韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

神の贈り物 - 14日 第3話あらすじ後半 賜薬だ!、決心、再会、強力、スカルTシャツの女

   

イ・ボヨン(이보영)、チョ・スンウ(조승우)主演の神の贈り物 - 14日(シネ ソンムル – シプサイル:신의 선물 – 14일)

第3話のあらすじ(ネタバレあり)後半です。

神の贈り物 - 14日 キャスト・登場人物紹介 イ・ボヨン、チョ・スンウ主演韓国ドラマ

 

 

神の贈り物 - 14日

 

 

神の贈り物 - 14日 第3話あらすじ

賜薬だ!

飛行機の中のスヒョンセッピョル。これで大丈夫だと安心し眠るスヒョン。CAはセッピョルにアイスクリームを勧める。

家に帰ったトンチャンチュ・ビョンウに抱きつく。そして、キャラメルマキアートやら韓牛やらを見せ機嫌を取る。なにか悪いものでも食ったのかと、チュ・ビョンウ。

今までのことは忘れてくれ、父のようにかしずくと、更に機嫌を取る。『おまえ、どこか悪いのか?』と、チュ・ビョンウ。自分になにか話があるはずだと、トンチャン。

あるというチュ・ビョンウは、あまりのトンチャンの変わりぶりに、病院に行けという。そして急に苦しみだす。けれど、ただ便意を催しただけだった。

チュ・ビョンウがトイレに行っている間に、ふと彼が心臓麻痺で死ぬことを思い出す。23日だった。トイレから出てきてキャラメルマキアートを飲もうとするチュ・ビョンウ。それを取り上げるトンチャン。

『コーヒーが心臓にどれだけ悪いか知ってるか?これは賜薬だ賜薬!』と言って流しに捨ててしまう。(※賜薬は死刑の時に王に賜る毒薬)

 

決心

飛行機の中のセッピョルが苦しんでいる。CAに問うとくるみアイスを食べたのだと答える。セッピョルにはアレルギーがあり、アナフィラキシーショックを起こしたようだ。こうして直ぐに病院にかなければならず、韓国に戻ってしまう。

病院でふたたびセッピョルに危険が迫っていることを訴えるスヒョン。けれど、チフンにはおまえがセッピョルを危険な目に合したんだと言われる。

セッピョルのベッドの中で、ふと、カフェの主人の言葉を思い出す。避けられないのだから戦えと言っていた。こうして、自分が犯人を捕まえてセッピョルの運命を変えるしかないと決心する。

その後事件の情報をボードに書き出し考察するスヒョン。そして、キーになるのは被害者が来ていたスカルTシャツだという結論に至る。

狂った奴と思われても構わない、二度とセッピョルを送ること(葬送)はできないと言い家を出るスヒョン。

 

スヒョンはトンチャンのことを思い出し、会いに行こうと決心する。マンションの門の前にヨンギュがいた。セッピョルとは遊ばないと、スヒョンを怖がるヨンギュ。スヒョンは彼の足元を見て靴を買ってやる。

ヨンギュにもセッピョルを守ってくれるようお願いして約束する。そして、以前のことを謝る。もちろんヨンギュにはまだ起きてないことだ。

1 2

スポンサードリンク (sponsored link)

 - 神の贈り物 - 14日 , , , ,