韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

テバク(大撲) 第18話あらすじ チャン・グンソク、ヨ・ジング主演韓国歴史ドラマ

   

チャン・グンソク(장근석)、ヨ・ジング(여진구)、チョン・グァンリョル(전광렬)、チェ・ミンス(최민수)、ユン・ジンソ(윤진서)、イム・ジヨン(임지연)主演ドラマ

テバク(대박:大撲)

の第18話視聴感想(あらすじ含む)です。

 

テバク(大撲) キャスト・登場人物紹介 チャン・グンソク、ヨ・ジング主演韓国歴史ドラマ

 

テバク

 

 

テバク 作品データ

  • 韓国SBSで2016年3月28日から放送開始の月火ドラマ
  • 脚本:クォン・スンギュ(권순규)  『武士ペク・ドンス』
  • 演出:ナム・ゴン(남건)
  • あらすじ:天下と愛をめぐって繰り広げられる、忘れられた王子テギルと、その弟・英祖の対決を描いたドラマで、アクションと賭博、ラブロマンスがすべて含まれたファクション時代劇ドラマ
  • 視聴率 第18話8.5%

 

 

テバク 第18話あらすじ

視聴率は1%下落して、『モンスター』に抜かれ最下位となりました。

グラフはこちら  韓国ドラマランキング

 

タムソがあっけなく死んでしまいましたね~。

出番も少なかったし、女性主人公扱いしなくても良かったんじゃないかと思ってみたり。

『リメンバー』のチョン・ヘソンも同じような扱いだったのですが、ひょっとして今年のトレンド?

 

また、延齢君(ヨルリョングン:연령군)が李麟佐(イ・インジャ:이인좌)の手にかかって死んでしまいました。

もちろんフィクションですよ。

見ててぶったまげました(汗)

来週の冒頭に違った展開でもあるのでしょうか?

延齢君は21歳の若さで突然死をしたのですが、他殺ではありません。

それにしても、淑嬪崔氏(スクピンチェシ:숙빈최씨)が1718年3月9日に亡くなって、延齢君は1719年10月2日に亡くなっているため、あっという間に1年6ヶ月が過ぎてしまいましたよ。

 

では、あらすじを少々。

 

 

もうやるべきことをしないとなと、ヨヌァを呼ぶようにとソリムに話すテギル

 

直後に父ペク・マングムを見つける。

来るなと言うペク・マングム。

親父、一体どうなってるんだ?どうして生きても戻ってきたんだ?

そうだ、ケットン、お前の父だ、お前の父が、お前の父がとてもすまないと言い、振り返るペク・マングム。

すまないと言って全部か?生きてたのにどうして今になって現れた?親父が死んだと思ってオレがどれだけ探しまわったか!言えよ、一体どうして死んだふりをしてたんだ?と、テギル。

首を横に振るペク・マングム。

 

急に粛宗(スクチョン:숙종)が倒れた理由を御医に問う延礽君(ヨニングン:연잉군)昑(クム:금)

確信はないがアヘンを混ぜて作った香だと御医。

これは、秘密裏に粛宗が処方させたものだった。

 

改めてアヘンを混ぜた香を確認し、この香で正気を失うことがあるのかと問うヨニングン。

楊貴妃花(ケシの花)毒性が強くてややもすると命を失うこともあると、医員。

スポンサードリンク (sponsored link)i   

なのにどうして殿下はアヘンを処方させたのだ?と、ヨニングン。

以前から胆石による痛みを訴えており、時々、吐血もされていたと、医員。

父が皆に秘密裏に痛みに耐えていた事を知るヨニングン。

また、アヘンがどこから入ってきたのかと問う。

内医院(ネイウォン:내의원)で使う香はすべて典医監(チョニガム:전의감)から入るが、その前はわからないと、医員。

 

それでイ・インジャと取引をした?オレがいつ王になりたいと言った?オレはそんなこと、考えたこともないし、やりたくもない、オレはただ親父だけがいればいいって、今やっていることは全てやめて、オレと一緒に生きようと、テギル。

お前の命はこれからはお前一人のものじゃないと、ペク・マングム。

オレのじゃなければ誰のだよ?と、テギル。

民、この父の命も自分だけの命じゃない、きっと分かることになる、今は時じゃないと、テギル。

わかるように話してくれと、テギル。

今から話してやるからオレの話をちゃんと聞いてしっかりしろと、ペク・マングム。

話し終わったところで、少し離れた場所からソリムが声をかける。

しっかり覚えていろ、父はまた戻ってくると言い去っていくペク・マングム。

 

金一鏡(キム・イルギョン:김일경)がイ・インジャに会いに獄舎に来る。

お前たちは気に入らないが助けてやると。

同副承旨(トンブスンジ:동부승지)の座はどうなのか、それなら兵曹判書(ピョンジョパンソ:병조판서)をなさいませと、イ・インジャ。

そのぐらいどうにでもなるというのだが、それが気に入らなければ剣ではどうだと提案する。

 

粛宗のいない便殿。

イ・インジャの刑を執行するか否かで紛糾する。

世子(セジャ:세자)ユンはヨニングンと独対する。

イ・インジャが玉座を貪るので逆賊だと主張するヨニングン。

それならお前は玉座を貪らないと誓うことはできるのか?と、ユン。

何も答えないヨニングン。

そうなのか、あの時に気づかねばならなかったのにと、発令符を見せて自分を脅迫した眼差しを思い出し、ようやく誰が味方で誰が敵かわかったと、ユン。

そして、母のように失敗してはならないとの禧嬪張氏(ヒビンチャンシ:희빈장씨)の言葉を思い出す。

 

父とどんな取引をしたのかと、イ・インジャに問うテギル。

死んだと思っていた父親に会ってどうだ?と、イ・インジャ。

できるならこのうんざりする悪縁をすべて切って、親父と遠くに去りたかったと、テギル。

けれど、あんたの顔を見て、許して忘れて過ごす勇気が出ないとも。

まさにそれだ、私がお前を諦められない理由と、イ・インジャ。

斬刑を避けられると思っているようだな?と、テギル。

知っているのではないか?今上に起きたこと?と、イ・インジャ。

お前の仕業だろ?と、テギル。

証拠はあるのか?このまま去れ・・・獄舎から抜けた後にまたお前に会いに行くのでと、イ・インジャ。

 

義禁府(ウィグムブ:의금부)から出てきたテギルにヨニングンが声をかける。

少論(ソロン:소론)はもちろん、成均館(ソンギュングァン:성균관)の儒生たちもイ・インジャを放てとの上疏を上げている、どうすればいい?と、ヨニングン。

 

ユンはイ・インジャらを無罪放免としてしまう。

1 2

スポンサードリンク (sponsored link)

 - テバク , , , , ,