韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

雲が描いた月明かり 最終回(第18話)あらすじ パク・ボゴム、キム・ユジョン主演韓国ドラマ

      2016/11/19

パク・ボゴム(박보검)、キム・ユジョン(김유정)主演KBS2月火ドラマ

雲が描いた月明かり(クルミ クリン タルピッ:구르미 그린 달빛)

の最終回(第18話)あらすじです。

 

雲が描いた月明かり キャスト・登場人物紹介 パク・ボゴム、キム・ユジョン主演韓国ドラマ

 

 

雲が描いた月明かり

 

 

 

雲が描いた月明かり 作品データ

  • 韓国KBS2で2016年8月22日から放送される月火ドラマ
  • 脚本:キム・ミンジョン(김민정)、イム・イェジン(임예진) 『Who are you 学校2015』
  • 演出:キム・ソンユン(김성윤)、ペク・サンフン(백상훈) 『Who are you 学校2015』
  • あらすじ:一国の世子が、内侍と愛に陥った!ツンデレ世子イ・ヨンと男装内侍ホン・ナオンの予測不可能宮中偽装ロマンス
  • 視聴率 第18話22.9%  視聴率グラフはこちら → 韓国ドラマランキング

 

 

雲が描いた月明かり 最終回(第18話)あらすじ

 

少し長い旅に成るかもしれない、けれど約束する、お前と邸下(チョハ:저하)のそばに必ず戻ると・・・

ピョンヨンは眠っているラオンを眺めたあと、何も告げること無く旅立つ。

 

ヨンの腕輪が切れた時の夢を見るラオン。

 

湯薬を飲み倒れるヨン。

 

邸下、邸下と別れた日の夢を見ました、幸せな夢でしょう?そのようにでも、邸下に会うことができたからと、心の中でつぶやくラオン。

すると、やってきたチョン若様が、丁若鏞(チョン・ヤギョン:정약용)の屋敷の門をけたたましく叩く。

急いで入宮なさらないといけません、毒殺の試みがありました、今、世子(セジャ:세자)邸下が危篤ですと、チョン若様。

腰から落ちるラオン。

 

第18話タイトル:雲が描いた月明かり(クルミ クリン タルピッ:구르미 그린 달빛)

ラオンを恵民署(ヘミンソ:혜민서)から来た医女だと言い、顔を隠した状態で入宮させようとするチョン・ヤギョン。

門番に止められたが、チョン内官が飛んできたので、すんなり入ることが出来た。

床についているヨンの手を握り涙するラオン。

介抱後、意識を取り戻すヨン。

けれど虚ろな状態で、ラオンが眼の前に居ることさえ明確にはわからない、あやふやな様子だ。

そこにハヨンがやって来る。

スポンサードリンク (sponsored link)i   

 

ヨンが倒れたことを知る中殿(チュンジョン:중전)

 

毒物は湯薬ではなく器の方に仕込まれていた。

だから、ハヨンの銀の指輪が変色したのだ。

幸い少量しか口にしておらず、ヨンも毒に強い方だったので事なきを得る。

先生のおかげだと礼を言い、自分が目覚めたことを秘密にしてくれと、ヨン。

死んだ人間が生き返ったら、どれほど嬉しがるか期待すると、政敵の出方を伺うつもりのようだ。

 

ソン内官はヨンのことをキム・ホンにも告げる。

 

さっきすれ違った医女がどうしてもきになるハヨン。

違うはずだと思っても確認せずにはいられないようだ。

 

眠ったままのヨンの世話をしているラオン。

去ろうとした時、ヨンに手を引っ張られる。

ラオンのしている口あてを外すヨン。

見間違ったのではなかったな・・・と告げる。

邸下が危篤ということで・・・と、ラオン。

目を覚ましたのに、お前じゃないのかと、どれだけ心配したのか知っているか?捕まえたのに、お前じゃないのかと、しばらくためらった・・・と、ヨン。

邸下、おじいちゃんと約束しました、邸下に絶対に知られぬよう、用心して何日か残ると・・・だから、もう少しだけ知らないふりをしてくださいと、ラオン。

ラオンの手首に、切れて散らばったはずの自分の腕輪を見つけるヨン。

ずっと知らないふりをしてやるので、私のそばにいろ、わたしがすべて良くなるまででも・・・。

 

この様子を戸の隙間から目にしてしまうハヨン。

嫌な予感は的中してしまった。

 

ようやく警護がゆるくなったので、ヨンの見舞いに来ることができた淑儀 朴氏(スギ パクシ:숙의 박씨)永溫翁主(ヨンウン オンジュ:영은옹주)

母が亡くなったときも薬には何の問題も発見できなかったが、今回の事件と一致していて犯人も同じだと考えると話すヨン。

そのため、母の死の真実を明らかにする良い機会だ、心証はあるが物証はないとも。

 

東宮殿のハン尚宮が子を世話していることを突き止めたソン内官は、中殿にそのことを報告する。

すぐに連れてこいと、中殿。

この前のようなことがあったらお前から殺すと、ソン内官に告げ、子を始末しようとする。

そこにヨンがやって来て、子を下ろし置けと言う。

何をするのですか!と、中殿。

死ぬには死んでも一度思い切り泣かなければならないのでは?この子も・・・推鞠場の罪人も生かしてくれ悔しいと言う言葉が多いのに、この子がすることを知っているのは、泣くことだけではありませんか!死ぬ前にしっかりと一度、泣くことをしなければ!酷く自分を捨てようとする母の前でと、ヨン。

勝手になさい、世子、私とは何の関係もない子なのでと、中殿。

私が差し上げる、最後の機会です、媽媽(ママ:마마)、ようやく今しがた世の光を見たあの子、皆が生きられる唯一の機会、大君でないあの子が、中殿ママの赤子であることを明らかにしてくださいと、ヨン。

何の話をしてるのか、私は到底理解できませんと、中殿。

けれど、子が泣き始め、去ろうとしていた中殿は歩みを止める。

1 2 3

スポンサードリンク (sponsored link)

 - 雲が描いた月明かり , , , ,