韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

ドクター異邦人 第7話あらすじ・感想1/3 拍動合わせ、緊急手術、憧憬、再検査

   

イ・ジョンソク(이종석)パク・ヘジン(박해진)チン・セヨン(진세연)カン・ソラ(강소라)主演のSBS水木ドラマ

ドクター異邦人(タクト イバンジン:닥터 이방인)

の第7話あらすじ・感想(ネタバレあり)1/3です。

あらすじは韓国放送時のものです。

ドクター異邦人 キャスト・登場人物紹介

 

ドクター異邦人

 

ドクター異邦人 作品データ

  • 韓国SBSで2014年5月5日から放送開始の月火ドラマ
  • 脚本:パク・ジヌ( 박진우)  『風の国』
  • 演出:チン・ヒョク(진혁)  『主君の太陽』
  • あらすじ:天才脱北医師が韓国最高の病院に勤め、医師集団に組み入ることができず異邦人として生きていくストーリーを描いたドラマ
  • 第7話放送日:2014年5月26日
  • 第7話視聴率:13.1% 同時間帯1位  過去の視聴率データ → 韓国ドラマランキング

 

ドクター異邦人 第7話あらすじ1/3

拍動合わせ

スンヒを抱きしめ心臓の拍動を確認するフン『何をなさるんですか?』と、スンヒ。『何してるのよ、すぐに謝って!』と、スヒョン。いいですと言い立ち去るスンヒ。

『あなた狂ったの?』と、スヒョン。『世の中に自分と心臓の拍動が同じ人がたった一人いる。それがまさに自分の運命というんだ』と、フン。

『ほんとうなの?それならハン先生・・・』と、スヒョン。吹き出すフン。冗談だ、いてもあの女性じゃないと、フン。

さらに、『ちょっとまてと、もしかしてオレのインチキがオレの運命じゃないか?さあ、俺たちの心臓の音を一度合わせてみようか?運命の相手かどうか』と言い、後ずさりしていたスヒョンを抱きしめる。

動揺を隠すためにフンをひっぱたき、『人を抱きしめて冗談何って何よ!』と言い去って行くスヒョン。

スヒョンを追い越してスンヒのところへ行き、人を見誤ったようだと深々と頭を下げるフン。そのとき、スンヒとスヒョンのスマホが鳴る。

今後は正しい行動だけしてくれと言い去って行くスンヒ。応急室に行けとフンに言うスヒョン。行かないというフンに対して、耳を引っ張り、小言を言わずに付いてこいと引っ張っていく。

 

緊急手術

スンヒの機密医療ファイルの封印にテープを貼るムン教授。とにかくスパイでなかったのは良かったと言うが、スパイなら腎臓が二つとして撮影して提出するでしょうと後輩につっこまれる。

応急室では妊婦が苦しんでいる。このまま血圧が下がれば胎児が危ないとスソンチギュは手術中のクム先生に電話を入れる。肺が腎臓を圧迫して血圧が低下してるんじゃないかと、クム先生。

ジェジュンは肺裂傷を確認しろと伝える。その間に患者に手を当てて症状を感じ取っていたフンは裂傷を言い当てる。そのため、スンヒに麻酔と言っただろ?と確認し、緊急手術に踏み切るフン。

ヤン先生はスンヒの早さを褒め、ムン教授はスパイでなければ自分のチームの麻酔医にするのにと言う。

スパイかどうかをチェックする良い方法があるとヤン先生。教えるなら給料を何とかしてくれとも言う。その提案を受け方法を聞くと、それは再検査だった。

手術中に患者の血圧が低下したことを責めるフン。妊婦だからあげられないと弁明するスンヒに。患者を殺してそうやって言い訳するのか?と、辛らつな言葉を投げるフン。

分離肺換気に切り替えて手術を続けるフン。その後、スンヒの発言通りに元の術式に戻し手術を継続する。

ぶつぶつと小言を言うスヒョンに、戯言はやめて産婦人科を呼べ、どうせ帝王切開するなら今の方が良いと、フン。

肺裂傷の手術も成功し、双子が生まれる。外からは拍手喝采を浴びる。後処理をスヒョンに任せるフン。

 

憧憬

ムン教授は後輩を脅してスンヒの再検査を命じる。

手術が成功し患者から感謝され感動するスヒョン。そこにジェジュンがやってくる。

『双子だったはジェジュンさん。ジェジュンさんはそんなのをたくさん感じてみたでしょ?手術が終わった患者が見上げるとき、うれしくもあり、肩が重くもあり、そんな気分になることよ』と、スヒョン。

『苦しいときもある』と、ジェジュン。『とにかくパク先生は本当にすごかったわ。一緒に仕事ができて良かったようだわ』と、スヒョン。

フンを褒めることで一抹の不安を覚えるジェジュンは、自分のチームのファーストだということを忘れないでくれという。当然だと答えるスヒョン。

タンクトップ一枚になっていたフンは、ジェジュンに満面の笑みを見せ、その場を去って行く。

 

再検査

その先でムン教授に捕まり、ハン・スンヒがスパイだったらオレは死ぬしおまえもスパイだろいうことじゃないか?目をしっかり閉じて決着を付けようという。スンヒの検査のことだ。

ムン教授の後輩が原則だからと、スンヒに再検査をさせる。そのことをチャ・ジンスに報告する。

ムン教授は一応スンヒに事情を説明して、医療記録ファイルを見ようとする。渡すフン。他人の医療記録を見るなんてと、抵抗するスンヒ。

フンはスンヒの肩を掴み、何か確信を持っているかのように、『おとなしくしてろ』と言いつつ目で訴える。

そこにチェ院長がやって来て止めに入る。後輩が口を割ったようだ。CDを渡せというチェ院長の圧力に押され渡そうとしたムン教授だったが、フンはその制止を無視して画像を見る。

腎臓は2つだった。

この事をただ見過ごすことはないというスンヒ。チェ院長は彼女を追いかけ無かったことにしてくれと言う。ムン教授もあとを追いかけ謝罪する。謝ってるから見過ごせよと、フン。

無言で立ち去るスンヒ。

 

ドクター異邦人第7話あらすじ 2/3へ続く

文責:韓国ドラマあらすじ団

スポンサードリンク (sponsored link)

 - ドクター異邦人 , , , , , , , ,