韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

オー・マイ・ビーナス 第6話視聴感想(あらすじ含む) ソ・ジソプ、シン・ミナ主演韓国ドラマ

   

ソ・ジソブ(소지섭)、シン・ミナ(신민아)、チョン・ギョウン(정겨운)、ユ・イニョン(유인영)主演KBS2月火ドラマ

オー・マイ・ビーナス(오 마이 비너스)

の第6話視聴感想(あらすじ含む)です。

 

オー・マイ・ビーナス キャスト・登場人物紹介 ソ・ジソプ、シン・ミナ主演韓国ドラマ

 

 

オー・マイ・ビーナス

 

オー・マイ・ビーナス 作品データ

  • 韓国KBS2で2015年11月16日から放送開始の月火ドラマ
  • 脚本:キム・ウンジ(김은지)
  • 演出:キム・ヒョンソク(김형석) 『棚ぼたのあなた』  イ・ナジョン(이나정) 『優しい男』
  • あらすじ:21世紀ビーナスから古代ビーナス(?) スタイルになってしまった女弁護士と、世界的に有名なヘルストレーナーの男。両極端な二人の男女が会って秘密ダイエットに挑戦し、内面の傷を治癒する過程を描いたヘルスヒーリング・ロマンティックコメディ
  • 視聴率 第6話:9.7%

 

 

オー・マイ・ビーナス 第6話視聴感想(あらすじ含む)

 

視聴率はあと一歩で10%というところまで上昇しました。

ここ2週ほど首位を走っている六龍が飛ぶ(ユンニョンイ ナルシャ:육룡이 나르샤)が火曜日に大きく数字を落としています。

スポンサードリンク (sponsored link)i   

通常は月曜日より火曜日のほうが視聴率は高いのですが、その逆を行っているのです。

月曜日は休み明けということで視聴できない人が少なからずおり、火曜日は時間に余裕ができて視聴可能になるというのがお決まりのパターンです。

けれど、『六龍が飛ぶ』は真逆の動きを見せ、『オー・マイ・ビーナス』は一般的な動きを見せています。

一般的な動きは比較的若い世代ほど顕著でしょうから、『オー・マイ・ビーナス』は10~40代に支えられていると予想されます。

一方の『六龍が飛ぶ』は時代劇ということもあり、50代以上の下支えがあり安定しているといえます。

火曜日の下落はなかなか説明がつかないのですが、火曜日に限っては若い世代が『オー・マイ・ビーナス』に流れているのかもしれません。

 

さて、ストーリーはシンプルなままで、さほど濃さがなくサラッとした状況で進んでいます。

それでも視聴率が上昇したのは、やはりシン・ミナの顔の特殊メイクがなくなりエクボが見えたからでしょうね~。

 

感情移入する場所がないな~と思っていたところ、今回のスジンから可愛そうな感じが出てきました。

チュウンが良かれと思って紹介した男性から、『お前みたいなビジュアルを持っているなら感ずかないとな!』と言われた後に、ウシクにかばってもらったことが彼女のフックになっていたのですね。

 

しきりにエクボを見ようとして、ついには触れてしまうヨンホに、『いたずらしないで』と、チュウン。

『ほんとに知らないようだな?男はいたずらしたい女性と、他のことをしたいというのに。カン・ジュウンさんの体は、オレの思うがままだから・・・No、できない』

 

オー・マイ・ビーナス 第7話視聴感想(あらすじ含む)に続く

文責:韓国ドラマあらすじ団

 

スポンサードリンク (sponsored link)

 - オー・マイ・ビーナス , , , ,