韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

むやみに切なく 第16話あらすじ&視聴感想 キム・ウビン、ペ・スジ主演韓国ドラマ

   

キム・ウビン(김우빈)、ペ・スジ(배수지)、イム・ジュファン(임주환)、イム・ジュウン(임주은)主演KBS2水木ドラマ

むやみに切なく(ハムブロ エトゥッタゲ:함부로 애틋하게)

の第16話あらすじ&視聴感想です。

◆キャスト情報
むやみに切なく キャスト・登場人物紹介 キム・ウビン、ペ・スジ主演韓国ドラマ

◆あらすじまとめ
むやみに切なく まとめページ・リンク集 キム・ウビン、ペ・スジ主演韓国ドラマ  

 

 

muyamitop

 

 

むやみに切なく 作品データ

  • 韓国KBS2で2016年7月6日から放送開始の月火ドラマ
  • 脚本:イ・ギョンヒ(이경희) 『本当に良い時代』『優しい男』
  • 演出:パク・ヒョンソク(박현석) 『スパイ』
  • あらすじ:幼い頃、胸の痛む悪縁で別れた二人の男女が、傍若無人スーパー甲トップスターと、卑屈で俗物的なスーパー乙のドキュメンタリーPDとして再び会い描いていく、かさついた切ないラブストーリー
  • 視聴率 第16話8.0% 視聴率グラフはこちら → 韓国ドラマランキング

 

 

むやみに切なく 第16話あらすじ

 

ポロロ探すチュニョン

その後、CCTVに向かって語りかける。

オレは一週間ずっとお前の夢を見ているんだけど、お前もオレの夢を見てるだろ?

今オレは時間がないんだ、オレに会うのもほどほどに・・・

オレは今、医師に会ってきた道だ、状況が一段と良くないって、それで、オレがお前のそばにいられる時間がいくらも残ってないようだ、ウル・・・オレがお前をどれだけ愛してるか・・・すべて話せずに死んでしまうかと思って、それが一番心配になって・・・

これがウルがチェックしていた映像だった。

ウルはなんと言っているのか全てを把握する。

 

チョンウンからチテを諦めると電話で聞いて動揺するウンス

そこに追い打ちをかけるチテ。

降伏しに来たんじゃなくて宣戦布告をしに来ました、母さんがどこまで行くのか知りませんが、母さんが行くところまで、一緒にいくつもりです、その話を耳に入れにやって来ましたと話す。

 

顔を洗い一呼吸置き、チュニョンをひっぱたきに行くチョンウン。

チンピラみたいな野郎!

その手を掴み、次のキスは婚約指輪を外してからしましょう、婚約指輪まではめている女性を嬉しく受け入れるほど、理解があるわけでもなく機嫌がいいわけでもないですと、チュニョン。

スポンサードリンク (sponsored link)i   

やって来たクギョンがチョンウンを送って帰ることに。

その車を、やって来たウルが見てしまう。

 

かつて、ミニマム3ヶ月、マキシマム4ヶ月後に綺麗に消えてやると言っていたチュニョン。

窓に息を吐き、ウルの似顔絵を描く。

しゃがみこんで涙するウル。

 

 

自分より千倍素晴らしく万倍セクシーな男に会っていたとのハルの言葉を鵜呑みにして、去ろうとするチク

私は完全に一片丹心だと、ハル。

つばをどうして飲み込むんだ?また何かしようと?と、チク。

卒業するまではスキンシップはダメだと、チク。

また、両家の許可を得て正式に付きあおうとも。

朝鮮時代なの?それとどうしてキスはダメなのよ?と、ハル。

ボクの価値観がそうなんだ、もう少し責任感のある大人になった時、責任感のある行動で、姐さんに責任を取りたいと、チク。

そして、手を握ることだけ許可しようとするが、心臓が高鳴りすぎて、手もダメなようだと言う。

 

 

朝、医師から電話がかかる。

チュニョンが病んでいるのを知って来たというウルに、すべてを話して助けてあげてと話したという医師。

そんなウルはチュニョンの家に入り込んでいた。

暗証番号が『0000』だったから入れたのだ。

オレたち、終わらせることにしたんじゃないのか?と、チュニョン。

終わらせることにしたわ、終わらせることにしたけど、じっくり考えてみると、このまま終えるには私がとても損する取引のようでと、ウル。

どうすれば損しない取引のようなんだ?と、チュニョン。

私、続けて仕事をさせて、男と女が会うんじゃないわ、あんたが別の女と付き合っても関係ないし、あんたが私の前で他の女を抱いても関係ないわ、私はあんたのそばに・・・と、ウル。

また、チュニョンのおかげで名声を確立させて欲しいと頼む。

いやだ、一分以内に出て行けと、チュニョン。

 

ウンスの解任のため、母のいとこを説得するチテ。

もちろん一蹴される。

そこにチョンウンがやって来て、お養母様はあなたの敵う相手ではないと言う。

また、シン・ジュニョンに揺れている、私を抱きしめてくれない?とも。

もう答えたと言って去るチテ。

 

話をそらして、希少バッグをチョンウンにプレゼントするウンス。

私は男ができた、昨日も一緒にいたと、チョンウン。

整理して、あなたができなければ私がしてあげましょうか?その時のようにと、ウンス。

 

チュニョンが自分の息子だと推測し、チュニョンの家に訪れるチェ・ヒョンジュン

チュニョンとの出会いや、助けてもらったことを思い出し涙する。

そこにチテがやって来て驚く。

ここにはどうして?と、チテ。

歌を頼もうととごまかすチェ・ヒョンジュン。

泣かれましたか?父さん?どこまで知っていらしたのですか?父さんとシン・ジュニョンの関係、どこまで知っていらしたのですか?と、チテ。

お前がどんなことを言っているのかわからないと、チェ・ヒョンジュン。

私が勘違いしたようです、後で来るので入って会ってくださいと、チテ。

お前はどれほど知っているんだ?私とシン・ジュニョンの関係と、チェ・ヒョンジュン。

父さんが知っているほどにと、チテ。

帰り道の運転中、動揺を隠せないチェ・ヒョンジュン。

1 2

スポンサードリンク (sponsored link)

 - むやみに切なく , , , ,