韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

ドクター異邦人 第8話あらすじ・感想3/3 譲歩、助けてくれ、スンヒの危機

   

イ・ジョンソク(이종석)パク・ヘジン(박해진)チン・セヨン(진세연)カン・ソラ(강소라)主演のSBS水木ドラマ

ドクター異邦人(タクト イバンジン:닥터 이방인)

の第8話あらすじ・感想(ネタバレあり)3/3です。

あらすじは韓国放送時のものです。

ドクター異邦人 キャスト・登場人物紹介

 

ドクター異邦人

 

ドクター異邦人 第8話あらすじ3/3

譲歩

『それはどういうこと?ファーストを譲歩しろと?』と、スヒョンウン先生が戻ってくる条件がそれなんだというジェジュン

嫌だと、スヒョン。今回の手術は必ずしたいし、賢明に準備した、恥を忍んでパク先生のところにまで行ったんだ、だから譲歩はできないと言う。

『それが恥ずかしい顔だったのか?オレの目にはうれしくてどうすればいいのか分からないという顔だったけど』と、ジェジュン。

嫉妬しているのか?と、スヒョン。課長がスタッフに指示しているんだ、今回の手術のファーストはポンヒョン(クム先生)に渡せと、ジェジュン。

『私がするって言ったじゃない!』と、スヒョン。『課長の言葉を聞け!こうだから理事長の娘だという声が出るんじゃないか。したい人じゃなくてできる人がすべきだ』と、スヒョンは役者不足でクム先生はフンに教わるほど実力がないわけではないというジェジュン。

一応承諾して去って行くスヒョン。

 

助けてくれ

スヒョンが医局に戻るとチギュと女医がキスをしていた。他の場所でやってくれと言うスヒョン。あまりの悔しさにまとめた資料を破こうとする。けれど思いとどまり涙ながらに再び勉強を始める。けれど、どうにも手に付かず頭を抱えて泣き始める。

ヤン先生は、『騎士の助けが必要だ』とのジェジュンからのメールを受けて、自分の手をわざとドアに挟み手術ができないようにする。

病院にやって来たミン先生は、こういうことだったのかとヤン先生を追求する。ジェジュンの言うとおりにしておけば、無休のフェローから助教くらいにはなれると、ヤン先生。

手術ができなければ双子が危ないのにどうして?手術を急ぐ理由がわからずにそうしたの?あなたも父母よ、父親よ!と、ミン先生。自分も良い父になろうとそうしたんだと、ヤン先生。

それなら良い医者は?相談することがあってやって来たけど、その必要はないようねと言い去って行くミン先生。

ヤン先生がけがをしたことで激怒するムン教授。自分は医療禁止なのでファーストはできない。

 

スヒョンのところへ行くフン。スヒョンは椅子にうずくまっていた。『おいインチキ、ファーストを切られたって?』と、フン。来るなと言ったじゃないと、不機嫌なスヒョン。

手をさしのべ、『助けてくれ、ウチのファーストがけがをした』と、フン。『私、ハン課長のチームだと知らない?』と、スヒョン。『敵味方が重要か?』と、フン。『それなら何が重要なの?』と、スヒョン。『子供を助けるのが重要だろ』と、フン。

『実力のないインチキをつれて、どうやって助けるの?』と、スヒョン。『努力するウチのインチキなら、それでも可能になるようだと思って・・・時間がない、助けるのかそうでないのか?』と、フン。

ずっと指しだした手を下ろさなかったフン。その手を掴むスヒョン。『そうだ、手はまさに胸部外科の手なのに』と、フン。握った手を引っ込めるスヒョン。『そのかわり、パク先生が知っておかなければならないことがある』と、スヒョン。

それは、ウン先生がジェジュンのチームに合流するということだった。異議を訴えるフンに対して、落ち着いて、自分は麻酔科の最古参だからと、スンヒに電話を掛け、今8時で手術は10時からだと伝えるウン先生。

電話を替わりスンヒにすまないというフン。来られるかと問うと、子供を助けないとと、答えるスンヒ。スンヒはチャ・ジンスと車でどこかに移動していた。

チャン・ソクジュの要求を拒むのか?と、チャ・ジンス。ジェジュンの方に行くのは不自然だし、彼らが何を企んでいるかはわからないけど、自分たちは計画通りに動かなければと、スンヒ。

彼らの車をチャンイが追っている。フンに頼まれたのだ。チャンイに電話を掛け、何かあればすぐに電話をくれと、フン。

 

スンヒの危機

キム・テスルからおもむろに金を渡されるSP。大統領側からチャン・ソクジュ側に寝返ろということだ。

目的地に到着し銃の用意をするチャ・ジンス。スンヒとともに建物に入る。恋人なのかと思うチャンイ。

病院では手術準備が着々と進められている。ミン先生がスクラブを担い、あとはスンヒを待つばかりだ。フンは昔チェヒに言った、世界中を探すという言葉を思い出していた。

手術前。スヒョンが手を洗っているとジェジュンがやってくる。

『必ずこうしなければならないのか?』ジェジュンの問いかけに、『心配する必要はないじゃない、どうせ私はクム先生よりできないんだから』と、答えるスヒョン。『だからといって、パク・フンの方へ行くか?』と、ジェジュン。

そこにフンがやってくる。『オレが頼んだんだ』と、フン。もうウチのファーストまで引っこ抜くのか?と、ジェジュン。あとで返すから手術の心配でもしろ、手段方法を問わず子供を助けろ、わかったか?と、フン。互いににらみ合う二人。

 

理事長以下の関係者がモニタリングルームに集う。

チャンイからの連絡を受けるフン。雰囲気がおかしいと伝えるチャンイ。ハン先生は大丈夫か?と、フン。

会おうという理由は何だ?と、チャ・ジンス。計画をちょっと修正する、ハン・ジェジュンカードを使うことになったと、キム・テスル。そして銃をスンヒに向ける。

テスルの指に力が入りつつある。

『ヒョン、姉さんに似た先生』と、チャンイ。『そうだ、ハン・スンイ先生!』と、フン。『殺されるみたい』と、チャンイ。

 

ドクター異邦人第9話あらすじ 1/3へ続く

文責:韓国ドラマあらすじ団

スポンサードリンク (sponsored link)

 - ドクター異邦人 , , , , , , , ,