韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

ボクにはとても愛らしい彼女 第3話、私の生涯の春の日 第5話視聴感想(あらすじ含む)

   

ピ&クリスタル主演のSBS水木ドラマ・ボクにはとても愛らしい彼女(ネゲン ノム サランスロウン クニョ:내겐 너무 사랑스러운 그녀)

カム・ウソン&スヨン主演のMBC水木ドラマ・私の生涯の春の日(ネ センエ ポムナル:내 생애 봄날)

の第3話および第5話の視聴感想(あらすじ含む)です。

ボクにはとても愛らしい彼女 キャスト(出演者)・登場人物 ピ(RAIN)、クリスタル主演ドラマ

私の生涯の春の日 キャスト・登場人物紹介 カム・ウソン、チェ・スヨン(少女時代)主演韓国ドラマ

 

ボクにはとても愛らしい彼女 第3話視聴感想

ボクにはとても愛らしい彼女

舞台が音楽事務所AnAに移ったことで良い感じになった部分はありました。

けど、けれど、なんでしょう。全体的な学芸会的演技の質は?演出がそうさせるのか、俳優陣の力量が水準に達してないのか、見ていて辛い部分も多々あります。

過去の作品を見ても音楽事務所を舞台にすると、若い俳優が多くなるために、学芸会的ノリや演技の習熟度の低質さが目につきやすいのですが、当ドラマも御多分にもれずといったところです。

直近ではモンスター(몬스타:Monstar)などもそうでしたが、あのドラマはとてもよい雰囲気でした。脇を固める若い俳優に実力派を配置していたからでしょう。

といいつつも、音楽モノは音楽というだけ個人的にはポイントがアップします。クリスタルが歌っているときなどは雰囲気がいいですね。

ただ残念なのは、生音ではなく加工音だということです。歌手なのだから生歌を録音してほしいところです。

第4話以降はヒョヌクを代理するセナV.S.チェヨンの、アイドルグループ「無限動力」のタイトル曲に関する作曲バトルが見ものです。

ストーリーテリングがあまり良くないので、音楽を前面に出してそれをマスクするとドラマ全体のクオリティーも上がりそうです。

 

私の生涯の春の日 第5話視聴感想

私の生涯の春の日(ネ センエ ポムナル:내 생애 봄날)

視聴率も1.8%ダウンの9.3%にまで下落し、いきなり停滞期に入った感があります。

他のドラマも全く振るわないため1位をキープしていますが、強力なドラマがあると1位ではいられなかったことでしょう。

ポミに移植された心臓の元の主がトンハの妻スジョンで、彼と出会ったのも彼の弟のトンウクが恋人だというのもかなりの偶然ですが、生前にもスジョンに出会っており大事なものをもらっているという、偶然が交錯しすぎな状況です。

ここまでやってしまうと、『またか・・・』と言う感じがして視聴者が引くのが目に見えます。

先週の視聴率が若干強く出た感はありますが、今回の視聴率低下はこの辺りが原因でしょう。

正直なところ、この先、大して語ることがないように思えます。脚本家の腕の見せどころですが、どうなることやら・・・。

 

文責:韓国ドラマあらすじ団

スポンサードリンク (sponsored link)

 - その他の韓国ドラマ , ,