韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

懲毖録(チンビロク:징비록) 第21・22話視聴感想(あらすじ含む)

   

キム・サンジュン(김상중)、キム・テウ(김태우)、イム・ドンジン(임동진)、イ・ジェヨン(이재용)主演のKBS1大河ドラマ

懲毖録(チンビロク:징비록)

の第21・22話視聴感想(あらすじ含む)です。

懲毖録(チンビロク:징비록) キャスト・登場人物

 

懲毖録(チンビロク:징비록)

 

懲毖録(チンビロク:징비록)作品データ

  • 韓国KBS1で2015年2月14日から放送開始の大河ドラマ
  • 脚本:チョン・ヒョンス(정형수)、チョン・ジヨン(정지연)
  • 演出:キ、ウ・サンフィ(김상휘)、キム・ヨンジョ(김영조)
  • あらすじ:リュ・ソンニョン先生が執筆した『懲泌録』の内容を基に、壬辰倭乱が発生する前から李舜臣将軍が戦死した露梁(ノリャン)海戦までの時期に朝廷で繰り広げられる話
  • 視聴率 第21話12.3%  第22話13.8%

 

懲毖録(チンピロク:징비록)第21・22話視聴感想(あらすじ含む)

遼東からの明の援軍が来ることを柳成龍(リュ・ソンニョン:류성룡)に伝えるイム・セロク。喜びもつかの間、平壌城からやってきた伝令から、城が落ちたと聞かされる。

大同江にある浅瀬である王城灘(ウァンソンタン:왕성탄)がバレてしまい、そこから日本軍に攻め入られたのだ。

 

平安道の官衙にいる宣祖(ソンジョ:선조)は落胆する。さらに、咸鏡道まで日本軍が進んでいると聞き一層落胆する。

小西行長は平壌城へ入り、そこにあった軍用米10万石も奪われる。一方で、平壌城を発った宣祖は義州に向けて、続けて移動していた。

また、日本の第2軍は咸鏡道、第3軍は黄海道、第4軍は江原道に移動し、慶尚道の日本軍の後衛は、義兵により足止めを余儀なくされていた。水軍は李舜臣(イ・スンシン:이순신)が連戦連勝しており、日本が形勢不利となっている。

 

兵曹判書(ピョンジョパンソ:병조판서)李恒福(イ・ハンボク:이항복)を呼び、四面楚歌に陥った項羽の心情を例えに情に訴え、戦況が落ち着くまで遼東に言っておくのはどうだろうか?と問う宣祖。

その後、民の母としてと前置きし、自己の逃げ腰ではないような言葉を選びつつ、臣下にも遼東の内附に退避すると告げる。当然ながら大反対する臣下たち。情にほだされた李恒福だけが、一時的な堆肥であることを主張する。

立ち上がるソンニョン。そして、一歩でも国境をまたげば、この国は朝鮮ではなくなると主張する。そして、宣祖が例としてあげた安南国の王は運が良かっただけで、数多くの失敗例があるともいう。

その他の臣下も次々に反対論を主張する。けれど、このような状況になったことを臣下に責任転嫁し、李德馨(イ・ドッキョン:이덕형)に交渉をさせるようにと命ずる宣祖。

むしろ自分を殺してくれと、ソンニョン。また、どうして匹夫の言動をするのかと宣祖をたしなめる。強い口調で匹夫と言われ胸の苦しさを覚える宣祖。その後ソンニョンは李恒福をきつく叱り、しっかりしろとも言う。

光海君(クァンヘグン:광해군)が宣祖へ挨拶にやって来る。一旦は追い返そうとしたが呼び入れる。できることを粉骨砕身すると光海君。

翌日の朝会で分朝(ブンジョ:분조)を宣言する宣祖。保身をたしなめるソンニョン。すると、自分が残り世子(セジャ:세자)を遼東ヘ送ると言い出す宣祖。臣下がそれを是としないことを知っての言動だ。

むしろ良かったと宣祖を切り捨てることを主張する鄭澈(チョン・チョル)。もともと西人(ソイン:서인)はそのつもりだったのだ。

 

明はようやく派兵を決定する。

李舜臣の活躍に苛立つ秀吉前田利家脇坂安治をあてがうことを主張する。そうしろと答える秀吉。

無能で横暴な元均(ウォンギュン:원균)が手柄を横取りすることなどに苛立つ李舜臣の部下。それをたしなめる李舜臣。日本軍を撃退できればよいのだと。

 

ソンニョンは軍用米を集めることを命ぜられる。他の臣下にどちらについていくかと問う宣祖(ソンジョ)。多くの臣下が光海君についていくと言い、気分を害す。空気を読んだ光海君は、身軽いほうが良いと、臣下を分けることを断る。

これからは邸下のいるところが王室で朝廷だと、健勝を願うソンニョン。府院君こそ軍用米を確保するのに肩の荷が重いだろうと、光海君。

 

平安道定州(チョンジュ)へ到着するソンニョン。官衙では兵が民に追い立てられている。ソンニョンもまた官吏と思われめった打ちにあう。

チョンリとシン軍官に助けられたあと状況を調べさせる。王が逃げている状況なので、籠城しなければならないと思った民が反乱を起こしていたのだ。定州だけでなく各地で起きていることもわかる。

対抗するには兵が足りない。そこでソンニョンは頭を捕まえれば良いという。そして、3人の頭がいることがわかり確保することに。誘引策をしかけ、見事に3人を確保する。そして、免責する代わりに軍用米の運搬を担わせる。

そのことが光海君の耳にも入る。何人かの罪を問うべきだと主張する臣下だったが、朝廷と王室のせいだから彼らの罪を問わないという光海君。また、宣祖には告げなくても良いという。

 

宣祖は光海君を寧辺(ヨンビョン:영변)に残し義州(ウィジュ)に到着していた。

ソンニョンが軍用米3千石を集めたことを報告する尹斗壽(ユン・ドゥス:윤두수)。難民の暴挙は許されないと、厳罰を主張する宣祖。

すでに光海君が令書(ヨンソ:영서)を下したと、ユン・ドゥス。国事を渡した状況だからそれを撤回することはできなかった。自虐する宣祖。

1592年6月19日、明からの5000の援軍が義州に到着する。副總兵チョ・スンフンは皇帝からだと銀2万両も持参し渡す。そして、宴を断りすぐに平壌城へ行くという。宴は平壌城で開いてくれと。他の便りはなかったかと問う宣祖。特にはなかったようだ。

銀を臣下に下賜する宣祖。けれど、功を上げた兵に与えて分朝に送ってくれと断る重臣たち。そんなやりとりの中、分朝が朝廷なのかと激昂する宣祖。

 

明の将帥チョ・スンフンは日本軍の力を侮っている。

明の兵部尚書・石星(ソク・ソン)は宣祖が明に来られるようにと、万暦帝に願い出る。仕方なく許可する万暦帝だったが、遼東にある寬奠堡(クァンジョンボ:관전보)の空の官衙だという。そこは女真族のいるところだった。結局、来るなという意味だ。

 

懿仁王后(ウィインワンフ:의인왕후)は下賜された銀を光海君に送るという。

帰ってきたイ・ドッキョンは明の意思を伝える。明に来るなとの返答を知らされ落胆する宣祖。

翌日、分朝と合致すると言い出す宣祖。

敵陣に入って敵陣を混乱させ、官軍と義兵を奨励しようと、江原道に移ることを決める光海君。

 

 

懲毖録(チンビロク:징비록) 第23・24話視聴感想(あらすじ含む)に続く

文責:韓国ドラマあらすじ団

スポンサードリンク (sponsored link)

 - 懲毖録(チンピロク) , , , ,