韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

神の贈り物 - 14日 第8話あらすじ前半 視聴率10.6% 事件発生9日前、ミナへの懇願、わたしがママを、引っ越し

      2014/03/27

イ・ボヨン(이보영)、チョ・スンウ(조승우)主演の神の贈り物 - 14日(シネ ソンムル – シプサイル:신의 선물 – 14일)

第8話の視聴感想(あらすじ含む・ネタバレあり)前半です。

神の贈り物 - 14日 キャスト・登場人物紹介 イ・ボヨン、チョ・スンウ主演韓国ドラマ

 

神の贈り物 - 14日

 

 

神の贈り物 - 14日 作品データ

  • 韓国SBSで2014年3月3日から放送開始の月火ドラマ 全16話
  • 脚本:チェ・ラン(최란)  『一枝梅(イルジメ)』
  • 演出:イ・ドンフン(이동훈)  『パリの恋人』『タチャ』
  • あらすじ:死んだ娘を取り戻すために、2週間前にタイムスリップする母の物語。
  • 第8話放送日:2014年3月25日 視聴率:10.6%

 

神の贈り物 - 14日 第8話あらすじ

チフンの横暴

ミナの家に現れたチフン。最後まで自分を脅迫するのかとミナの頬をひっぱたき、『病院を予約した、行け』と言いメモを渡し帰ろうとする。『待ってよ』と、ミナ。

一方で、落ち込むスヒョンを慰めるトンチャン。セッピョルさえ助かればいいと言い、去っていくスヒョン。

ミナは手術確認書をチフンに見せ、『あなたの子供、あなたの望み通り殺したわ。もう心の内は楽でしょ!?』と言い涙ぐむ。

二度と連絡するなと、その用紙を投げ捨てて去るチフン。その会話を聞いていたセッピョルだったが、寝たフリをしてやり過ごそうとする。

スヒョンがチフンとミナの写真を見つけたのはその後の事だった。

トンチャンは警察署を訪れてチャン・ムンスに食って掛かる。教えられたヒントが違っていたからだ。けれど、本当に300mmのレンズを買っていったというチャン・ムンス。けれど、その男は現金で買っていったので二度と見つけられないだろうともいう。トンチャンを引き離すホグ

怒りに任せ、セッピョルを連れて夜道を歩くミナ。皆を振りきりかけ出すセッピョル。そんなセッピョルを追いかけるミナ。二人は交差点にさしかかり、車に轢かれそうになってしまう。セッピョルを突き飛ばすミナ。

 

事件発生9日前

トンチャンを呼びミナのマンションに乗り込むスヒョン。そこには手術確認書とビリビリに破かれたセッピョルが描いた家族の絵があった。

すでに手術をしたのだと思うスヒョン。そして、事件前にセッピョルを最後に見たのはミナだったという。

事故現場にはセッピョルの赤いくつが片方転がっていた。

二人が病院に行くとミナはベッドで寝ており、セッピョルは無事だった。ミナが自分を助けて怪我をしたのだというセッピョル。ミナは下半身から血を流しお腹を抑えていた。

流産だという医師に、うちの子が危なくなるからその子を助けてくれというスヒョン。そして、チフンに電話を入れ、すぐに韓国病院に来いという。

靴が失くなったのでトンチャンと買いに行くセッピョル。自分を世話してくれるトンチャンに、より好意をもつ。そして、あのおじさんを見たという。

二人が病院に戻るとチフンが慌てた様子で病院内を走っていた。屋上で待つスヒョン。事件前はウジンのことで自分を避難していたチフンをひっぱたき、『わたしじゃなくて、あなたのせいでウチのセッピョルが悪くなるのよ』と、スヒョン。

続けて、セッピョルを救うために、ミナの中のあなたの娘を救い出せ、あなたがそのことをよく知っているじゃない!と言う。誤解があるようだというが、話を聞かないスヒョン。

セッピョルに何かあったら二人を殺してやる、あなたがセッピョルを殺したのよ!と泣きながら訴えるスヒョン。そこにトンチャンがやって来て、セッピョルには何も起きない約束するとスヒョンをなだめる。そして、ミナの子供は無事だと聞かせると、スヒョンは腰が抜けてしゃがみ込む。

 

ミナへの懇願

ミナの病室に行くスヒョン。カフェの主人が言っていた、どちらかが消えれば終わる運命だと言う言葉を思い出し、皆の首を絞めようとする。

目を覚ましたミナはお腹をかばう。『あなたの子は重要なのね。それとともに、人の子を殺そうと思ったの?』と、スヒョン。『姉さんがセッピョルを大切なほど、わたしもこの子が大切なの。姉さんがセッピョルを守りたいほど、わたしもこの子を守りたいのよ!』と、涙を流すミナ。

『それでうちのセッピョルを殺そうとしたの?』と、スヒョン。『セッピョルを助けようと、わたしの子を死なすところだったわ』と、ミナ。

『嘘をつかないで!あなたがセッピョルを殺そうと・・・』と、スヒョン。『そうよ!みんな殺したかった。姉さんもセッピョルもみんないなくなればいいわ。そうすれば、ハン弁護士はすべてが私のものになるじゃない』と、ミナ。

『あんたがどうしてわたしにそんなことができるの!あいつは誰なのよ!』と、スヒョン。トンチャンがそれを止めに入る。興奮したスヒョンは止まらず、子を産めばいい、セッピョルに何かあれば地獄まで追いかけて殺してやるという。

けれど、急に態度が変わり、『ごめん、わたしが悪かった。ハン・ジフン、あんたが持って行って。持って行きたいものはあんたが持って行って。代わりにうちのセッピョルだけは助けて!セッピョルさえいれば何もいらないわ。約束したわよ!』と、錯乱気味のスヒョン。

1 2

スポンサードリンク (sponsored link)

 - 神の贈り物 - 14日 , , ,