韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

秘密の扉 第3話あらすじ2/3 左捕庁へ、英祖V.S.パク・ムンス、貰冊房とチダムの危機

   

ハン・ソッキュ(한석규)、イ・ジェフン(이제훈)、キム・ユジョン(김유정)、パク・ウンビン(박은빈)主演のSBS月火ドラマ

秘密の扉-儀軌殺人事件(ピミルエ ムン ウィギサリンサッコン:비밀의 문-의궤살인사건)

の第3話あらすじ2/3です。

秘密の扉(ピミルエ ムン:비밀의 문)のキャスト(出演者)・登場人物紹介

 

秘密の門

 

秘密の扉 第3話あらすじ2/3

左捕庁へ

左捕庁(チャポチョン:좌포청)に乗り込む李愃(イ・ソン:이선)。迎える洪啓禧(ホン・ゲヒ:홍계희)。再捜査のために資料を押収するためだ。

従事官(チョンサグァン:종사관)ミン・ウソプ以下の関係者もソンのいる東軒に呼ぶことになる。機会が来たと喜ぶミン・ウソプ。

けれどそのタイミングで家の下男がやってきて父の危篤を告げたために、急いで帰ることになる。

帰ってみると父は危篤ではなかった。父・閔百祥(ミン・ベクサン:민백상)はウソプに事件の重要な資料を見せる。どうして父上の手に?他の記録とともに東宮殿に渡すべき、まさか父上が?と、ウソプ。

今よりシン・ユンボク事件から手を引け、父を告発するつもりか?好きにしろ、但し、お前の手で直接父の命綱を斬れ、そして行けと、短剣を抜いてウソプに差し出す、ミン・ベクサン。

ホン・ゲヒを呼び、不安じゃないかと問うソン。 どうして私が?と、ホン・ゲヒ。いつでもそのように自信満々だなと、ソン。また、持っているものがあるのなら今出した方がいい、捜査は十分だったと見るか?とも告げる。

もちろんだ、最善を尽くし結果にも確信もあると、ホン・ゲヒ。

フンボクの親友の同参画師(トンチャムファサ:동참화사)ホ・ジョンウンは、フンボクが王室を誹謗するのも一度も聞いたことがないと陳述している、あなたが採用した陳述と反対で、こんな時は彼を呼んで具体的な陳述を確保するのが基本では?こんな不実な捜査をしておいてどうして確実だと?と、ソン。

また、半端な確信は誤判を呼ぶ落とし穴だ、誤判が呼ぶのは無辜の民の犠牲だ、誤判よりもぞっとすることがなにかわかるか?答えを探すのはあなたの役割として残しておく、答えを探す途中、正すことが浮び上がるか・・・と言い立ち去る。

 

図画署(トファソ:도화서)のフンボクの宿舎で貰冊を探すチダム。けれど無いということでフンボクの親友は誰かと、とある画員に尋ねる。

チョンウンだと聞かされるが、どうしてチョンウンを探しているのかと問われ、ウンシムが呼んでいると嘘をつくチダム。

すると画員は芙蓉亭のチュヌォルとよしみになったのがバレたのか?と、話す。逆に驚くチダム。

芙蓉亭に戻るとウンシムの前でチュヌォルが泣いていた。まさにチョンウンのことで泣いていたのだ。

そのチョンフンは棺に入れられ運ばれる直前のフンボクとソンを見て後退りして左捕庁(チャポチョン)前から去って行く。

 

キム・テクを尋ねるホン・ゲヒ。ソンが左捕庁に乗り込んできたことに対して、おまえが対策を立てろというキム・テク。どうして私が?と、ホン・ゲヒ。それは我々が同じ舟に乗ったからだと、キム・テク。

取引は一度だけだ、対策は直接やってくれと、ホン・ゲヒ。上疏分をごっそり卓へ起き、この日付をまた読むことを望むのか?と、キム・テク。

上疏文をはらい声を荒らげ、判決を間違ったのはたったの一度だけだった、失敗だったしやるべきことは全てやったと、ホン・ゲヒ。

『ご存知だ』と、キム・テク。『ご存知だとは?』と問うホン・ゲヒ。『純粋なのか純粋なふりをしてるのか?』と、キム・テク。

『殿下、殿下というのですか?この文章の出どころ』と、ホン・ゲヒ。『違うなら、このような文章が政丞宅の書庫から出るか?』と、キム・テク。

『どんなことをしても世子を阻め。捜査結果が絶対にひっくり返っては駄目だ。これが本当の今上の意志だ』と、キム・テク。

 

英祖V.S.パク・ムンス

朴文秀(パク・ムンス:박문수)が家に帰ると英祖(ヨンジョ:영조)がやって来ており碁石を並べていた。碁を一局打とうと言い、白い石を譲る英祖。碁で殿下に勝つ気はないと、パク・ムンス。

『最後まで行くというのか?ここでやめろ。死んだ奴の死体を御井まで引っ張っていって警告を一度したら充分だ』と、英祖。

『今でも遅くありません。殿下の手で歴史を正さねばなりません。磐石ない権力には未来も希望もないということをどうしてご存知ないですか?』と、パク・ムンス。

『おまえこそ、どうしてこう苦しく出てくる?私が10年前、おまえになぜ猛毅(メンイ)をなくせと言ったのか。 何をしようと猛毅をなくそうとしたのか、本当に分からずこうするのか?おまえは私に勝つことはできないぞ』と、英祖。

『国本に真実を知らせることはできます。運良ければキム・テク程度は冥土の道の道案内にさせることもできるでしょう』と、パク・ムンス。

碁石を入れた器をひっくり返す英祖。『そうしてとんでもないものを道連れにすることもあるぞ』と言う。

『いま、どんな考えをされているのですか?』と、パク・ムンス。

『権力は刃物だ。挑戦してくる者がいればそれが誰でも、区別せず斬ってしまうとても危険千万な物だ。これ以上国本を激動させるな。止まらなければその次は戦争だ。

龍床を置いた戦争に弟子を追いやりたいのか?それなら、その次はどうなると思う?耐えられる自信なければ真実博打、ここらで折りたため』と言い去る英祖。

 

貰冊房とチダムの危機

フンボクの事件の目撃者が一人もいないと報告を受け落胆するソン。貰冊房からの連絡もない。貰冊房の子の似顔絵を書き、それを図画署の画員たちに大量に描かせる。

貰冊牌と票と名簿を眺め、差し出さなければならないけどと悩むチダム。父の首も差し出すか?名簿を出せばここは終わりだと、ソ・ギュン

ピョン・ジョンインにチダムを捕まえろと言っていたホン・ゲヒだったが、どうにもならないことがわかり、貰冊房に無差別取り締まりを仕掛けてチダムを捕まえることにする。

芙蓉亭でも東方でも、その取り締まりは、どうやらチダムがターゲットだという情報を得る。

 

チュヌォルは泣きながらチョンウンが言っていたことをチダムに話す。そのことを庭で思い出していたチダム。チョンウンは、フンボクは自殺ではないし今度は自分の番だとも言っていたのだ。

『どうしよう、狂いそう、ホント!』と呟くチダム。チダムの家の工房に左捕庁が押しかけてくる。すぐに知らせるチダム。すると、工房は緊急時の対応を取り始め壁を裏返し書庫にして職人たちは裏に隠れる。

東方もやって来ているが事を荒立てず様子を見ている。ピョン・ジョンインは工房の隠し扉を見つけ突入する。けれど入ったところにはソ・ギュンしかいない。

貰冊房だとの通報があった、娘がひとりいるそうだが?と、確信に触れるピョン・ジョンイン。そして、しらばっくれるソ・ギュンの顔を机に押し付ける。

領相宅に便りを出せば自分が誰かがわかると、ソ・ギュン。直接言え、正体は何だ?と、ピョン・ジョンイン。

自分は冊契(本売り)でここは地下収蔵庫で、都の権力者から注文を受け清から取り寄せた大切な本がある、数百両もするものもあるので、盗賊に合わないために収蔵庫が必要なのだと言う。

だから貰冊房ではなく冊契だと?我々が直接調べればわかるだろうと、ピョン・ジョンイン。そうしてあたりを捜査し始める。

壁を調べられ、反対側から懸命に押すチダムたち。すると、『アボジ~』と、少女が上から降りてくる。これって何?と問う偽の娘になんでもないと答えるソ・ギュン。

その偽の娘の存在にまんまと騙されて撤退するピョン・ジョンイン。けれど、貰冊房であれば必ず自分の手で死ぬことになると、捨て台詞を残していく。

 

秘密の扉 第3話あらすじ3/3へ続く

文責:韓国ドラマあらすじ団

スポンサードリンク (sponsored link)

 - 秘密の扉 , , , , , ,