韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

イニョプの道(原題:下女たち) 第15話あらすじ・解説 チョン・ユミ、オ・ジホ主演韓国ドラマ

   

チョン・ユミ(정유미)、オ・ジホ(오지호)、キム・ドンウク(김동욱)、イ・シア(이시아)、チョン・ソミン(전소민)主演で、JTBCにより2014年12月12日から放送された

イニョプの道(原題:下女たち:ハニョドゥル:하녀들)

の第15話あらすじ・解説です。

 

イニョプの道(原題:下女たち) キャスト・登場人物(あらすじ含む) チョン・ユミ、オ・ジホ主演韓国ドラマ

 

イニョプの道(原題:下女たち) あらすじ&解説まとめ

※NHKでは2016年4月3日から放送

 

下女たち

 

 

 

イニョプの道(原題:下女たち)作品データ

  • 韓国JTBCで2014年12月12日から放送開始の韓国ドラマ 全20話
  • 脚本:チョ・ヒョンギョン(조현경)
  • 演出:チョ・ヒョンタク(조현탁)
  • あらすじ:朝鮮時代の奴婢の話を描いたモダン史劇で、身分と階級を跳び越える運命克服のストーリーを描いたドラマ。

 

 

イニョプの道(原題:下女たち) 第15話あらすじ

 

ムミョンに対して剣を振り下ろす太宗(テジョン:태종)李芳遠(イ・バンウォン:이방원)

けれど、剣は空を斬っていた。

こいつを獄に、背後の逆党を明らかにして、弑逆の罪を問い、斬刑しろと、イ・バンウォン。

 

ホ・ウンチャムに自分が話してみると、イニョプ

大逆罪人なので、むやみに会える状況ではないと、ホ・ウンチャム。

矢を放った人を自分が見た、アジトでも顔を見たことがあるし、道で見て、道からついてきたようだ、ムミョンが殺そうとした者だ、仲間として動く人では絶対にない、このままだと処刑されるのだが、そうすれば満月党に関することも全て埋まってしまう、入って事情を聞いてはダメかとイニョプ。

それなら少し時間をやると、ホ・ウンチャム。

 

矢を放ったのは満月党でしょ?アジトで見た、どうして言わないの?と、イニョプ。

裏切りは十分にした、汚名を着ても、これ以上、党に迷惑はかけられないと、ムミョン。

あんたがまだ満月党とでも思っているの?正気になって、あんたはあちらこちらで捨てられただけよ、真犯人を見つければいいわ、無辜を証明すればいいじゃないと、イニョプ。

出張るな、お前が怪我すると、ムミョン。

私が危機に陥るたびに犠牲となったじゃない、あんたがそんな人だというのを知ってるわ、私もこれ以上逃げないと、イニョプ。

逃げろ、おまえはそうしてもいい、そうしないとと、ムミョン。

いいえ、私も、あんたを守る、私は許したんじゃないけど、このまま送れない、罰を与えるのも私が与え、復讐するのも私がするわ、他の人には渡さないと、イニョプ。

 

何かを得るには私も差し出すものがあるべきでしょうと、ウンギ

お前が怪我したので、疑いは避けたなと、キム・チグォン

スポンサードリンク (sponsored link)i   

 

ウンギを見にやってくるイニョプ。

 

今日はじめて後悔した、高麗(コリョ:고려)の王室の後裔であり、満月党を率いていることを明らかにしたこと・・・嫉妬に目がくらみしていることならもうやめろと、キム・チグォン。

嫉妬ごときではありません、父上は復讐を望まれているのではないですか?心配しないでください、私に計画があります・・・噂を流さないと、父王を押し出し兄弟たちを誅殺した王が、もう子供まで殺したと、そうして民心を離れさせ、決定的瞬間を狙い政変を起こし、すべての反逆を主上の息子ムミョンの手でさせること、それを望まれるのでしょう?と、ウンギ。

このことはイニョプは関係ないことか?と、キム・チグォン。

イニョプは私の正体も、私が誰かも知りませんと、ウンギ。

この会話を外で聞いていたイニョプは短剣を抜く。

けれど、カヒアに止められ別室に連れて行かれる。

なによ?あんたも一味なの?だから阻むの?と、イニョプ。

怪しいのはウンギ若様ではないですか?と、カヒア。

その話を私にする理由は何ですか?と、イニョプ。

私は誰の側でもありませんが、ムミョンが死ぬのを望みません、あなたは、私が知る唯一のムミョンの人だから、ウンギ若様に気をつけてくださいと、カヒア。

 

修羅場になるたびに現場にはお前が居るなと、キム・チグォン。

その背後には常に大監がいらっしゃいますねと、イニョプ。

さっきはどこから勇気が出たのだ?ムミョンのためなら命も惜しくない様子だなと、キム・チグォン。

誰であろうと、悔しさに出会った人は、ただ過ぎ去ってはダメだと思っていますと、イニョプ。

このような冷たいやり取りが何度か続く。

 

ウンギを気遣う言葉を発するイニョプ。

どうしてこのようなんだ?誰かの気持ちでも揺らそうとでも思っているのか?私が昔の、言葉一つで涙するキム・ウンギに見えるのか?と、ウンギ。

ただ正直にしているだけです、旦那様も私に正直に出来ますか?と、イニョプ。

ムミョン、あいつが獄舎で私に何か言おうと、言ってみろ、あいつが私についてなんと言ったのか?と、ウンギ。

互いにもっと知らねばならないことがありますか?私はもう十分に旦那様について知っているのですがと、イニョプ。

それはおそらく昔の私ではないのか?と、ウンギ。

とてもお変わりになったようでと、イニョプ。

出ていけ、私はお前に話してやることも聞くこともないと、ウンギ。

 

ムミョンの元へ、イ・バンウォンがやって来る。

お前と私の縁は来世に押さねばならない、来世ではどうか、知らないふりをしなくても良い、ちゃんとした父子の縁で会おうと・・・と、イ・バンウォン。

こうして話にやって来たのは、他の意図があったからだ。

帰り際に鍵を落とすホ・ウンチャム。

ムミョンの後を追跡し逆党を一掃する狙いだった。

 

髪飾りを貸してくれと、タンジに頼むカン氏夫人

その過程で、タンジたちによって闘牋(トゥジョン:투전)に誘われ身ぐるみ剥がされたことを知り、タンジの髪を掴んで引き倒す。

自分は一人ではないというのです!と、タンジ。

タンジの妊娠が発覚し、夫の子ではないかと疑うカン氏夫人。

そこにトクセが出てきて自分の子だと告げる。

なので奥様には関係ないことだとも。

1 2

スポンサードリンク (sponsored link)

 - イニョプの道 , , , , , , , , ,