韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

ネイルもカンタービレ(のだめカンタービレ韓国版)第8話あらすじ1/2 

      2014/11/19

チュウォン(주원)、シム・ウンギョン(심은경)主演のKBS2月火ドラマ

ネイルもカンタービレ(ネイルド カンタビルレ:내일도 칸타빌레:のだめカンタービレ韓国版)

の第8話あらすじ1/2です。

ネイルもカンタービレ キャスト・登場人物紹介 チュウォン、シム・ウンギョン主演韓国ドラマ、のだめカンタービレ韓国版

視聴率:5.2%

ネイルもカンタービレ(ネイルド カンタビルレ:내일도 칸타빌레)

 

ネイルもカンタービレ第8話あらすじ1/2

Sオケの演奏を聞きつつ、演奏だけでなく指揮もうまく呼吸があっていると驚くユジン

『前にこの曲の演奏したことがあると言っただろう?それで総譜を覚えているんだ。オレに任せてみるか?ピアニストが指揮者も上手じゃないか。チェリストにもやらせてみろ。オレがお前たちを失望させたことがあったか?』と話し、指揮をすることになったユヌ

その後、シュトレーゼマンを見つけ、『けれどここまでです。今日のスターは私です』と宣言するユジン。

 

Lesson 8

公演が成功して高揚しているSオケの面々。ユヌに感謝の意を表すイルラク。慣れた曲だったしお前たちの準備が良かったんだと、ユヌ。

『友よ!』と、友として現れるのが遅かったぞとユヌに告げるイルラク。ネイルはどこに行ったんだ?と、ユヌ。ユジンのところに行ったのだろうというミニ。ユジンの名で雰囲気が悪くなる。

ユジンと話すネイル。公演は良かったが、お前の演奏を見に来たんじゃない、見に来るだろう?と、ユジン。着替えてきれいにして見に行くと、ネイル。

最初から最後まで見逃すな、しっかり見ろと、ユジン。

ユヌが最後にネイルと握手したことを思い出すユジン。そこにシュトレーゼマンがやってきて、そのスタイルはいい、もう準備はできているようだ、 感情が豊かなら音楽も豊かになる、感情を恥ずかしがるなと言う。

感情が見えても良い演奏ができるわけじゃないと、ユジン。

『お前はしっかりと感情を見せたことがあるのですか?指揮をする時も音楽を表現しようとだけしただろう。自分の感情を見せるのが恥ずかしいと、これ以上の成長ありません。今回の協演をお前がどのように利用するか、見物する楽しさを見せてください』と、シュトレーゼマン。

わかったと、ユジン。

『グリーグピアノ協奏曲イ短調。ピアニストに劣らないピアノの実力を誇った作曲家グリーグ、それでチャ・ユジンもこの曲を選択したのだろうか?』と、客席のユヌ。

『弟子よ、これからが楽しい音楽の時間だ』と、シュトレーゼマン。

今まで誘惑をしたいと思ったことはないだろうとの、シュトレーゼマンのかつての言葉。

きぐるみのママ演奏を聞くネイル。無意識に頭を落とし、指は見えないピアノを奏でている。

 

演奏が終わり拍手を受けるユジン。(盛り上がりの演出がダメだよね、このドラマ)

痛みのある手を握るユヌ。呆然と立ち尽くすネイル。本当のスターが誕生したようだと、ト・ガンジェ。これでシュトレーゼマン教授は元の席に戻り、大方整理されるのですねと、理事長

控室に戻ったユジンとシュトレーゼマン。感情を恥ずかしがらず豊かにと、恋愛のことを逆にアドバイスするユジン。 また、自分のためにも健康管理をしっかりしてくれという。

もう協演することはないと、シュトレーゼマン。少し焦るユジン。けれど、指揮者が二人同じ舞台に立てないという意味だった。

『今日で私たち演奏は終わりです。素敵な舞台でした。チャ・ユジン、お前が少し、すごく少し、誇らしいです』と言い握手を求めるシュトレーゼマン。

『私はお師匠が結構誇らしいです』と、ユジン。

『生意気なやつ!やはり私の弟子らしい礼儀知らずです』と言い、ユジンの頬をちょこんとつまむシュトレーゼマン。

そこに、ト・ガンジェがやって来て、会見をしてくれという。

ちょっとしたものと思っていたユジンだったが、浴びるほどのフラッシュを受けるはめに。さらに、理事長やト・ガンジェ、母との写真も撮られる。

ソニョンはこんな席は嫌いなのだが、息子のマーケティングのために笑みを浮かべている。あの人はお前がデビューしたのも知らないのねと言うと、父の話はするなと、ユジン。

最後にトギョンが花束を持ってやってくる。ミスハヌムだと紹介し、二人がハヌムの顔だと、ト・ガンジェ。記者は母とのスリーショットを希望する。

その様子を見たミニとネイルは、社長の息子がユジンだと気づく。

 

病院。ユヌの手は手術すべき状態だったが、自分はチェリストで、神経の手術を受ければ再びチェロを弾けるかどうかわからない、耐えるから薬だけ処方してくれ、まだやりたい演奏が残っていると、高ぶりつつt医師に話すユヌ。

 

一心不乱にピアノを弾くネイル。

 

これ以上時間がすぎる前に話さないといけないことがあると、ミナに告げていたシュトレーゼマン。ミナはおめかしをしてシュトレーゼマンを迎える。

『一人の少女がいました。彼女は私の妻になり、今も人生の伴侶として過ごしています』と、グリーグのラブストーリーを語るシュトレーゼマン。

昨日の公演はあなたに捧げるものだった、20年前、あなたの前から逃げた、小さな誤解があった、好きな人がいると思っていた、あなたが機会をくれて喜んでやってきた、もう、言えなかった言葉を言わなければ・・・と、ついに告白をしようとするシュトレーゼマン。

ミナも受け入れそうな雰囲気だった。

けれど、エリーゼが男たちを率いてやって来て、シュトレーゼマンを拉致して行ってしまう。

私はロイヤルオーケストラのマネージャーです。公演があってやむを得ずマエストロを連れていきますと、ミナに告げるエリーゼ。

 

ミナを尋ねるユジン。行政室に連絡が入り、ト・ガンジェが伝えたことでシュトレーゼマンは連れて行かれたと話すミナ。韓国へ来たのはは逃げて遊ぶためだったとのことだ。

また、自分は大丈夫だけどお前に悪いとユジンに告げる。さらに、Sオケとの関係が悪くなっていることも心配する。

それは自分の選択だったからと、ユジン。

ユジンが去ったあと、シュトレーゼマンの顔を二度と見ないと誓うミナ。

 

ミナが来る前に始まる教授会。ユン・イソン音楽祭からの抗議文を見せる理事長。ハヌムは一つのオーケストラだけを認めるとの決定を下す。

 

ネイルの衝動

ネイルがいなくなったと騒ぐミニ。イルラクとスミンとともに家へ行くが、2日前に来た時から音楽が鳴りっぱなしだと、ミニ。そのため、部屋にいるものと思っていたのだが、今は音楽をかけたまま出て行ったのだと思っている。

トギョンにまた付きあおうと言われるユジン。声楽をやめユジンの指揮の勉強をサポートするつもりでイルとまで言うトギョンだったが、考えたことがなかったから戸惑っていると、ユジン。

真剣に考えてくれと、トギョン。そこにミニたちがやって来てネイルの行方不明を知らせる。クラシックの夜で、トギョンとツーショットだったのに衝撃を受けたんだと、ミニ。

それでどうして?と、いまいちわかってないユジン。とにかく行かないと!と、トギョン。飛んで帰るユジン。ついていくトギョン。

ネイルの家のキーを開けるユジンに驚くトギョン。自分の家と同じなんだと、ユジン。部屋ではネイルが倒れていた。気がつくが手を痛がるネイル。何日もピアノばっかり弾いていたのだ。

叱責するユジン。濡れたタオルを持ってきてと、トギョン。

その間にトギョンは、ネイルをけん制する。ユジンとはどちらにしろ再び付き合う仲だった、自分たちは似た部類で考えや方向も似ている、あなたもユジンの隣が似合うのは誰かわかっているでしょ?だからあなたも早く気持ちを変えてと。

ユジンが戻ってきて、どっちが痛いんだ?と問う。ユジンの両腕を掴むネイル。

『先輩が.離れないの。先輩のグリーグ協奏曲が、私の頭の中をずっと巡ってるの。ここ、私の頭から離れて行かないの。私も・・・先輩のようにグリーグ協奏曲を演奏したい。強烈で鮮やかで華やかに。私は、たった一度もそのように演奏したことがないの』と、ネイル。

『この腕でどうやって演奏をすると言うんだ、このバカ!』と、ユジン。

『他のことはできなかったの。先輩のピアノから抜け出すことができなかったの。私も誰かを魅了するピアノの演奏をしたいの!先輩』と、ネイル。

肩が治ったら練習しようと、ユジン。本当?と何度も問うネイル。

 

しばらくして、もう大丈夫そうだから帰ろうと、トギョン。けれど、あのネイルが自分のピアノに惹かれたんだと、タオルを準備しながら嬉しそうに呟くユジン。

ピアノの練習に没頭するふたり。敗北感を覚え、何も言わずに去っていくトギョン。

その後やって来たイルラクたち3人は、ユジンにも匹敵するネイルの実力に唖然とする。

階下に下りたトギョンは母に電話を入れる。

『私が子供の頃イタリアに行った時、あるじゃない。その時、私が何が一番大変だったのか知ってる?自分たちだけの言葉で自分たちだけの遊びをすることよ。私がいくら割り込みたくても、私の頭では到底理解することができなくて・・・』と、トギョン。

 

ネイルもカンタービレ第8話あらすじ2/2へ続く

文責:韓国ドラマあらすじ団

スポンサードリンク (sponsored link)

 - ネイルもカンタービレ , , , , , , , ,