韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

匂いを見る少女 最終回(第16話)視聴感想(あらすじ含む) ユチョン、シン・セギョン主演韓国ドラマ

   

パク・ユチョン(박유천)、シン・セギョン(신세경)、ナムグン・ミン(남궁민)、ユン・ジンソ(윤진서)主演SBS水木ドラマ

匂いを見る少女(ネムセルル ポヌン ソニョ:냄새를 보는 소녀)

の最終回(第16話)視聴感想(あらすじ含む)です。

匂いを見る少女 キャスト・登場人物紹介(あらすじ含む) ユチョン、シン・セギョン主演韓国ドラマ

 

匂いを見る少女

 

匂いを見る少女 作品データ

  • 韓国SBSで2015年4月1日から放送の水木ドラマ
  • 脚本:イ・ヒミョン(이희명) 『屋根部屋のプリンス』『野王(ヤワン:야왕)』
  • 演出:ペク・スチャン(백수찬) 『タチャ(타짜)』『王の女(ワンエヨジャ:왕의 여자)』
  • 3年前、バーコード殺人事件で妹を失った無感覚的な一人の男と、事故に遭って奇跡的に生き返ったが以前の記憶を全部失った超感覚所有者の一人の女性の物語
  • 視聴率 最終回(第16話)10.8%

 

匂いを見る少女 最終回(第16話)視聴感想(あらすじ含む)

最終回にして自己記録を更新し10%超えも果たしました。

ユチョン主演なので放っておいても海外には売れますが、やはり1位と10%超えというのは体裁を保つためにも必要な要素だったでしょう。

 

作品の完成度の観点から言うと少々残念な出来でした。

前半の途中まではけっこう面白かったんですよ。けれど、途中から明らかにネタ切れのための間延びが見られ、クォン・ジェヒの最期なんかは非常にあっけない描写でした。

 

悪が滅びるのもこれまた刹那と表現したかったのであれば、もう少し描写の仕方があったのではないかと思います。ボクがムガクなら握った鉄パイプを止めずにガンガンにぶん殴ってましたけどね(汗)

 

結局ベタで全くひねりのないハッピーエンドで終わってしまいましたね。それでも、これはこれでほのぼのとしてよかったです。

ただ、チョリムがチェヒに拉致され、その後に爆薬が仕掛けられた新居に乗り込んだムガクがふっとばされかねないという描写も、見ていてまったくハラハラせずに、のほほ~んと視聴していたんですよね~。

このような視聴心理になったのは、最終的にハッピーエンドになる確信があったからなのは言うまでもありません。

逆に、サッドエンドを持ってきていれば、これらの描写も後々フックとして生きていたわけです。もっとも、昨日も記述したように、サッドエンドを持ってきた場合にはファンからの大バッシングが待っているため、製作陣もなかなか選択できないですね。

 

写真立てがないことでモデルルームだと気づいたムガク。その後に爆弾処理班が爆弾を撤収して偽装を行うあたりは、事前に読めてしまいました。これもまたハッピーエンドを前提とした推測です。

また、バーコード連続殺人事件が終了し、靴を片方間違えて履く事件の描写がありましたが、ああいった描写はホントはいらないんですよね~。

 

意外と好評と評判のシン・セギョンですが、やはり他の女優だったほうが良かった気がします。いつも言われていることですが、この世代の女優が不足しているんですよね~。

 

続いてユチョンです。クオリティーはしっかり保っているものの、抜け出すにはなにかひとつ足りない印象です。個人的には『彼の素があまりにもいい人すぎる』からではないかと思っています。

スリーデイズの時にも書いたはずですが、一度とんでもない狂気を帯びた悪役の方をやってみたほうが良いのではないかと考えます。

 

もう一つ注文したいのは走り方。これもまたいい人がにじみ出てる印象を持つのですが、手が下から出る『女の子走り』なんですよね~。

サスペンスも含んだ緊迫のシーンでこの走り方はいただけません。走り方も含めた身のこなし方も演技の一部ですので、これはぜひ改善して欲しいです。

視聴率を獲得するには、既存のコアファンだけでなく、たいしてファンでない視聴者も幅広く取り込まなくてはなりませんからね。

小さなことですが、男子目線だとこれは非常に気になる部分です。誰か言ってあげる人はいないのでしょうか?

彼にはぜひ成功してもらいたいので、老婆心ながら若いうちに直すべきところは直して欲しいと思います。

 

タイ人ファンは大喜びに違いない!

自転車での新婚旅行中に、ムガクがタイ語を話していたのわかりました?

水着姿を見られないのは残念、今になって言うけどオレはビキニがすげー好きだとムガクが言い、実は中に来ているとチョリムが返したシーンです。

夫婦なんだから見せろと、ムガク。今はタイミングじゃないと、チョリム。

『だめだ、オレたち自転車に乗ってタイに行こうか?(片手でワイをして)サワディーカップ、テグク カン カップ』

サワディーカップは『こんにちは』の男性バージョンです。

テグクは韓国語でタイのことです。ほんとはタイまたはムアンタイと言わないといけませんでしたが、韓国語と混ざっちゃったようです。カンは方向を示すときなどに使い、カップは『です』と言う意味です。

二人はプーケットに新婚旅行に行く予定だったのでしょうね。それともサムイやパンガン島?

いずれにしても、タイのファンは喜んだことでしょう。

 

エンディング

『チェ巡警と一緒にいる今の時間・この空気・この風景、一生忘れられないようよ。だけど(どうして)涙がでるんだろ。風のせいのようだわ』と、チョリム。

『泣き虫だからそうなんだよ』と、ムガク。

『ところで、もう、チェ巡警じゃなくて、ほかの呼び名で呼ばないと』と、ムガク。

『う~ん、それなら、ヨボ、タンシン、チャギ、この3つから選んでみて』と、チョリム。

※ヨボ(おまえ:おまえさん)、タンシン(あなた)、チャギ(ハニー)という感じかな?

『愛してる、おまえ(ヨボ)』と、ムガク。

『愛してるわ、あなた(タンシン)』と、チョリム。

 

ムガクのスマホに着信。

 

その後も自転車で走る二人。事件を解決しに行こうかと、ムガク。

誰の電話も受けるなって!誰の電話を受けたのよ?イェ刑事?キ刑事?係長?と、チョリム。電話はヨムミからだった。

話にならない、ひとつも気にならないと、口では言う二人だったが、内心は気になってしょうがない。けっきょく自転車の方向を変えて、事件解決のために走る二人。

 

匂いを見る少女 おしまい

韓国ドラマあらすじ団

スポンサードリンク (sponsored link)

 - 匂いを見る少女 , , , , , , ,