韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

イニョプの道(原題:下女たち) 第9話あらすじ・解説 チョン・ユミ、オ・ジホ主演韓国ドラマ

   

チョン・ユミ(정유미)、オ・ジホ(오지호)、キム・ドンウク(김동욱)、イ・シア(이시아)、チョン・ソミン(전소민)主演で、JTBCにより2014年12月12日から放送された

イニョプの道(原題:下女たち:ハニョドゥル:하녀들)

の第9話あらすじ・解説です。

 

イニョプの道(原題:下女たち) キャスト・登場人物(あらすじ含む) チョン・ユミ、オ・ジホ主演韓国ドラマ

 

イニョプの道(原題:下女たち) あらすじ&解説まとめ

※NHKでは2016年4月3日から放送

 

下女たち

 

 

 

イニョプの道(原題:下女たち)作品データ

  • 韓国JTBCで2014年12月12日から放送開始の韓国ドラマ 全20話
  • 脚本:チョ・ヒョンギョン(조현경)
  • 演出:チョ・ヒョンタク(조현탁)
  • あらすじ:朝鮮時代の奴婢の話を描いたモダン史劇で、身分と階級を跳び越える運命克服のストーリーを描いたドラマ。

 

 

イニョプの道(原題:下女たち) 第9話あらすじ

自分達には非がないからと主張した下女たちに文句を言うタンジ

揺れてはダメ、これはなにか間違えばずっと間違ってしまうと、イニョプ

シバジ(씨받이:種付け)に行くと言う人がどこにいるの?と、ケットンイ

けれど一人は行かないといけないって!と、タンジ。

お嬢様に行けと言ってるの?と、サウォリ

私はそうは言ってないわ、一人行かないといけないと言ったのと、タンジ。

それがそういう言葉じゃないの?と、サウォリ。

それならふたりとも行かない方法があるの?違うなら私に行けと?現実的に考えて、ふたりとも行くより、一人が行くのが良いんだからと、タンジ。

 

行廊 (ヘンナン:행랑 )で決まったことをウンギに伝えるパウ

イニョプが行かねばならないと、ウンギ。

 

押されるな、生く道はお前が決めるんだ、気をしっかり持て、強くしておかなければ奈落に堕ちるぞと、イニョプニ告げるムミョン

 

シバジを取る両班を訪ねるウンギ。

ウンギに構わず飯を喰らい酒を飲む両班。

自分の身分を明かし、今は賤婢の身だが、一時は自分と婚礼まで上げた女性だと、イニョプのことを話すウンギ。

戸判(ホパン:호판)宅の嫁に選んだ女だったと聞き、両班はまんざらでない様子だ。

また、金も持つだけ持ち女と戯れたが、妙なことに跡継ぎがいないと、両班。

もう自分の女だと、ウンギ。

関係ない、私は息子を望んでいる、女が必要なのではないと、両班。

酒を一杯飲み干し、貴重な酒を準備してまた来ると、不敵な笑みを浮かべるウンギ。

 

くじ引きをしろと、ユノク

スポンサードリンク (sponsored link)i   

それは運にまかせるんじゃないですか!と、タンジ。

だからくじ引きをしろと、運は作ってやるからと、ユノク。

 

あの子を生かそうと自分が死ぬ訳にはいかない、やろうと、ケットンイに話すタンジ。

イニョプのことを考えてしまい、乗り気ではないケットンイ。

タンジと入れ替わりにカン氏夫人がやって来て、タンジを追い出すようにと菓子とパウとの婚姻で釣り、ケットンイを説得する。

また、反対にイニョプになれば、仕組んだことを義母に告げるとも。

 

ケットンイが取り仕切り、壺の中に『不』『可』の紙を入れてくじ引きをすることに。

どちらもが引かないため、タンジネが壺を奪って引く。

すると『不』の紙だったため、タンジネは食べてしまう。

喧々囂々とするが、残りの一枚を確認すればいいと、イニョプ。

そして引いてみると『不』だった。

サウォリが追求すると、『不』を二枚いれたと白状するタンジ。

また、イニョプがここに残って生きていかれると?すべてウンギ婿様のせいで起きたことじゃない!と開き直る。

ユンソのことも指摘し、重要なのは汚い手を使ったことだ、妖狐のような奴!と、サウォリ。

こうして、大騒ぎが怒る。

そこにやってきて事態を収集するムミョン。

ふたりとも追い出されたくなければ気を正せと告げる。

けれど、プンイによる上典(サンジョン:상전)の犬という言葉に端を発し、オギを追いやったムミョンは責められることになった。

 

証拠の血書や竹簡を足袋に縫い付けるイニョプ。

 

イニョプとタンジのことを見ているだけなのですか、このままでは二人のうちの一人が出なければなりませんと、ムミョン。

どうせ出る人は決まっている、この家を出れば直ちに、あの子は除去される、すでに気まていた問題ではないか、ただ時期が問題だった、チボクが良いようにする、このことはお前の手を離れたと、ヘサン

ムミョンが立ち去ったあと、カゴを準備したとヘサンに報告するチボク。

 

イニョプをかくまってくれと友人に頼むウンギ。

けれど、逆党の娘ということで躊躇する友人。

下女に責任を負って何をするのだ?と言うもう一方の友人を殴るウンギ。

ウンギをたしなめたあと、助けましょうかと告げるカヒア。

お前のような賤妓が出る幕ではないと、ウンギ。

 

ヨンチュンに対して、今日、闘牋(トゥジョン:투전)のケリをつけろと話すタンジ。

 

全財産をヨンチュンとプンイに巻き上げられるカン氏夫人。

頃合いを見てその部屋に入り、騒ぐタンジとタンジネ。

 

ヨンチュンとプンイは、女性を連れたムミョンを見つける。

ヨンチュンはホ・ウンチャムの悪い癖がまた始まったのだと思う。

けれど、実際には、その女性はオギだった。

子供の名前を受けようと危険を承知でやって来たと、オギ。

戻れ、死んだと思われている命、静かに隠れて生きろ、子供の運命を父ではなく母が決める世の中だ、たとえ私の子だと言っても賤女の血筋、つまらない欲心は捨てないとな、そうしてこそお前の命も維持できるのではないか?戻れと、ホ・ウンチャム。

1 2

スポンサードリンク (sponsored link)

 - イニョプの道 , , , , , , , , ,