韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

ドクターズ 第12話あらすじ キム・レウォン、パク・シネ主演韓国ドラマ

   

キム・レウォン(김래원)、パク・シネ(박신혜)、ユン・ギュンサン(윤균상)、イ・ソンギョン(이성경)主演ドラマ

ドクターズ(닥터스)

の第12話あらすじです。

 

韓国ドラマ ドクターズ

ドクターズ キャスト(出演者)・登場人物紹介 キム・レオン、パク・シネ主演韓国ドラマ

 

 

韓国ドラマ ドクターズ

 

 

 

ドクターズ 作品データ

  • 韓国SBSで2016年6月20日から放送開始の月火ドラマ
  • 脚本:ハ・ミョンヒ(하명희)  『上流社会』『温かい一言』
  • 演出:オ・チュンファン(오충환) 『星から来たあなた』(サブ)
  • あらすじ:過去の傷を癒して医者になった二人の男女が、様々な人間群像に会って成長し、生涯たった一度だけの愛を始めるヒューマンメディカルドラマ
  • 第12話18.7% 視聴率グラフはこちら → 韓国ドラマランキング

 

 

ドクターズ 第12話あらすじ

両親を亡くした子供の頃のチホンを、現在のチホンが抱きしめる。

ホン・ドゥシクが眠る納骨堂。

『人間を構成している細胞は、常に不安定な状態を維持している。生きていることは不安定なのだ。結局、人生の本質は変化だ。父は常におっしゃった。一人で決めて一人で責任を負うのが男の人生だと。これからまた始まりだ』

 

3週間後。

歌を歌い、愛してる、目を開けろと、夫アン・ソンス

心拍が早くなっている様子の妻チョ・スジ

目を開けない妻に、本当に利己的だと言って、体を拭いてやっていたタオルをベッドに叩きつける。

けれど、ユンドヘジョンカンスが回診にやって来ると、急に下手に出始める。

ユンドの呼びかけには反応するチョ・スジ。

 

ホン・ジホン教授、今日の午後から出勤でしょ?自分の患者をオレにすごく長い間任せているようだと、ユンド。

私に連絡がなくて知らなかったわと、ヘジョン。

理事長の相続の処理でアメリカに行って、ずっと連絡がないの?連絡がないなら、先に連絡して尋ねればいいじゃないと、ユンド。

妨害するようで、できなかったの、一人でいたいようなのでと、ヘジョン。

ユ先生は本当に男を知らないんだね、ほんとに愛していて捕まえたい人ならば、今その人の人生に入らないと、タイミングが凄くいいのにと、ユンド。

そんなものなの?と、ヘジョン。

あ~、オレがどうしてこんなことを教えてるんだ?と、ユンド。

男について尋ねる人がユンドしかないからと、食事に誘うヘジョン。

スポンサードリンク (sponsored link)i   

恋愛御座なんだな、そうでしょ?と、ユンド。

恋愛御座がなに?と、ヘジョン。

知らないからそうなんだ、あ~、ホン教授大変だと言って去っていくユンド。

 

空港にチホンを向かいに行くパラン

 

チン・ソンジョンの理事長就任式。

ホン・ドゥシクをたたえたあと、その意志を受けて病院と財団を率いると挨拶するチン・ソンジョン。

 

献身的なアン・ソンスからの差し入れを喜ぶスジンたち。

ときめく、凄くかっこ良くない?というスジンに、ないと答えるカンス。

嫉妬してるのねと、スジン。

スジンは彼がフリーランサーで、病院代もそこから拠出していることも知っていた。

ヨングクの登場に顔を赤らめるユ・ビョル

 

ソウの母ユン・ジヨンがユンドを訪ねる。

そして、ソウとどうするのかと問う。

自分たちで整理したと、ユンド。

自分たちで整理すればすべて整理できるものじゃない、ご両親がいるじゃない、孤児なの?・・・私は娘が幸せになれば嬉しいの、女性としてと、チヨン。

 

チン親子は今後のことを話している。

ミョンフンは優秀なキム・テホをそのままにしておくつもりだ。

器が大きいなと、チン・ソンジョン。

老人健康センターの件も進める予定だと、ミョンフン。

父さんが後ろで見ているから、やりたいことをやれと、チン・ソンジョン。

そこに、キム・チヒョン課長がやってくる。

先日の非礼を詫びに来たのだ。

ホン・ジホン教授が強くでてと言い訳をするキム・チヒョン。

必要ないと、キム・チヒョンを相手にしないチン・ミョンフン。

兎死狗烹(トサクペン:토사구팽)という言葉があるじゃないですか、院長の下で手術だけ学びましたか?と、キム・チヒョン。

何を持っているのか言えと、ミョンフン。

麻酔記録です、私も呼んでください、本院へ、力になりますと、キム・チヒョン。

行けと声を荒らげるミョンフン。

お願いしますと言って出て行くキム・チヒョン。

 

チホンに電話を入れてみるヘジョン。

けれど、チホンはスマホを置いたままにしていたため電話に出なかった。

 

キム・チヒョンと出くわすチホン。

そして、取引は続いているということを示唆する。

 

カンスからの連絡で、チホンと回診に行くことを知らされるヘジョン。

久しぶりにチホンに会うヘジョンだったが、チホンのリアクションが薄い。

 

あの男性は私の夫じゃないわ・・・

そんなチョ・スジの心の声は誰にも届かない。

運動反応が戻ったことをチホンに告げるスジン。

来るやいなや良い知らせだと、チホン。

早速チェックしたあと、回復中であることをアン・ソンスに伝える。

また、アン・ソンスのリアクションに違和感を感じ、変なことはなかったかとヘジョンに問う。

特に無いと答えるヘジョン。

この時は疑問符だけを残し、流してしまう。

そっけないチホンの態度に溜息をつくヘジョン。

1 2 3

スポンサードリンク (sponsored link)

 - ドクターズ , , , , , ,