韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

未来の選択 最終回(第16話) あらすじ(ネタバレ含む)後半

   

ユン・ウネ(윤은혜)、イ・ドンゴン(이동건)、チョン・ヨンファ(정용화)、ハン・チェア(한채아)主演の韓国ドラマ

未来の選択(ミレエ ソンテク:미래의 선택)

最終回(第16話)あらすじ(ネタバレ含む)後半です。

未来の選択 キャスト・登場人物(1・2話あらすじも韓国ドラマランキング内)

 

未来の選択

左から役名で、パク・セジュ、ナ・ミレ、キム・シン、ソ・ユギョン。

あらすじ

パンドラの箱の中の希望

ミレおばさんミレのためにすると言ったことは、キム・シンが放送した内容を番組にして取り上げることだった。まずは兄ナ・ジュヒョンに、明日の番組でできないかと相談するが、みんなを殺すつもりか、どんなに危険なことかわかるかと一蹴される。

けれど、少しでも世界を変えることができるじゃない、『パンドラの箱』の希望を探すことよと、食い下がるミレ。結局ナ・ジュヒョンは折れる。

続いてミレはヒョナユギョンに協力を仰ぐ。ヒョナは快諾する。続いてユギョンも、画面に出るにもかかわらず、自分のキャリアには自分で責任を持つと快諾する。そして、女性陣の圧力により、男性陣も最初は渋っていたが協力することになる。

キム・シンは多額の違約金も払う上に、今後どの放送局でも仕事ができない。彼の正しさを救うためにも、『パンドラの箱』で希望を見せなければならないとの説得だった。

けれどセジュは、ミレの提案を却下する。テグクグループはYBS最大の広告主であり、その広告費によって給料や制作費も出ているからだ。

キムアナのためかと問うセジュ。そうではなくて自分がやらなければならないことだ、セジュも同じ思いだと思っていたというミレ。ミランダとは違うからと。

 

キム・シンが出社する。後輩記者たちは、キム・シンが追い詰められたことを謝罪し、先輩に恥じないように頑張るという。これからも見ているぞというキム・シン。

セジュは決断し、ナ・ジュヒョンに連絡する。やってくださいと。そして、『パンドラの箱』で大々的にピックアップして、テグ区グループの加湿器を取り上げるとともに、正しいことを伝えるアンカーを守らなければならないとぶちまける。

この放送により、キム・シン擁護の機運がいたるところで一気に高まり、署名活動まで行われる。

当然、ミランダは怒り心頭だ。広告主を逆なでする行為を行ったから当然だ。けれどセジュは、グループ内で不祥事が起きた時にはどうするんだ?社員に対して恥ずかしい経営はしたくないという。

ミレの仕業か?女に揺さぶられる情けない奴め、キム・シンはこうなると思っていたというミランダ。セジュは辞表を置いて出て行く。

その後、ユギョンに会うセジュ。ユギョンにはMCの能力があると、MCになることを勧める。けれど、国費留学が決まったからというユギョン。

『もしも、ミレさんではなく、私に先に会っていたら、わたしを好きになっていた?』と、ユギョン。『おそらく、きっと』と、セジュ。

 

ミランダがミレを呼ぶ。単刀直入に別れろという。ミレは、少し前までは結婚しろと言っていたのでは?と反論する。セジュの辞表を見せるミランダに対し、それは、セジュが決めたことだという。

ミランダは、キム・シンを放送業界に絶対に復帰させないという。そんなことを言われても、セジュとは別れないというミレ。『会長、人の心は、金や力では動かないと考えます』と言い退出するミレ。

 

リング

ミレはセジュを家に招待する。新婚夫婦みたいだというセジュ。もう一度留学して勉強したいというセジュ。今までは祖母に言われるがままだったけど、自分がしたかったこと、自分が作りたい放送について学びたいという。

そして、『ミレさん、一緒に行けますか?』というセジュ。『ごめんなさい。わたし、これ以上セジュさんのそばに居てはダメなようです』と、答えるミレ。

1 2

スポンサードリンク (sponsored link)

 - 未来の選択 , , , ,