韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

懲毖録(チンビロク:징비록) 第17・18話視聴感想(あらすじ含む)

      2015/04/20

キム・サンジュン(김상중)、キム・テウ(김태우)、イム・ドンジン(임동진)、イ・ジェヨン(이재용)主演のKBS1大河ドラマ

懲毖録(チンビロク:징비록)

の第17・18視聴感想(あらすじ含む)です。

懲毖録(チンビロク:징비록) キャスト・登場人物

 

懲毖録(チンビロク:징비록)

 

懲毖録(チンビロク:징비록)作品データ

  • 韓国KBS1で2015年2月14日から放送開始の大河ドラマ
  • 脚本:チョン・ヒョンス(정형수)、チョン・ジヨン(정지연)
  • 演出:キ、ウ・サンフィ(김상휘)、キム・ヨンジョ(김영조)
  • あらすじ:リュ・ソンニョン先生が執筆した『懲泌録』の内容を基に、壬辰倭乱が発生する前から李舜臣将軍が戦死した露梁(ノリャン)海戦までの時期に朝廷で繰り広げられる話
  • 視聴率 第17話11.2%  第18話11.4%

 

懲毖録(チンピロク:징비록)第17・18話視聴感想(あらすじ含む)

視聴率は現状維持ですが、他のドラマが春の行楽で下げた中、下げなかっただけまずまずだったと言えます。

ついに李舜臣(イ・スンシン:이순신)が登場しました。謎だった俳優はキム・ソックン(김석훈)となったのですが、個人的には少々弱い気がします。役が人を作り大成するのでしょうか?

 

李舜臣(イ・スンシン:이순신)

 

 

司憲府(サホンブ:사헌부)司諫院(サガヌォン:사간원)の両司から弾劾を受けた李山海 (イ・サネ:이산해)は最終的に平壌で罪が確定し江原道に流刑となる。

また、柳成龍(リュ・ソンニョン:류성룡)も同時に罷免され、官職がない平民として白衣従軍(ペギジョングン:백의종군)をすることとなる。

 

5月7日、玉浦海戦(オクポヘジョン:옥포해전)李舜臣(イ・スンシン:이순신)率いる全羅左水使(チョルラチャスサ:전라좌수사)が誘引策による砲撃で大勝。これにより、藤堂高虎率いる水軍の補給物資などは海の藻屑と消える。

けれど、その前段階で、元均(ウォン・ギュン:원균)率いる慶尚右水使(キョンサンウスサ:경상우수사)が大敗していた。

※この時の日本軍の合議で、全羅左水使が軍域を超えて来たと言っていたが、これは後々ストーリーに関係があるはず。

それでも、煮え湯を飲まされた秀吉は、李舜臣の首をとれと麾下に命ずる。

 

 

天然の要塞と言っていた開城を捨て、再び北へ逃走する宣祖(ソンジョ:선조)。今度は鉄壁の要塞・平壌(ピョンヤン)城に陣取り、臨津江(イムジンガン)を防衛ラインとする。

全道の兵を集めると7万にもなるし、軍用米も十分に確保されているため、その少なくない兵を持ってして日本軍に対応しようというのだ。

一連の戦いにおける初の勝戦譜(スンジョンボ:승전보)をもたらした申恪(シン・ガク:신각)を、命令系統に従わない者として処刑してしまう。

もちろん、先に勝ちの知らせを聞いていればそうはしなかったのだが、判断ミスにより勇猛な武将を失ってしまった。

 

 

懲毖録(チンビロク:징비록) 第19・20話視聴感想(あらすじ含む)に続く

文責:韓国ドラマあらすじ団

スポンサードリンク (sponsored link)

 - 懲毖録(チンピロク) , , , ,