韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

獄中花(オクチュンファ:옥중화) 第13話あらすじ含む チン・セヨン、コ・ス主演韓国ドラマ

   

チン・セヨン、コ・ス、キム・ミスク、チョン・ジュノ、パク・チュミ主演MBC週末歴史ドラマ

獄中花(オクチュンファ:옥중화)

の第13話あらすじです。

獄中花(オクチュンファ:옥중화) キャスト(出演者)・登場人物紹介 チン・セヨン、コ・ス主演韓国ドラマ

 

 

韓国ドラマ 獄中花

 

 

獄中花(オクチュンファ:옥중화) 作品データ

  • 韓国MBCで2016年4月30日から放送開始の週末ドラマ
  • 制作会社:キム・ジョンハク プロダクション 『イ・サン』『トンイ』『太王四神記』等
  • 脚本:チェ・ワンギュ(최완규) 『トライアングル』『亀巖許浚(クアム ホジュン)』
  • 演出:イ・ビョンフン(이병훈) 『イ・サン』『トンイ』『馬医』『大長今』他、チェ・ジョンギュ(최정규) 『華政』(サブ)
  • あらすじ:獄で生まれた天才少女オンニョと、朝鮮商団のミステリアスな人物ユン・テウォンのアドベンチャー史劇
  • 視聴率 第13話19.0% 視聴率グラフはこちら → 韓国ドラマランキング

 

 

 

獄中花 第13話あらすじ

 

今回の謀反事件は捏造されたものだから、大妃(テビ:대비)媽媽(ママ:마마)に会わせて欲しいと、内禁衛(ネグミ:내금위)従事官(チョンサグァン:종사관)キ・チュンスに頼むオンニョ

さらに、自分がその証拠になれるとも。

 

ヤン・ドングに頼み込んで、なんとかテウォンに会うことができたトチ

拷問で傷めつけられたテウォンは鄭蘭貞 (チョン・ナンジョン:정난정)の捏造だとトチに告げる。

また、コン・ジェミョンに被害が及ぶかもしれないので、イ・ミョンウと取引したのは独断っだということにしてくれと告げる。

さらに、自分の様子を告げないでくれ、安國洞の奥様を世話してくれと伝えてくれとも。

最後まで他人の心配をして、お前の心配をしろ!と、トチ。

 

イ・ミョンウを自殺に偽装した者が謀反を捏造しており、自分の推測ではそれはチョン・ナンジョンだと、オンニョ。

また、捜査をしきっているのは尹元衡(ユン・ウォニョン:윤원형)の婿になるソン・ジホンだとも。

お前は大妃ママに会えない、推測だけの根拠ではダメだ、二度とこんなことで私を尋ねるな、大妃ママには伝えない、これはお前を考えてお前のためにいう言葉なので肝に銘じろと、キ・チュンス。

 

テウォンを救うべく、ファン・ギョハに対してユン・ウォニョンを呼んで欲しいと言うイ・ソジョン

ソン・チャフムに、チョン・マッケに連絡をとってくれと告げるキョハ。

スポンサードリンク (sponsored link)i   

 

キ・チュンスに会いに行ったことを土亭 李之菡(トジョン イ・ジハム:토정 이지함)に話すオンニョ。

正気か?お前には一つだけ短所がある、どうして人の良いところだけ見るのだ?大妃はお前が考えるような、そんな人ではないと、イ・ジハム。

また、殿下を王位に就けるために、ナンジョンやユン・ウォニョンを利用し専横したのだと話し、二度と訪ねて行くなと釘を刺す。

 

イ・ミョンウはただ賄賂を渡しただけで謀反ではないこと、秘密帳簿に典獄署(チョノクソ:전옥서)の主簿(チュブ)チョン・デシクの名前があることをを聞いたヤン・ドングは、早速チョン・デシクに会い脅し、彼が受け取った300両の内200両を得ることに成功する。

 

オンニョに会いに来たトチは、テウォンの言いつけ通りなんともないと告げる。

けれど、謀反で捕まった者がなんともないわけがないと見ぬくオンニョ。

テウォンがお前に何も言うな、心配するなと伝えろと言っていたと、告白するトチ。

 

テウォンのことをコン・ジェミョンに伝えるオンニョ。

コン・ジェミョンは手段と方法は選ばずにここから出る方法を探せと、チャクトゥに告げる。

 

3度気絶しても自白しないテウォン。

さすがに気になって、奥様とテウォンはどんな関係なのかとミン・ドンジュに問うソン・ジホン。

二人は古い悪縁があるとしか言わないミン・ドンジュ。

また、どうしても知りたいなら奥様に直接尋ねろとも。

 

安國洞へ行くオンニョ。

夫人の部屋から出ると、ミョンソンの悲鳴が聞こえる。

得意の武術で賊から助けるオンニョ。

お前を殺そうとしたのが誰かわかる?言って!お前に奥様を殺させようとした人、お前を殺して口をふさごうとした、お前は利用されたんだ、お前が生きるなら私にすべてのことを言わなければならないわ、奥様を毒殺しろと指図した人が誰なのかと、オンニョ。

泣き崩れるミョンソン。

 

ミョンソンの暗殺はトンチャンが指揮していた。

ミョンソンを処理できなかったことをミン・ドンジュに告げるトンチャン。

お前が直接やれと、ミン・ドンジュ。

 

ミョンソンの代わりの小間使いを連れて行き、ミョンソンを匿うべく何処かへ連れて行こうとするオンニョ。

 

大妃とユン・ウォニョンの関係修復を図るべく、姪をかわいがっている大妃の元へシネを生かせるナンジョン。

チョングムがシネについていくことを羨ましがり、自分も行きたいと言うスングム

犬なり牛なりが皆行けると思っているようねと、チョングム。

 

シネが嫁に行くということで贈り物をすると、大妃。

父と母がやった事を許して欲しい、それが最も大切な贈り物ですと、シネ。

願いは叶えられ、ユン・ウォニョンとナンジョンは許される。

謀反の背後に大尹(テユン:대윤)がいたが心配しないでくれと、大妃に告げるユン・ウォニョン。

信じているのはそなただけなので、二度と失望させるなと、大妃。

 

上機嫌のユン・ウォニョンは、チョン・マッケからファン・ギョハが呼んでいると聞き、ソジョンを思い出し、さらに上機嫌となる。

1 2

スポンサードリンク (sponsored link)

 - 獄中花 , , , , , , , , , ,