韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

キャリーを引く女 第1話視聴感想(あらすじ含む) チェ・ジウ、チュ・ジンモ主演韓国ドラマ

   

チェ・ジウ(최지우)、チュ・ジンモ(주진모)主演のMBC月火ドラマ

キャリーを引く女(ケリオルル クヌン ヨジャ:캐리어를 끄는 여자)

 

の第1話視聴感想(あらすじ含む)です。

 

視聴率グラフはこちら → 韓国ドラマランキング

 

 

第1話視聴感想(あらすじ含む)

 

 

雲が描いた月明かり 作品データ

  • 韓国MBCで2016年9月26日から放送の水木ドラマ
  • 脚本:クォン・ウムミ(권음미) 『ロイヤルファミリー』
  • 演出:カン・デソン(강대선)『黄金の虹』 サブ:イ・ジェジン(이재진)
  • あらすじ:特有の魅力と才覚で瑞草洞(ソチョドン)の業界を牛耳った女性事務長が、一瞬の没落以後、自身の夢と愛を勝ち取って再起に成功する成長ストーリー&法廷ロマンス

 

 

キャリーを引く女 第1話視聴感想(あらすじ含む)

月火は2本視聴しているので時間はないのですが、チェ・ジウ主演ということで試しに第1話だけ視聴してみました。

 

 

視聴率は第1話6.9%と、同時間帯前作の『モンスター』の最終回14.1%から、半分以下でした。

通常は余韻があってもう少し強い数字が出るものなのですけどね~。

けれど、第2話で8.4%まで上げてきて、あっさりと『月の恋人』を抜き去りました。

視聴年齢層を考えると、『モンスター』とかぶるので、ジワジワと中年層を獲得していきそうな気もします。

 

 

キャリア?キャリー?

実は最初に韓国ドラマランキングで紹介した際には『キャリアを引く女』にしていました。

正直なところ、よく意味がわからなかったものの、日本の情報サイトも軒並みこの名称をつけていたので、それに倣ったのです。

けれど、『キャリーを引く女』に変更しました。

ケリオ(캐리어)はキャリーバッグのことだったのです!

画像の左上がその答えでした。

スポンサードリンク (sponsored link)i   

ひょっとすると掛詞的にキャリアも意味するのかもしれませんが、キャリーのほうが無難でしょう。

 

チェ・ジウが演じているチャ・グムジュは、劇中でいつもキャリーバッグを引いて歩いています。

このキャリーバッグがアイコンとして作用するようです。

それにしても・・・相変わらず韓国の外来語表記は苦手です(汗)

 

おそらく、日本に入ってきた際のタイトルは『キャリーバッグを引く女』になるのではないでしょうか?

なんとなく収まりもいいですしね!

 

 

キャリーを引く女 キャスト(登場人物)

主役4人は・・・

チャ・グムジュ(차금주)役  チェ・ジウ(최지우)

ハム・ボッコ(함복거)役   チュ・ジンモ(주진모)

パク・ヘジュ(박혜주)役  チョン・ヘビン(전혜빈)

マ・ソグ(마석우)役  イ・ジュン(이준)

 

ドラマのメイン画像に写っているし、しょっちゅうドラマに出演している俳優たちなので、説明はいらないでしょう。

 

チン・ギョンまた、『むやみに切なく』ではチュニョン・オンマだったチン・ギョン(진경)さんが、髪型をショートカットにしてク・ジヒョン(구지현)役で出演しています。

彼女はホント、売れっ子脇役ですね~。

 

 

キャリーを引く女 内容と感想

司法試験に受からなかったチャ・グムジュが事務長として腕をふるって成長しつつ、ロマンスを見つけていく内容のようです。

第1話ではそのような設定がざっくりと描かれました。

 

影の設定もありますが、全体的に明るいテイストになりそうです。

ここ最近数字を取るドラマが全て明るいドラマなので、タイミング的にもちょうどいいのではないでしょうか。

集中して視聴するというより、気楽に楽しむタイプのドラマです。

 

個人的には同時間帯ドラマを2本気合を入れて視聴しているので、残念ながら当作品は今後スルーする予定です。

話題作が重なっているので、時間の制約もあり仕方ないありません。

残念(泣)

 

 

文責:韓国ドラマあらすじ団

スポンサードリンク (sponsored link)

 - その他の韓国ドラマ , , , , ,