韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

商売の神 – 客主2015 第24話あらすじ チャン・ヒョク、ユ・オソン、キム・ミンジョン主演韓国ドラマ

   

チャン・ヒョク(장혁)、ユ・オソン(유오성)、キム・ミンジョン(김민정)、ハン・チェア(한채아)、パク・ウネ(박은혜)主演のKBS2水木ドラマ

商売の神 – 客主2015(チャンサエ シン – ケクチュ2015:장사의 신 – 객주 2015)

の第24話視聴感想(あらすじ含む)です。

商売の神 – 客主2015 キャスト・登場人物紹介 チャン・ヒョク、ユ・オソン、キム・ミンジョン主演韓国ドラマ

 

商売の神 – 客主2015

 

 

商売の神 – 客主2015 作品データ

  • 韓国KBS2で2015年9月23日から放送開始の水木ドラマ
  • 脚本:チョン・ソンヒ(정성희) 『近肖古王(クンチョゴワン)』『自鳴鼓(チャミョンゴ)』 、イ・ハノ(이한호)
  • 演出:キム・ジョンソン(김종선) 『広開土大王(クァンゲトデワン)』『大祚榮(テジョヨン:대조영)』
  • あらすじ:閉門したチョン家客主の後継者チョン・ボンサムが市場の客引きから始め、商団の行首(ヘンス)と大客主を経て巨商として成功する話
  • 視聴率 10.6%

 

商売の神 – 客主2015 第24話あらすじ

 

褓負商(ポブサン:보부상)が集まり官衙の前で猛抗議をする中、ポンサムは尻叩きの刑を受けていた。回数によっては死を免れない刑だ。

謀略を主張し、キル・ソゲを呼んでくれというポンサム。けれど、その主張も聞き入れられない。

処断を下さないミン留守のところに乗り込むキム・ボヒョン

自分を下のものだと思うのか?まだ、宣恵庁堂上(ソネチョン タンサン)だとでも?と、ミン留守。

交泰殿(キョテジョン:교태전)媽媽(ママ:마마)、要するに中殿(チュンジョン:중전)である明成王后(ミョンソンワンフ:명성왕후)の後ろ盾があるから勢いづいていることにムカつくキム・ボヒョン。

 

いつ殺せと言った?二度と私と会わない気?すぐに獄舎から出せと、ソゲに抗議する梅月(ケットン)

口を開けばポンサムと言うケットンに対して声を荒らげるソゲ。そして、シン・ソクチュがそうしていると告げる。また、シン・ソクチュを始め、キム・ボヒョン、他の客主人など、ポンサムを殺したい人間は多い、今回だけは助けられないとも。

彼は私の運命よ、私が助けると言い出ていくケットン。

ポンサムが死ねば新たな運命が始まるだろうと、ソゲ。

 

目を安静にして置かなければならないソンドルだったが、オレの目が重要か?と言い、目の覆いを外す。また、ポンサムを助けるべく3万両が必要だと話す。

ミン留守はミン・ギョモの甥だった。二人のいる前で褓負商(ポブサン)たちの嘆願書と3万両の手形を渡すソンドル。

賄賂かと怒るミン留守。

無辜だとしても、それを証明する物証がないのでどうにもならないと、ミン・ギョモ。

 

牢にやってきたソゲから、シン・ソクチュがお前を殺そうとしていると告げられるポンサム。

シン・ソクチュがどうしてそうしようとしているのか、未だに理由がわからないソゲ。シン・ソクチュが殺そうとしている以上どうすることもできないから、自白して楽に逝けとも。

スポンサードリンク (sponsored link)i   

 

チョ・ソサに談判に行くケットン。けれど、シン・ソクチュに願い出ることはできないと、ソサ。

あんたのせいなのに、命が惜しいのか?と、ケットン。

自分は母だ、自分の命一つであの人を助けられるのなら差し出すが、お腹の中の子が死ぬ、子の父親を助けようと、どうして子を殺せましょうか?と、ソサ。

 

キム・ボヒョンに会いに行くケットン。そして、ミン・ギョモに宣恵庁を奪われたが、ポンサムを助けると20万の褓負商が手に入るとそそのかす。

 

刑罰は続き、瀕死の状態となるポンサム。

ケットンは牢へ行き、丸薬を口に含みポンサムに口移しする。

なんとか意識を取り戻したぽんサムだったが、もうろうとしている意識の中、ケットンをソサだと思う。

 

キム・ボヒョンがポンサムに会いにやってくる。ケットンもやってきて、取引しろ、ぬけ出すのが重要だと、ポンサムに告げる。

生きたいと床に這いつくばりキム・ボヒョンに懇願するポンサム。

そんなポンサムに税穀船に乗ったからわかるだろうがと前置きし、自分の財産増殖を、お前が都接長(チョプチャン:접장)になればしっかりできるのかと問うキム・ボヒョン。尊敬するお前の父の名にかけて言ってみろとも。

けれど、仲間のことを思い出したポンサムはその提案を飲まない。

『我々20万の同輩たちは、わんわん雑種クソイヌになれません!』

そして、自分一人で終わらせてくれとも言う。

 

お腹の子の生母として、最後に挨拶させてくれと、ケットンに懇願するソサ。

付き人のふりをして牢へ入るソサ。そして、料理を振る舞う。すでに箸も持てない状態のポンサムに、食べさせてやる。

涙するソサに、泣かないで、このように一人泣いていると思うと、行く道で落ちる、良い日だ、父さんと姉に会いに行く良い日だと、ポンサム。

あなたを見送れないと、ソサ。

 

屋敷に帰るとシン・ソクチュが部屋で待っていた。

綱を渡されたシン・ソクチュは、私を脅迫しているのか!と声を荒らげる。

道理で言っているのです、この子に生命をくれた人です、どうして養父が実父を殺すのに、この子が大主大人を父と呼び、シン家大客主を継ぎ受けますか?借胎を望んだのは私ではありませんでした、すべてが大主大人の意志でした、新たな生命を生かそうが、新たな生命を終わらせようが、大主大人のお心次第です・・・すまない子よ、この母を許せと、ソサ。

 

ソンドルとトリは牢へ行き、お前を殺そうとしているのはシン・ソクチュか?と問う。

ソサ絡みの事情を話せと?大行首(ヘンス)が怖いんじゃない、あの人に涙を流させる以外に何もしてやれたことはない、なのに・・・と、ポンサム。

 

自分が老いたと話だし、男女の情は財物でも権勢でも切ることができないと、今になってわかったとは・・・と、シン・ソクチュ。また、その代わり子供を丈夫に産み、その約束を守れば、時を見てチョン・ボンサムのところへ行かせてやることもできると語る。

その一方で、書記にミン留守宛の手紙を渡す。

 

書記の動きを掴んだソンドルたちは、書記を痴漢の罠にはめて、懐の手紙を盗む。また、ポンサムを殺せという内容の手紙と2万両を確認する。

そして、代筆家にシン・ソクチュの筆跡を真似させ内容の異なる手紙を書かせ、書記の懐に戻す。

書記はそのことを知らずに、ミン留守に手紙を渡す。

その手紙を読んだミン留守は、褓負商(ポブサン)を官衙に招いた上で、ポンサムの無罪放免を発表する。

その後、ミン留守から手紙を見させてもらうシン・ソクチュ。すると、ポンサムを助けるようにとの請願の文になっていた。

笑うしかないシン・ソクチュ。

 

シン・ソクチュの書いた手紙を読むポンサム。そして、せっかくの証拠なのに燃やしてしまう。

『この文が重要なんじゃない。これは心に刻んでおいて、商売で戦うんだ商売で。六矣廛(ユギジョン:육의전)大行首シン・ソクチュと。オレは商売の技術で競うんだ!商売の、技術で!』

 

商売の神 – 客主2015 第25話あらすじに続く

文責:韓国ドラマあらすじ団

 

スポンサードリンク (sponsored link)

 - 商売の神 – 客主2015 , , , , ,