韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

逆賊:民を盗んだ盗賊 第3話・第4話視聴感想(あらすじ含む)キム・サンジュン、ユン・ギュンサン、イ・ハニ主演韓国ドラマ

   

キム・サンジュン(김상중)、ユン・ギュンサン(윤균상)、イ・ハニ(이하늬)主演のMBC月火ドラマ

逆賊:民を盗んだ盗賊(ヨクチョク:ペクソンウル フムチン トジョク:역적 : 백성을 훔친 도적)

の第3話・第4話視聴感想(あらすじ含む)です。

 

視聴率グラフはこちら → 韓国ドラマランキング

 

 

逆賊:民を盗んだ盗賊

 

 

 

逆賊:民を盗んだ盗賊 作品データ

  • 韓国SBSで2017年1月30日から放送の月火ドラマ
  • 脚本:ファン・ジニョン(황진영) 『帝王の娘・手白香』
  • 演出:キム・ジンマン(김진만)『キルミー・ヒールミー』
  • あらすじ:暴力の時代を生きた人間ホン・ギルドンの、人生と愛、闘争の歴史を扱ったストーリー。

 

 

逆賊:民を盗んだ盗賊 第3話・第4話視聴感想(あらすじ含む)

 

視聴率は、10.5%→12.3%と、しっかり延ばしてきました。

『被告人』との差も6%台まで縮まってきたので、ひょっとするとそのうち逆転なんてこともあるかもしれません。

『花郎(ファラン:화랑)』は完全にぶっちぎったので、追随されることはなさそうです。

 

 

第3話・第4話で重要なファクターとなったのは綱常罪(カンサンジェ:강상죄)でした。

綱常罪とは、綱常の倫理を犯した罪のことです。

ちょっと小難しい話になりますが、綱常は三綱五常(サムガンオサン:삼강 오상)の人倫のことで、三綱は『君臣』『父子』『夫婦』の道を現わす『君為臣綱』『父為子綱』『夫為婦綱』のことです。

また、五常とは、五倫のことで、『父子』『君臣』『夫婦』『兄弟』『朋友』間の倫理、『父子有親』『君臣有義』『夫婦有別』『長幼有序』『朋友有信』を指します。

この他にも、国喪の期間に妓房(キバン:기방)に出入りしたり、奴婢がその主人を殴打したり殺害する場合などが含まれます。

 

要するに噛み砕いて説明すると、上下関係や信義に関しての倫理規定です。

今回は両班の主人と家奴との関係としてとりあげられました。

家奴が上典(サンジョン:상전:主人のこと)に暴力を奮ったり、不正を行った上典を告発したりしてもこの綱常罪が適用されます。

特に後者などは、現代の倫理観では当然の正義ですが、当時の朝鮮では許されないことでした。

というより、現代の韓国でも、不正を行った父を子が告発したりすると、この方がバッシングを受けたりすることも。

綱常罪の名残とも言えます。

スポンサードリンク (sponsored link)i   

 

アモゲ今回アモゲが裁きの場でチョ・チャムボン夫人を告発できなかったのは、君臣間の綱常罪に当たるからです。

けれど、それを裁く使道(サト:사또)もチョ・チャムボン夫人の訴えを肯定することに躊躇していました。

というのも、綱常罪がその地域で起きたら、その地域は降格となり、使道も罷免される可能性が高かったからです。

この地域の降格というのはピンとこないかもしれませんが、朝鮮時代においては、逆賊が出現した地域が降格されるということが実際にありました。

 

もともと圧倒的に不利な家奴のアモゲは、妻クモクの恨を晴らすための、とっておきの材料を持っていました。

それは、チョ・チャムボン廃妃尹氏(ペビ ユンシ:폐비 윤씨)と内通していたということです。

チョ・チャムボンが廃妃尹氏から受け取った書を、自分は文盲だからとキルドンの兄キルヒョンに読ませ、内容を把握していたのでした。

両班には綱常罪(カンサンジェ)が無いかに思えますが、君主に対しての義を欠く行為は綱常罪となるのです。

 

もちろん逆謀の罪になります。

家は取り潰され、チョ・チャムボン夫人も官奴婢にされてしまうので、彼女は震えながら訴えを取り下げ、屋敷までも引き払って去って行ったのでした。

 

 

このドラマはシリアスな中に笑いの要素を入れていて、視聴者を飽きさせない趣向が楽しいですね。

今回は刑房オム・ジャチ昇進のいきさつが笑えました。

 

より高い地位に就かせるという約束を守るため、アモゲは手配中の海賊を捕まえ、その男を縄にくくったままオム・ジャチの方に逃します。

アモゲにもらった智異山(チリサン)の符籍(プジョク:부적)を持って科挙を受けに行ったものの、自分の予想通り落第して帰る道にその海賊が転がってきて、符籍でコン!

こうして功を成したオム・ジャチは、めでたく使道(サト)となったのでした。

 

 

匿禍里(イクファリ:익화리)に移り住んだ一家。

アモゲは仲間たちに盗人はやめて商売を行うことを提案します。

両班が金に糸目をつけずに買う明製の絹を手に入れるために、明の皇帝が朝鮮の黒細麻布(フクセマポ:흑세마포)に入れあげているということを利用して、黒細麻布を作って取引をしたのでした。

 

こうして一角の人物となったアモゲ。

キルヒョンには科挙を受けさせ、キルドンは将帥にと思っていましたが、キルヒョンは身分によりその道が閉ざされており、キルドンは一時期の記憶を失い、自分が100年に一人の才を持っていることすら忘れ、商売人になりたいと・・・。

 

12年の歳月が流れ、キルドンは商売人に。

ようやくユン・ギュンサンの登場です。

来週も面白くなりそうです!

 

文責:韓国ドラマあらすじ団

スポンサードリンク (sponsored link)

 - その他の韓国ドラマ , ,