韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

マザー 第1話視聴感想(あらすじ含む) イ・ボヨン、ホ・ユル、イ・ヘヨン主演韓国ドラマ

   

イ・ボヨン、ホ・ユル、イ・ヘヨン主演tvN水木ドラマ

マザー(マド:마더)

の第1話視聴感想(あらすじ含む)です。

 

マザー キャスト・登場人物紹介 イ・ボヨン、ホ・ユル、イ・ヘヨン主演韓国ドラマ

 

 

韓国ドラマ マザー

 

 

 

マザー(マド:마더) 作品データ

  • 韓国tvNで2018年1月24日から放送開始の水木ドラマ
  • 脚本:チョン・ソギョン(정서경) 映画脚本でのキャリアがある
  • 演出:キム・チョルギュ(김철규) 『シカゴ・タイプライター』
  • あらすじ:傷ついた少女を救うため、その少女の母になろうとする一人の女性の物語

 

 

マザー 第1話視聴感想(あらすじ含む)

 

イ・ボヨン主演作品ということで、第一話を視聴してみました。

暗く陰気なドラマとの先入観があり、あまり心惹かれていなかったのですが、意外と見ごたえがありました。

 

レビューを始める前に、まずは視聴率をチェックしておきましょう。

 

同時間帯前作は大ヒットを記録した賢い監房生活(スルギロウン カムパンセンファル:슬기로운 감빵생활)で、最終回の視聴率は11.195%でした。

通常であればその恩恵を受け、そこそこの数字でスタートするものですが、結果は2.952%と大惨敗。

実に8.143%ダウンという、凄まじい下げ幅となりました。

 

おそらくは先述した陰気な内容を、視聴者が嫌気したのだと思われます。

そして、8%強の数字は、地上波のリターン(リトン:리턴)がかっさらっていきました。

 

各ドラマの視聴率グラフはコチラ → 韓国ドラマランキング

 

 

さて、当ドラマの背景には児童虐待があります。

 

主人公スジンは小学校の教師をせざる得なくなり、そこでヘナに出会います。

ヘナは学校でもいじめられ、家庭でも虐待を受けている少女。

意を決したスジンは、ヘナを連れて逃避行を敢行するのです。

そして、スジンにも虐待されたバックグラウンドが?

 

このような内容なので、最初から視聴したくないと思う人も多いのでしょう。

個人的にもそうでした。

けれど、予想外に引き込まれる何かが、このドラマにはあるようです。

 

イ・ボヨンの演技が、実際の母親となったことでリアリティーが生じたからなのかもしれませんね。

正直なところ、神の贈り物 14日(シネソンムル 14イル:신의선물14일)の時はやや深みに欠ける印象でした。

もっとも、彼女が子を持った事実を知っているからなのかもしれません。

それでも、あの時より演技が良いように思えます。

 

ヘナを演じるホ・ユルの演技、凄まじいです。

あの年齢でどうしてあんな演技ができるのでしょうね?

いわゆる美少女ではないので、ちょっとキャスティングどうなのよ?と思ってましたが、あの演技ができれば使いたくなりますね。

これからイ・ボヨンとのケミストリーで、更に変化していくでしょうから、彼女の演技も楽しみです。

 

当作品は視聴の見続ける予定です。

 

文責:韓国ドラマあらすじ団

スポンサードリンク (sponsored link)

 - その他の韓国ドラマ , , , , , , ,