマ

テバク(대박:大撲)

の第17話視聴感想(あらすじ含む)です。

 

テバク(大撲) キャスト・登場人物紹介 チャン・グンソク、ヨ・ジング主演韓国歴史ドラマ

 

テバク

 

 

テバク 作品データ

  • 韓国SBSで2016年3月28日から放送開始の月火ドラマ
  • 脚本:クォン・スンギュ(권순규)  『武士ペク・ドンス』
  • 演出:ナム・ゴン(남건)
  • あらすじ:天下と愛をめぐって繰り広げられる、忘れられた王子テギルと、その弟・英祖の対決を描いたドラマで、アクションと賭博、ラブロマンスがすべて含まれたファクション時代劇ドラマ
  • 視聴率 第17話9.5%

 

 

テバク 第17話あらすじ

視聴率は9%台を維持して、『モンスター』に差をつけ2位をキープ。

グラフはこちら  韓国ドラマランキング

 

 

ペク・マングムの墓を暴くテギル

李麟佐(イ・インジャ:이인좌)が言っていたように棺桶の中には死体はなかった。

そして、中に真実があると言われているので見てみると、そこには封書があった。

治療日誌の頁のようだ。

 

その後、オンメのところへ行き、父の死体をどうしたのかと問う。

オンメはただイ・インジャに死体を引き渡しただけだった。

けれど、ペク・マングムは死んでおらず、医員に見せるイ・インジャ。

そして、治療日誌を破いていた。

 

恵民署(ヘミンソ:혜민서)へ行く5人。

矢を受けたが奇跡的に生き残った患者がいたことを思い出す医員。

そして、意識のない人だったのに3日後に消えたとも。

 

イ・インジャを殺さなかった理由はわかるか?と、粛宗(スクチョン:숙종)

逆賊チョン氏を引っ立てるためですか?と、延礽君(ヨニングン:연잉군)昑(クム:금)

けれど気が変わったと、粛宗。

 

自分を拾う牌なのか捨てる牌なのかチョン氏が試しているだろうと推測しているイ・インジャ。

けれど、チョン氏が動かないのを見るに、捨てる牌だと見たのだなとも思う。

 

粛宗は逆賊を捕縛させるために、ヨニングンにすべての部署の兵を動員できる発兵符を渡す。

 

そなたの答えが重要だ、市廛商人も闘牋房(トゥジョンバン:투전방)の行首(ヘンス)もタムソという子もイ・インジャを捨てた、そなたの考えを聞きたい、イ・インジャの手を握るのかと謎の声。

スポンサードリンク (sponsored link)i   

人影は見当たらず、一輪の花が落ちていた。

 

チョン氏がテギルの答えにより動くだろうと推測するイ・インジャ。

 

少論(ソロン:소론)右参賛(ウチャムチャン:우참찬)チョ・イルスは、世子(セジャ:세자)ユンに対して、逆賊として捕まったイ・インジャに今会うのは危険なことだ、それよりも殿下を説得して鞠問を開き、イ・インジャの罪を無罪放免としなければと話す。

金一鏡(キム・イルギョン:김일경)が唱えていた他の牌に変えるという案は却下されていた。

 

発兵符を金昌集(キム・チャンジプ:김창집)に見せこれはなんだと思うかと問うヨニングン。

逆賊を捕まえる軍権に見えると、キム・チャンジプ。

これは足のない馬だ、噂は馬よりも早いのではないですかと、ヨニングン。

 

イ・インジャに会いに義禁府(ウィグムブ:의금부)へ行くテギル。

そこにヨニングンがやって来る。

そして、ペク・マングムが生きていると聞き、獄舎にテギルを連れて入る。

 

理解できるように説明しろと、テギル。

お前が訪ねてきた時に一緒にいた、そこにいたのだと、イ・インジャ。

親父が生きていたのにどうしてやって来なかったんだ?と、テギル。

ペク・マングムもお前が王になることを望んでいるから、ペク・マングムはすべての真実を知っていた、そのためお前を王にするという偉大な大業のために父子の仲を諦めたのだ、お前も時が来た、もう剣を抜く時が来たというのだ、私ではなくこの国朝鮮のために、民のためにと、イ・インジャ。

また、自分の命令で殺せる場所にいると言って、テギルを脅迫する。

父に何かあれば刑場に行く前にオレの手で先に死ぬぞと、テギル。

 

父が生きていればどうして出てこないのだ?ただイ・インジャが言っているだけで証明しようがないではないか?と、ヨニングン。

何かに気づいて走っていくテギル。

サンギルに後を追わせるヨニングン。

 

タムソのところへ行き、父が生きていたと話すテギル。

また、父がどこにいるのか教えてくれ、再び親父を失うことは出来ないとも。

私が言えることは一つ、絶対にお師匠様の横に立たないでと、タムソ。

お前ももう降ろせ、オレの親父に対する罪悪感とすまなさと、テギル。

本当に良かった、あなたの父親が生きてらしてと、テギルの後ろ姿を見送りつつつぶやくタムソ。

 

テギルに対してどんな選択をしても味方だと告げるソリム

キム・チェゴンは粛宗から下賜された求生佩を取り出す。

そして、もしかしたらイ・インジャの命を救えるだろうと告げる。

 

兄上を心配なさっているので?明日は共に問安差し上げますと、淑嬪崔氏(スクピンチェシ:숙빈최씨)に告げるヨニングン。

 

1 2

スポンサードリンク (sponsored link)

 - テバク , , , , ,