韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

奇皇后 最終回(第51話)あらすじ3/3 皇太后の死、ヨム・ビョンスの死、元の瓦解 、タファンの死、おまけ動画

      2017/08/22

ハ・ジウォン(하지원)チュ・ジンモ(주진모)チ・チャンウク(지창욱)主演の韓国ドラマ

奇皇后(キ・ファンフ:기황후:きこうごう)

の最終回(第51話)あらすじ3/3です。

あらすじは韓国での放送時のものです。

奇皇后 キャスト・登場人物紹介

奇皇后(きこうごう)人物相関図

 

 


麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~ 特集ページ

 

 

奇皇后

 

奇皇后あらすじ

皇太后の死

大明殿で喀血したタファンを寝殿に連れ帰るスンニャン。すべてトンマンに聞いたとタファンに言う。

『どんな話をどのように聞いたのかしらないが、朕は、おまえを置いて死にはしない。わたしの皇后と太子とともに長く幸せに暮らさないとな。死ぬとは誰が死ぬというのだ?』と、タファン。

タファンに抱きつき、再び立ち上がれるようにさせてみせると言い、涙を流すスンニャン。

 

皇太后殿で湯薬を飲む皇太后。そこにスンニャンがやって来る。感業寺(カモプサ:감업사)に送ると?と、皇太后。

死んで当然の罪だがと、スンニャン。皇宮を去らない、どうしてお前のような高麗女に追い出されねばならない?と、皇太后。そして、直後に血を吐く。

『私は、私は死んでも皇宮の鬼神になるわ。私が去るだと?私がここの、内命婦(ネミョンブ:내명부)の主人なのに、私が!!!』と、皇太后。こうして絶命する。

トンマンが入ってくる。『自害した。死体を焼き、皇宮外に捨てよ』と、スンニャン。

 

ヨム・ビョンスの死

続いて、ヨム・ビョンスの捕縛が行われる。一旦、高麗村に逃げようというヨム・ビョンス。村民に恨みを買っているが、逃げるには最適の場所だ。けれどその動きを目で追っていたパン・シヌ。

高麗村で彼らを押さえるチョッコとパン・シヌ。ようやくお前の汚い命を終わらせることになると、感慨深げだ。

高麗村の民達は殺せと叫びつつ、引っ立てられるヨム・ビョンスについていく。スンニャンの前に到着するヨム・ビョンス。

『同族の血を吸い込んで、実に長く生きているのだな』と、スンニャン。

『国が民を飢えさせて殺すのに、何でも吸い込んで生きなければならないのではないのか?お前も、お前も生きるために他人を踏みにじってここまで来じゃないか。お前は皇后になり、オレは出世もできず。それがどうして、お前とオレと違うところが何があるんだ?』と、ヨム・ビョンス。

『お前の罪が何か、ほんとうにわからないのか?』と、スンニャン。

『あ~、オレの罪・・・気運が汚く、無いこと、それで、よりによって生まれても、この高麗のようなお粗末な国に生まれたこと。それが罪なら罪だろう。もっとあるなら、どうか教えてくれ。オレが一体何の死ぬべき罪を犯したのか!!!』と、ヨム・ビョンス。

『殺せ、殺せ、元の犬のようなやつ!』と言い、投石する高麗村民。

『オレはヨム・ビョンスだ!お前たちはどれくらい堂々として優れていたのか?この無知で愚かな奴ら!!!』と、叫ぶ。

憤慨した民たちはヨム・ビョンスたちを叩き殺す。直視し涙するスンニャン。どうして泣くのかと問うパン・シヌ。

『国が完全だったなら、ヨム・ビョンスもまた、高麗で良い夫・良い父になったはずです。あの姿もまた、保護を受けられなかった哀しい高麗の民の姿ではないですか?』と、スンニャン。

その後、高麗から連れて来られた貢女たちを見つけたスンニャン。国としては貢女を取っていないものの、高官たちが妾とすることが流行っているのだ。休ませた後、高麗に帰すようにとトンマン告げる。

 

元の瓦解

数年後、高麗王に兄達が殺されたという報告を受けるスンニャン。確かに皇后さまの兄達は凶悪な罪を犯したが、王になれた恩を仇で返し反元政策を取り、皇后さまを混乱させた罪をあの者に問うと、パク・ブラ

けれど、元が繰り返される反乱と凶作に苦しんでいると、スンニャン。それでも決断を下してくれと、パク・ブラ。

スンニャンは瀋陽王に対して、高麗王を削除する準備はできたかと問う。『はい』と答える、瀋陽王。

 

更に数年後、タルタルが戦死したという知らせを受けるスンニャン。反乱軍が大都に押し寄せてきているため、退避すべきだと進言するパク・ブラ。師父の死に涙を浮かべるスンニャン。

タルタルの生前の言葉を思い出すスンニャン。

『敵が黄河を越えました。今防ぐことができなければ、まもなく大都が危険になるでしょう。もし私が帰って来られず、国が、大都が危険になれば、遅滞なく北に行ってください。以前の広大なモンゴル草原が空いています。そこならば、後日を企することもできるでしょう』

 

タファンの死

タファンのいる寝殿へ行くスンニャン。反乱軍がどうなったのかと問うタファン。『心配なさらないでください。大丞相が勝利の報を持ってきました』と、スンニャン。

咳き込むタファンだったが、その知らせを聞き良かったという。

『陛下、もしかして私と共に北方の草原を走りたくはありませんか?元の都ではないですか。私は陛下とともに、そこに行きたいです』と、スンニャン。

『そうだな、そうだな、私の皇后が望むなら、どこに行けないというのか』と、タファン。外に用意してあると、スンニャン。

『ヤンイ、耳が、耳が痒い』と、タファン。膝枕にタファンを寝かすスンニャン。そして、耳かきを始める。

『私がムスリで初めて会った時を思い出します。陛下は私に耳が痒いっとおっしゃったでしょ。その時私が・・・』と、スンニャン。

スンニャンの手を握るタファン。

『愛している。愛しているヤンイ』と、タファン。

『私も陛下を愛しています。心から・・・私が陛下を・・・』と、スンニャン。

その刹那、スンニャンの手を握っていたタファンの手が力なく落ちる。

呆然とするスンニャン。そしてタファンを抱きしめ泣く。

『心から・・・』

 

エピローグ

大青島(テチョンド)でスンニャンとタファンをワン・ユが連れに来たシーン。どちらの馬に乗るか躊躇した時のことだ。

 

本ドラマは奇皇后(キ・ファンフ:기황후)の生涯をドラマ的に再構成しました。

1368年、奇皇后は朱元璋に大都を征服され、北側の草原地帯に退き北元を建国した。奇皇后の息子アユシリタラは北元の皇帝となった。

 

おまけ ノースケイプ 奇皇后

協賛企業による輪廻後の二人の物語です。本編でのスンニャンは、来世でもその来世でもワン・ユのもとへ行くと言っていましたが・・・。心変わり?(笑)

追記:リクエストがあったので内容をざっくりと訳します。今回は意訳にしました。

 

650年後。

毎夜同じ夢を見る女性。長い関係の恋人のように優しく見える人。Nのマークのペンダントは鮮明に覚えているものの、起きるといつも彼の顔がぼやけ思い出せない。

そのことをチャット相手に伝える。

 

カメラを持ったトレッキング中の男性は、目に止まった女性の写真を撮る。部屋のコルクボードにその女性の写真を何枚も張っている。

長い関係の恋人のように、話をしなくてもあなたを感じることができる。けれど、あなたの顔を除けば知っていることがひとつもないね・・・。

チャットが入る。送ってくれた絵は、夢に出てくる男性とだんだん似てくると、感謝する女性。また、昨日もその男性の顔が更に見えたと報告する。

そうして聞かされた情報を元にモンタージュを描く男性。出来上がった絵は自分と瓜二つだった。

頼まれた男性のモンタージュが完成し、来週の小さなギャラリーでの個展に来てくださいますか?と、招待する男性。そこに絵を飾るのだ。

 

ギャラリーに赴く女性。自分が夢に見た通りの絵がそこにあった。

『夢の中の男性の顔であってる?』

女性が振り向くと、絵と同じ顔の男性がそこにいた。その男性も驚く。チャットの相手は、長い関係の恋人のようだと思った女性だったのだ。

男性の胸で輝くNの文字のペンダントを見て更に驚く女性。

『わたしたち、いつか会ったことがあリますか?』 

二人のそばには女性を撮影した写真も飾られていた。

 

”長い時間を経て、また愛が始まります”

 

奇皇后 最終回(第51話)3/3へと続く

文責:韓国ドラマあらすじ団

スポンサードリンク (sponsored link)

 - 奇皇后 , , , , , ,