韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

未来の選択 第8話あらすじ(ネタバレ含む)

   

ユン・ウネ(윤은혜)、イ・ドンゴン(이동건)、チョン・ヨンファ(정용화)、ハン・チェア(한채아)主演の韓国ドラマ

未来の選択(ミレエ ソンテク:미래의 선택)

第8話前半あらすじ(ネタバレ含む)&視聴率情報です。

未来の選択 キャスト・登場人物(1・2話あらすじも韓国ドラマランキング内)

 

未来の選択

左から役名で、パク・セジュ、ナ・ミレ、キム・シン、ソ・ユギョン。

 

自分がYBS社主にでもなったらと問うセジュ。跪き伏せると答えるキム・シン。セジュはキム・シンに対して、『本来、そんな人だったのですね。強者には弱く、弱者には強く、今まで無視していたのはVJだから、そういうことだったのですね』という。

『YBS社主様』と言い、妄想病の病院を紹介してやるとキム・シン。

未だにスターと思っている人や、高給をむさぼるものも居て、入社したことで、無条件に雇わなければならないという考えが変わったというセジュ。

『今日はたくさん学びました。忠告ありがとうございました』と、言い去るセジュ。そして、復帰を一ヶ月遅らせると秘書に伝える。

ミレとユギョン。セジュに対して希望を残させずに手を引けといい立ち去るユギョン。キム・シンはチームのメンバーにセジュの履歴書を用意しろという。

おばさんミレとキム・シン。本当にミレが呼んだのかと問うと、おばさんミレは、わたしも変だと思ったという。彼女は旦那でも捨てることのできる女狐だというおばさんミレ。

自分の知っているミレはそうではないというキム・シン。そして、まだそんな仲ではないと。おばさんミレは、過去に自分が勘違いしていたのかと思う。人は必ず変わるから、幸せになりたければミレに会うなとおばさんミレ。

 

翌朝、セジュにもキム・シンにも会いバツの悪いミレ。ユギョンはキム・シンにミレは昨日の場所は知らなかったという。キム・シンは知っていると答え、今やっているのは復讐だという。

会議はまとまらずヒョナがキレる。ヒョナはふと思い出し、以前自分たちが企画したものというと、ナ・ジュヒョンが『パンドラの箱』と言う。パンドラが色々と箱から取り出し最後に希望が残ったように、パイロットチームは各自が大変な夜から希望を見いだせる案を持ち寄ろうという。テーマは家ということになる。

ミランダはおばさんミレに貸す部屋を盗聴して、ナ・ミレがナ・ミレに電話をしていることを知る。そして、セジュが好きな女性がミレと知り、セジュに電話をする。答えないとミレのクビを切ると脅迫し、言質を引き出す。

ミレは姪だと答えたおばさんミレには、姪を使ってどうこうしようというのかと問うミランダ。おばさんミレは好きにしてくださいという。ミランダは早速ミレに会いに行くという。

 

おばさんミレは、変なおばさんが来たら気をつけろとミレに連絡するが、ミレは電話を取らない。そうこうするうちにバス停に現れミレにチャムシル行きのバスを問うミランダ。丁寧に教え、バスに詰め込むミレ。そのため、ミランダは大変な目に合ってしまった。

その後、おばさんミレに電話をするミランダ。セジュが魅了されるだけのことはあると褒めるが、その真意はよくわからない。

 

ユギョンはおばさんミレに、セジュ告白の時のことを問いただす。ミレは何も知らなかったと。『セジュさんがどんなにキズを受けたか!』とツヂける。もしかしてセジュのことが好きなのかと問いただすおばさんミレ。そして、セジュのことを夢にも見るなという。

ミレは、とある食堂で、元作家というおばさんに出会う。そのおばさんは特Aクラスの作家でない限り、新しい感覚を持った若者が入ってきたりすると、居場所がなくなるという。

1 2

スポンサードリンク (sponsored link)

 - 未来の選択 , , , ,