韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

花遊記 第8話あらすじ イ・スンギ、チャ・スンウォン、オ・ヨンソ、イ・ホンギ主演韓国ドラマ

   

イ・スンギ、チャ・スンウォン、オ・ヨンソ、イ・ホンギ、チャン・グァン主演tvN土日ドラマ

花遊記(ファユギ:화유기)

の第8話あらすじです。

 

花遊記 キャスト・登場人物紹介 イ・スンギ、チャ・スンウォン、オ・ヨンソ、イ・ホンギ主演韓国ドラマ

 

花遊記 人物相関図・関係図(日本語訳付き) イ・スンギ、チャ・スンウォン、オ・ヨンソ、イ・ホンギ主演韓国ドラマ

 

 

花遊記(ファユギ:화유기)

 

 

 

花遊記 作品データ

  • 韓国tvNで2017年12月23から放送開始の水木ドラマ
  • 脚本:ホン姉妹(ホン・ジョンウン:홍정은、ホン・ミラン:홍미란) 『メンドロントット』『主君の太陽』『イケメンですね』
  • 演出:パク・ホンギュン(박홍균) 『メンドロントット』『善徳女王』
  • あらすじ:古代小説「西遊記」をモチーフに、退廃的悪童妖怪「孫悟空」と高尚なジェントル妖怪「午魔王」が、暗い世の中で光を探す旅を描いた絶対浪漫退魔劇。
  • 視聴率 第8話5.822%  視聴率グラフはこちら → 韓国ドラマランキング

 

 

 

花遊記 第8話 あらすじ

三蔵チン・ソンミの子供の頃。

おばさんの悪鬼を追い払いジョナサンを助ける。

 

牛魔王の前でそんな縁を回想している。

 

ふと孫悟空とのキスを思い出し、悪いやつとつぶやくソンミ。

絶対に良い時間を送るな、面白くなく居て、静かに帰れと言っていた、悟空。

 

子供の頃映画の話を良くしてくれたと、ソンミ。

今回作る映画は君の話だと、ジョナサン。

また、妖精は現れたか?とも。

現れたけど、美しい童話のものではないと、ソンミ。

 

 

夏仙女の店。

彼女とP.K猪八戒は神妙な面持ちの悟空を眺めている。

そうかと思うと、悟空はキスの感触を思い出して微笑みだす。

三蔵は絶対に裏切らないという悟空に、人の気持ちはそう簡単じゃない、ちゃんとケアしないと!と、猪八戒。

おせっかいに話を続ける猪八戒に、火を発生させ黙らせる悟空。

 

 

ソンミを送っていってと、牛魔王。

そのつもりのジョナサン。

妖精に会って帰るからと、ソンミ。

 

ソンミの妖精が気になり、牛魔王に尋ねるジョナサン。

ソンミはいつも妖精を待ちわびており、想像のものと思っていたが、本当にいる人のようだとも。

童話をしっかり見て、王子に会えば妖精は消えるものだと、牛魔王。

 

 

三蔵を守れなかった罪を、ぬいぐるみのユッコンに問い、痕跡もなく無に帰するぞと、悟空。

ソンミが戻ってくる。

そして、自分を食べるために使うヤンニョムを見たと悟空を追求する。

ヤンニョムのことは牛魔王がばらしたのだ。

どうして利己的なんだ、ヤンニョムを用意しても喰らわなかった、オレにありがたがらないと、どうして怒るんだ?と、悟空。

どうして捨てなかったのかと、ソンミ。

ヤンニョムを前にしてオレが泣いたことを牛魔王は言わなかっただろ?・・・牛魔王もお前も許してやる、これ以上話すなと、悟空。

キスのことは一つも気にならなかった、私が気になるのはあのヤンニョムよ、あれをどうするの?はっきり言ってと、ソンミ。

捨てるのは嫌だと、悟空。

私はもしかしたら、クムガンゴをはずしたあなたが私を・・・害さないと思ってたのに、そうじゃないのね、互いの本性を忘れないでいましょうと、ソンミ。

 

家に帰りヤンニョムを燃やし尽くす悟空。

 

 

他人のSNSを見て不満を爆発させる男に悪鬼が取り付く。

男は悪質な書き込みを続け、妬んでいた男性の流行っていた店が潰れる。

 

その店の取扱のためにインチョンに赴くソンミとイ・ハンジュ

雑貨店の孫を見つけ追いかけるソンミ。

毒を吐く毒嘴(トクチ:チの発音は正確にはチュイを一音で発音したもの)という悪鬼のせいで店は潰れたと、雑貨店の孫。

小遣い稼ぎをしている雑貨店の孫は、誰にも言わないでくれとソンミに頼む。

天生縁分に会えば生涯に一度だけ鳴るという愛鈴(エリョン)をもらうソンミ。

 

 

トクチを対魔することでポイントを稼ぐことに。

虎穴に入らずんば孤児を得ずだと、ソンミがSNSを開設しておびき寄せることになる。

ルシファー企画のスターがすべてフォローしたことで、爆発的に広がる。

 

 

白牛の彫刻をホルスタイン柄にされて怒る牛魔王。

チン・ブジャが自分がやったと言ったため、怒りを爆発させることができない。

ヤンニョムの件で、軽い復讐を果たしたものの、今回はオレが負けたと、素直に負けを認める悟空。

 

 

エリス(オンニョン)が飲めない酒を飲んでしまい、開放するハメになる猪八戒。

そこをパパラッチに撮られてしまう。

 

 

プジャの母は意識不明で病院のベッドに寝ている。

 

 

悟空がヤンニョムを燃やしたので、偽物を作ることを提案するマ秘書

三蔵が本当に恐れているのはそのことだろうか?今になって喰らわれることを恐れているのだろうか?違うようだが、人間の気持ちはより複雑で難しい、それを知ってこそ、三蔵の気持ちもほぐせる、自分が先にほぐし、孫悟空は絶対にほぐせなくさせないとと、牛魔王。

 

 

悪い書き込みをする女性を見つけるソンミ。

けれど、トクチは憑いていなかった。

 

ソンミと一緒にいたジョナサンを飛ばす悟空。

ヤンニョムを捨て、またつくるつもりもないと、ソンミに告げる。

また作れば!勝手にしてよと、ソンミ。

行くな、オレと一緒に行こうと、悟空。

悟空の手を振りほどき、嫌だ、500万くれても一緒に行かない、捕まえて喰らえば!と、ソンミ。

売り言葉に買い言葉で・・・また作ってジョナサンに塗って喰らえばいいな、できないとでも?オレがどれだけ悪いやつかお前がより知ってるじゃないかと、悟空。

 

 

トクチが乗り移っている男は、ソンミではなくイ・ハンジュをターゲットにする。

悟空に泣きつくイ・ハンジュ。

自分が解決してやると、悟空。

 

 

クムガンゴについてソンミが知らないことを伝える牛魔王。

三蔵の召命が済めば自動消滅する、消滅後にはソンミは三蔵でなくなるので喰らわれることはない、孫悟空はあなたに何の関心もなくなるとも話す。

幸いだと答えるソンミ。

悟空の気持ちも一緒に消えることをソンミが恐れていることに気付く牛魔王。

 

 

トクチの退魔に行く悟空。

悟空に対して、お前は三蔵の手によって死ぬと囁くトクチ。

一瞬迷いを生じたかに見えたが、トクチを葬り去る悟空。

トクチが何を言ったのかと問うソンミ。

お前がオレを好きってと、悟空。

トクチは無いことを言うの、絶対に違うと、ソンミ。

そうだな、絶対に信じない、お前がオレを殺すって・・・考えてみると、この世でオレを殺せる存在はお前しかいない、お前が死ねと言えばオレは死ぬんだから・・・と、クムガンゴを見せる悟空。

絶対に駄目、そんなはずはないと、ソンミ。

絶対にそうするな、それと、オレを置いていくな、オレを置いて他のやつのところへ行くなって、お前がもう一度そうすればオレは死ぬかもしれないと、悟空。

わかったは、それを付けてる間はあんたも胸が痛いからと、ソンミ。

オレに怒ったり憎んだりするな、オレはほんとうに心が痛いんだと、悟空。

わかったわ、そうしないわと、ソンミ。

愛してる、チン・ソンミと、悟空。

そうね、わかってる、ありがとうと、ソンミ。

 

 

カン・デソンがプジャと出会う。

もしかして私を知ってますか?と、プジャ。

カン・デソンはプジャをひき逃げした犯人だった。

そのときに、ジムのタオルを使ったのだ。

私を知っているかと、カン・デソン。

知っています、テレビで見ました、立派な人じゃないですかと、プジャ。

けれど自分はそちらを知らないと、カン・デソン。

 

 

ソンミは牛魔王に告げ口し、雑貨店の孫を捕まえさせる。

売ってはいけないものを売っていたからだ。

 

雑貨店の孫が落としていった黒い鈴を拾うソンミ。

それは、直符使者(チョスンサジャ:저승사자)が使う死の縁を知らせる死鈴(サリョン)だった。

 

鈴がなる。

ソンミの前に現れる悟空。

 

一人は死に、一人は殺す必死(必殺)の運命に会った時、死鈴の哭き声が聞こえると、牛魔王。

 

 

文責:韓国ドラマあらすじ団

スポンサードリンク (sponsored link)

 - 花遊記 , , , , , , ,