韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

彼女は綺麗だった 最終回(第16話)視聴感想(あらすじ含む) ファン・ジョンウム、パク・ソジュン、コ・ジュニ、シウォン主演韓国ドラマ

   

ファン・ジョンウム(황정음)パク・ソジュン(박서준)コ・ジュニ(고준희)シウォン(시원)主演MBC水木ドラマ

彼女は綺麗だった(クニョヌン イェッポッタ :그녀는 예뻤다)

の最終回(第16話)視聴感想(あらすじ含む)です。

彼女は綺麗だった キャスト・登場人物紹介 ファン・ジョンウム、パク・ソジュン主演韓国ドラマ

 

 

彼女は綺麗だった

 

 

彼女は綺麗だった 最終回(第16話)視聴感想(あらすじ含む)

 

楽しく視聴したドラマでした。特に11話の途中まではとてもクオリティーが高く、うるっとくるシーンも多くあり、高い没入度で視聴することができました。

その後はハッピーエンディングに向けてのソフトランディングという印象で、視聴率は最終回が15.9%、第13話の18%を超えることができませんでした。

 

個人的なピークだった第11話が17.7%、ここまでは全く下げること無く上昇していた視聴率が、第12話で16.5%に。やはり韓国の視聴者も第11話でワンクッション置いたようです。

そのため、11話までのクオリティーを保っていれば20%を超えることができたのではないかと思うと、後半は少々残念でしたね。

視聴率の詳細グラフはこちら → 韓国ドラマランキング

 

編成上の理由なのか俳優との契約のためなのか、不本意にも水曜終了となったのも、最後のひと伸びに欠けた要因でしょう。

ひょっとすると、制作陣がこれ以上ストーリーを展開させるのは無理だと思ったのかもしれません。実際に最終回は振り返りのシーンが多く見受けられました。

 

今年は、というより、年々ドラマの視聴率が下落傾向に有る韓国ドラマですが、第11話までは『プロデューサー』に匹敵するレベルだったと思っています。

ただ、最後まで突き抜ける力を、超一流の作家と演出ほど持っていなかったのでしょう。この点はそれぞれの次回作に期待したいところです。

本来なら12話完結で編成できればよかったのでしょうね。そうすれば完璧なドラマでした。

 

もう一つの不満点はシニョクハリがくっつかなかったことです。完全にくっつかないまでも、それを匂わせるエッセンスを散らして欲しかったなと。

通常はここまでやるとやり過ぎなのですが、誰も悪い人のいないハッピーなドラマなので、とことんハッピーを追求して欲しかったです。

スポンサードリンク (sponsored link)i   

 

ところで、最後のシーンにヘジンとソンジュンの子供が出てきましたね。この子は今のところ現在のヘジンに似ているのですが、逆に将来ヘジンママに似た美人遺伝子が活性化して反正するのでしょうかね?

こんな風に↓

 

チョン・ダビンに注目!

チョン・ダビン

今回はヘジンの子供時代と妹という一人二役を演じたチョン・ダビン。16歳(2000年生まれ:韓国式)にしてすでにキャリア11年という子役出身の女優です。カテゴリー的にはまだ子役かな?

根の深い木(プリキプン ナム:뿌리깊은 나무)に出演していた頃が12歳だったのですが、その頃はまだ可愛らしい子どもという印象でした。(同年のミス・リプリーにも出演)

直近の写真を見てもわかるように、順調に成長していますよね。韓国では日本以上に子役出身で成功する俳優が多いので、彼女もきっとそんな女優になりそうです。

 

 

食わず嫌いにご用心!

今回は高視聴率ドラマを見逃してはならないという思いで、当作品を後追いで視聴し始めました。

個人的に、苦手な俳優が出ていると敬遠しがちで、ファン・ジョンウムがまさにそんな女優でした。

けれど、良い作品は良いのです!

そこには理由があるんですよね。

逆に、好きな俳優が出ていても、ダメなものはダメなんです。今年で言えば、君を愛した時間(ノルル サランハン シガン:너를 사랑한 시간)がまさにそうで、ハ・ジウォン主演にもかかわらず、あまり面白くありませんでした。

ボクの場合、俳優の好き嫌いより、作品の善し悪しに重きを置いています。だから、好きな俳優が出演していても、ダメなものはバッサリ切り捨てます。(いらぬ軋轢を生むことも:汗)

この『彼女は綺麗だった』は、改めて食わず嫌いをせずに視聴してよかったと思っています。こんな素敵なドラマを食わず嫌いのせいで見逃すなんてありえませんから!

 

『彼女は綺麗だった』が終了したことで、水木は当面の間『商売の神』に専念できそうです。

ただ、月火に少々問題が。

現在、六龍が飛ぶ( ユンニョンイ ナルシャ:육룡이 나르샤)にはまって視聴していますが、同時間にソ・ジソプが帰ってくるのです。

彼が出演するドラマはかかさず見るようにしているのですが、正直な所相手役のシン・ミナがイマイチなんですよね~。ボクの中で彼女もいわゆる食わず嫌い系の女優なのです。

それでも、今回の学習経験から、視聴は必須だなと思っています。

 

『六龍が飛ぶ』はあらすじに時間が掛かるドラマであるため、『オー・マイ・ビーナス』はあらすじを起こせません。やって視聴感想だけになりそうです。

実は華政(ファジョン:화정)もまだ諦めてないので、残り20話をなんとか仕上げたいと思っています。

1日があと5時間長かったらな~。

 

文責:韓国ドラマあらすじ団

スポンサードリンク (sponsored link)

 - 彼女は綺麗だった , , , ,