韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

未来の選択 第9話あらすじ(ネタバレ含む)後半

   

ユン・ウネ(윤은혜)、イ・ドンゴン(이동건)、チョン・ヨンファ(정용화)、ハン・チェア(한채아)主演の韓国ドラマ

未来の選択(ミレエ ソンテク:미래의 선택)

第9話後半あらすじ(ネタバレ含む)&視聴率情報です。

未来の選択 キャスト・登場人物(1・2話あらすじも韓国ドラマランキング内)

 

未来の選択

左から役名で、パク・セジュ、ナ・ミレ、キム・シン、ソ・ユギョン。

 

作家の変更

ミレセジュが局に戻ると、ミレに隠れてイ・ジェスが別の作家を起用してナレーションを変更していた。やはり恐怖の館で行くのだ。周りのみんなは苛立ち、ミレはヒョナに対して、どうにかする方法はないのかと問うが、どうにもならないと言われる。

セジュはイ・ジェスに対して、今からでも謝って、ミレの書いた原稿を使えというが、名門に留学歴があっても今はただのVJだろと、一蹴される。プロデューサのオレが一言言ったらお前はアウトだと、声を荒げるイ・ジェス。

肝に銘じるというセジュ。そのうちどうにかなるから心配するなとミレに言って去るセジュ。イ・ジェスは視聴率が10%を超えなければならない、今回はいい勉強になったと思えとミレに言う。

今回の数字についてはプロデューサーが全権を握り責任をとるため、ナ・ジュヒョンもどうすることはできない。キム・シンはそのことを聞き談判に行こうとする。けれど、ナ・ジュヒョンは自分は兄だ、おまえは心配する資格はないと静止する。

『もしもオレが本当にナ・ミレを好きになったらどうするんだ?』と、キム・シン。ダメだというナ・ジュヒョン。原則を貫くお前の性格は、おまえはいいかもしれないが周りを辛くさせる。妹をそうしたくないとナ・ジュヒョン。

 

キム・シンの選択

放送が始まる。その頃ミレは病院に行っていた。傷が残ると言われ心配するセジュだったが、ミレは勲章だという。そして、立派な作家になってイ・ジェスを見返し無視してやるという。

自分のプラン通りに進めて浮かれているイ・ジェス。けれど最後のシーンでキム・シンはミレの考えたエンディングナレーションを敢行する。

『そこには幽霊はいませんでした。その代わり、とても辛く苦しいながらも、最後まで互いを愛し合っていた、胸痛む夫婦の愛がありました』と。

放送が終わり、すぐに帰宅するキム・シン。ミレは直ぐに電話をかけて追いかけるが、キム・シンは電話に出ない。

 

視聴率

皆が視聴率が出るまでの時間をそわそわして過ごす。視聴率は朝の7時にならないとでないのだ。(僕も毎日チェックしてます!)

7時をすぎる。ナ・ジュヒョンがチェックすると9.8%で0.2%足りなかった。うなだれるナ・ジュヒョン。けれどミレは喜んでいる。そして兄に10.2%だったという。(視聴率はAGBニールセンとTNmSとが発表する)

間を取るとちょうど10%でボーダーラインだ。あとはミランダの判断となる。

1 2

スポンサードリンク (sponsored link)

 - 未来の選択 , , , ,