韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

オー・マイ・ビーナス 第9話視聴感想(あらすじ含む) ソ・ジソプ、シン・ミナ主演韓国ドラマ

      2015/12/16

ソ・ジソブ(소지섭)、シン・ミナ(신민아)、チョン・ギョウン(정겨운)、ユ・イニョン(유인영)主演KBS2月火ドラマ

オー・マイ・ビーナス(오 마이 비너스)

の第9話視聴感想(あらすじ含む)です。

 

オー・マイ・ビーナス キャスト・登場人物紹介 ソ・ジソプ、シン・ミナ主演韓国ドラマ

 

 

オー・マイ・ビーナス

 

オー・マイ・ビーナス 作品データ

  • 韓国KBS2で2015年11月16日から放送開始の月火ドラマ
  • 脚本:キム・ウンジ(김은지)
  • 演出:キム・ヒョンソク(김형석) 『棚ぼたのあなた』  イ・ナジョン(이나정) 『優しい男』
  • あらすじ:21世紀ビーナスから古代ビーナス(?) スタイルになってしまった女弁護士と、世界的に有名なヘルストレーナーの男。両極端な二人の男女が会って秘密ダイエットに挑戦し、内面の傷を治癒する過程を描いたヘルスヒーリング・ロマンティックコメディ
  • 視聴率 第9話:8.7%

 

 

オー・マイ・ビーナス 第9話視聴感想(あらすじ含む)

 

視聴率は8.7%と先週月曜日に比べてよかったのですが、『華麗なる誘惑』がここに来て伸びを見せ、結果的に逆転されました。

スポンサードリンク (sponsored link)i   

というわけで、同時間帯ドラマの3位で最下位です。

現時点での視聴率グラフはこちら → 韓国ドラマランキング

 

 

やはり全体的にテイストが薄く、淡々とストーリーが進行しているのが気になるところです。

そうかというと、冒頭のシーンでチュウンがヨンホを心配するあまり号泣するという、適切でない感情表現があったり。

あのような状況に遭遇したとき、あれほど号泣します?

正直なところ、あのシーンについてはものすごく違和感がありました。俳優が台本に乗れてないのかもしれません。

 

そんな要素を改めて考察すると、各要素事態はマクチャンなのに、テイストは薄く仕上げていることに気づきます。

非現実的要素が盛り沢山なのに淡々と進行するストーリーという、ある意味実験的な試みのドラマなのです。

それが良い方に作用すればヒットしたかもしれませんが、残念ながら結果的にはちぐはぐな状態になっています。

作家自体はほぼ新人と言っていいキム・ウンジなので、作家としてのテイストが定まってないのかもしれませんが、力量不足のような気もします。

 

さて、エンディングに少し触れておきましょう。

チェ理事側にジョン・キムであるという情報をキャッチされ、それをカードとして持たれている時に、私生活沙汰とは!と、ヨンホはミン室長に小言を言われました。

そんなヨンホは、『オレの公式的私生活、オレと恋愛中のカン・ジュウンさん』と、ミン室長に紹介します。

この事実が、今後どのようにストーリーに変化をもたらすのでしょうか。

 

カア曜日に強い当ドラマなので、意外とあっさり10%越えするかもしれませんね!

 

オー・マイ・ビーナス 第10話視聴感想(あらすじ含む)に続く

文責:韓国ドラマあらすじ団

 

スポンサードリンク (sponsored link)

 - オー・マイ・ビーナス , , , ,