韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

きれいな男(キレイな男) 第4話あらすじ 視聴率4.3%

      2013/12/05

チャン・グンソク(장근석)、IU(アイユー:아이유)主演の韓国ドラマ・キレイな男

(きれいな男:綺麗な男:美しい男: 原題:イェップン ナムジャ:예쁜 남자)

の第4話あらすじ(ネタバレ含む)&感想です。

キレイな男 キャスト・登場人物紹介

 

  • 放送開始日:2013年11月20日
  • 放送局と曜日:KBS2水木ドラマ
  • 第4話放送日と視聴率:2013年11月28日 視聴率:4.3%

きれいな男

 

あらすじ

第2の女はエレキ仙女で、課題は『人の心を操作する方法』だ。

ユラの目の前にはエレキ仙女がいる。マテが訪ねて行くので、何かとよろしくというユラ。なにか大きなことをしようとしているようだが、通話の内容をこうして聞いてもいいのかと問うエレキ仙女。

実は、訪ねてきたのはエレキ仙女の方だった。エレキ仙女の心を読もうとするユラ。恐れ多くも、誰の心を読もうとしているんだと思うエレキ仙女。

エレキ仙女は、マテには自分の女を女王にする気運があるといい、大きな夢を叶えてくれという。そして、去ろうとして一言付け加える。マテと一緒にいると、大きな成功を手にするが、代わりに娘に災いが降りかかるのだという。

今6歳だが、12歳を見ずに死んでしまうというエレキ仙女。あなたはニセの巫女だ、神気はない、人の心を利用しているというユラだったが、エレキ仙女にその確証があるのか?と言われたじろぐ。

さらに、重要なのは、マテとともにいれば、あなたの娘は死ぬということを聞いたことで、そのため、娘を心配せずにはいられないだろう、なぜなら、わたしが100%偽物だと確信が持てないからだと言われる。

これはエレキ仙女によるユラの心のコントロールだった。こうすることで、マテを見るたびに娘の死が思い浮かぶように仕向けたのだ。

自分にこうする理由はなんだ?と、目に涙を浮かべて言うユラ。エレキ仙女は、ただ見えたものを伝えたまでだという。

 

ホームショッピングで靴下を売ろうと、マテにしきりにう言うポトン。マテのことをダビドゥに伝えに行くポトン。その会話の中で、マテのことをイェップン・パップン・ナムジャだと認識するダビドゥ。きれいで忙しい男という意味だ。ダビドゥの中ではその2つともがナップンナムジャ(悪い男)だ。

エレキ仙女に会いに行くマテ。ダイレクトに通されると思っていたのに待たされることに。うたた寝をしていると、知らないおばさんにスリスリされてしまう。目覚めて驚き『ママ』というマテ。おばさんは『叔母さん』とでも言ってくれと冗談を言う。

エレキ仙女に会うマテ。本物でも偽物でも関係ない、自分がここまで来た理由は、『人の心を操作する技術』を学びに来ただけだというマテ。

マテを帰した後、マテの美しさにやられそうなことを自覚するエレキ仙女。

ユラに会いに行くマテ。ユラは先日のことがあり、少々ヒステリックだ。けれど、すぐにスラスラと教えるということは、自分が巫女ではないことをばらすということだから、そんなことはないはずだと、的確にアドバイスをする。

そして、彼女が本物か偽物かということはポイントではなく、女だというのがポイントだ。あなたはトッコ・マテよと、マテの武器を自覚させる。

 

その後、ポトンに呼ばれてMGホームショッピングに行くマテ。よりによってなんでここなんだという。しかも、散々バカにしていた靴下について、『お金だろうとモノだろうと、大事にすれば大事に育つんだ』と言う。呆れるポトン。

ポトンは結婚が無くなったことを聞き喜ぶ。

ダビドゥと初めて合うマテ。『お前だな、キレイで、忙しくて、悪いオッパ』と、ダビドゥ。『お前だな、男版キム・ポトン』と、心のなかでつぶやきつつ握手する二人。互いに手に力が入る。

1 2

スポンサードリンク (sponsored link)

 - キレイな男 , , , , , , ,