韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

きれいな男(キレイな男) 最終回(第16話)あらすじ2/3

   

チャン・グンソク(장근석)、IU(アイユー:아이유)主演の韓国ドラマ・キレイな男

(きれいな男:綺麗な男:美しい男: 原題:イェップン ナムジャ:예쁜 남자)

の最終回(第16話)あらすじ(ネタバレ含む)&感想2/3です。

キレイな男 キャスト・登場人物紹介

 

きれいな男

 

きれいな男 あらすじ

ポトンと名付けた理由

株価操作の疑いで、検察に召喚されることになったマテ。間違ったことをしてないから、調査さえ終われば開放されるだろうとダビドゥにいう。

けれど、問題はそれだけではなかった。新しい契約書が消えてしまっていたのだ。そのころ、トクセンが契約書をナ・ホンナンのところへ持って行っていた。しばらく身を隠してはどうかというナ・ホンナン。

この2つの件はニュースにもなる。マテは検察から厳しい取り調べを受ける。ポトンもそのことを知ることになり、急いでダビドゥのところに駆け込む。

『ちがうでしょ?オッパがそんなことあるわけが。わたしたち、あの時たしかに契約したじゃない!』と、ポトン。すべての証拠が消えたんだと答えるダビドゥ。ポトンは、ナ・ホンナンのしわざだと憤る。自分が行けないので、ダビドゥにマテの傍に行ってくれと懇願するポトン。

ダビドゥはソファーにポトンを座らせ、自分の車にポトンと名づけたを話しだす。今はそんな時じゃないと言おうとしたポトンだったが、ダビドゥは続けて、マテは会社にポトンと名づけたんだと言う。自分が好きなポトンさんの名前を車につけたように、トッコ社長は、会社にポトンさんの名前をつけたんだと。

自分の人生から出て行けと言われたのにと、ポトン。

『馬鹿だね。ポトンさんは馬鹿だ。ポトンさん、トッコ社長の母親が残した遺言のことだけど、暗号。その暗号が、その暗号が、まさにポトンさんなんだよ。キム・ボトン。お母さんがどうしてポトンさんを暗号にしたんだろう?

トッコ社長のそばにポトンさんがいれば、幸せだと知っていたから、トッコ社長の人生で一番大切な人が、まさにポトンさんだから。だから、暗号を残されたんだよ』と、ダビドゥ。

『本当にわたしが暗号なの?』と、ポトン。

『前もって言えなくてごめん。ボクがこの事を言えば、ポトンさんがオッパのところへ行くかと、ボクがちょっと欲張って・・・オッパもすべてわかってるはずだよ。ポトンさんが暗号だということを。だから、すぐにオッパのところに行って。今、トッコ社長に最も必要な人は、まさにポトンさんです』と、ダビドゥ。

『チーム長、わたし、ほんとに行っていいの?』と、ポトン。『まあ、送ってくれなんて言わないで。それで、ぼくの最後のプライドを守ってよ』と、ダビドゥ。泣きじゃくるポトン。こうして、ポトンを見送りだすダビドゥ。ポトンはごめんとしか言えなかった。

一人残されたダビドゥも涙するしか無い。

1 2

スポンサードリンク (sponsored link)

 - キレイな男 , , , , , , , , ,