韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

韓国ドラマ・ピノキオ 第13話あらすじ2/3 ポムジョの告白、サンタ窃盗事件

      2014/12/29

イ・ジョンソク(이종석)、パク・シネ(박신혜)、キム・ヨングァン(김영광)、イ・ユビ(이유비)主演SBS水木ドラマ

ピノキオ(피노키오)

の第13話あらすじ2/3です。

ピノキオ キャスト・登場人物紹介 イ・ジョンソク、パク・シネ主演韓国ドラマ

 

ピノキオ トップ

 

第13話あらすじ2/3 クリスマスプレゼント

局に帰ったユレは今日のハミョンを見るべきだったと、他の修習たちにカタルシス満載の武勇伝を聞かせている。

かっこよさそうなんだけど!と、ウチョル

『完全にかっこよかったんだから。うちのオッパさえいなければ、その気持を受け止めたいわ』と、ユレ。『その気持?どんな気持ちを?』と、ウチョル。『あるのよ、そんなのが』と、ユレ。

ソン記者は打撃を受けたのか?と、ウチョル。あいかわらすチャオク『ソン操作』と呼び、ボトックスで表情がないからわからないと言うユレ。

そんな話をしていると、ニュースタイムズを降板するというチャオクの映像が映る。今回のことは誤解だったが、どうしてこんなことが起きたのか振り返りたいということだ。

『打撃を受けたのね。確実に受けたわ』と、ユレ。

『これからはスタジオではなく現場で、直接、皆さんにお会いします』と締めるチャオク。そのニュース映像を別の場所で見るハミョン

 

翌日。早速、母娘の広告タペストリーが剥がされる。それを眺めるイナ。昨日のことはソン部長にとって衝撃が大きかったようだと、ポムジョ。そうねと、イナ。

チェミョンに報告に行くハミョン。本当にアンカーをやめると?と、チェミョン。ニュースでそう話したと、ハミョン。もう信じてもいいな、かっこよかったと、チェミョン。

別にかっこよくもなくて、嘆かわしくもあの人と同じようにしようとしたと、ハミョン。そうならなかった理由を問うチェミョン。

『イナのせいで』と、ハミョン。

『昨日見てわかったわ。もうタルポは私に気を使わないわ。私を忘れて、したいことをすべてして生きていけそうよ』と、イナ。

『それがいいのか?』と、ポムジョ。『いいわよ、そりゃ。私はそのためにタルポの前で罪人のようだったのよ。もう負担なく幸せでいられるようだわ』と、イナ。

ありがたいやつだな、その時しゃっくりが出なければ、そのままにしてたんじゃないか?ありがとうと言ったか?と、チェミョン。

首を横に振ろ、怒り恨んでいた、だからすごくすまないと思うと、心情を吐露するタルポ。

『その言葉は、そいつの前に行って言え。謝罪は当事者の前でやるんだぞ。他人の前だとジメジメした自責で』と、チェミョン。『わかってる』と、ハミョン。

今日は自分の誕生日だから食事に行くか?と、ポムジョ。プレゼントがないと、イナ。いらないからご飯だけ食べに行こうと、ポムジョ。

 

ポムジョの告白

レストラン。大量の料理が並べられている。今まで気苦労で食欲がなかったんだと、イナ。その割にはよく食べると、ポムジョ。

私の人生の最大のジレンマが、葛藤があっても調子を悪くしても顔色がいいことだと、イナ。どうして?と、ポムジョ。

『自分の存在自体が心痛だった。タルポの足首を掴むのも心が痛く、自分が罪人になるのも心が痛く。私も名前は記者なのに、タルポのせいで嘘をついてとくダネを得るのは心が痛かったの。もう、そうしなくていいじゃない。だから、食欲が戻ってきて、腸が活動しているようだわ。ちょっと失礼!』と、イナ。

笑うしかないポムジョ。

 

退勤中のハミョン。ロビーでパスケースの中のボタンを見て外に出る。そして、チェミョンに言われた言葉を思い出し、謝罪しようとイナに電話をする。

イナがトイレに行っているため、ポムジョがかわりに電話を受ける。会社の前のアナカフェに居ると、ポムジョ。そこなら近いなと、ハミョン。

『おまえ、イナを整理したという言葉は、まだ有効なんだよな?』と、ポムジョ。『え?・・・ああ・・・』と、ハミョン。

『それならずっと聞いておけ。これはイナだけじゃなくお前にもしたい話だから』と、ポムジョ。イナが戻ってくるので、通話中のままスマホを伏せる。

『スッキリしたか?』と、ポムジョ。『うん、飛べるようよ』と、イナ。

『お前、まえに、あのメールを盗んだ人に、ありがたいということを言ったろ?』と、ポムジョ。『うん、どうしてまたその話?』と、イナ。

『その人は私にとって竹林で、日記帳だったって。メールを送るところがなくなって残念だと言ったろ?』と、ポムジョ。

『うん。直近のようなときは、ほんとうに惜しいわ。話すことがすごく多いのに』と、イナ。

『そのメールを盗んだ人は、オレだ』と、ポムジョ。『えっ?』と、イナ。

『お前の母さんが、ウチにうっかり携帯を忘れていったことがあったんだ。そこでメールを見ることになったんだ』と、ポムジョ。

話を聞きながらカフェに向かうハミョン。

『話しにならないわ・・・』と、イナ。

『すまない。はじめはただ冗談で、その冗談が好奇心になった。そして、その好奇心が、お前に会いたくさせたんだ。それでお前を探して、ここまで来たんだよ。

お前が誰を好きなのかよく分かる。そして、お前がその人をどれだけ消したいかも。それをオレが助けてやるよ。俺たち付きあおう』と、ポムジョ。

カフェの前に到着し、店内を眺めるハミョン。言葉を発しようとするイナだったが、ポムジョが言葉をかぶせる。

『タルポは、おまえ、もう、気を使わないって。お前はもう悩まずに、方法を探せよ』と、ポムジョ。

『そうね、付き合いましょ・・・ヒクッ!・・・見たでしょ?私はこんな方法ではダメなの。あんたもわたしも、騙しながら付き合うのが方法になる?ゴメン』と、イナ。

『そこから始めればいいよ。今後はずっとオレが尽くしてやる。お前がすまなくて、到底断れないほどに、尽くしてやる。オレはタルポとは違う。お前にとってオレは、足首を掴む人ではなく、罪人でもない』と、ポムジョ。

そこまで聞いて電話を切ってしまうタルポ。

『私を思ってくれるのはありがたく思うわ。けれど、私はあんたに悪いと思うほど世話になることはないはずよ。断れないほどすまないこともなく。ただ、私達、今のように、気楽に同期として過ごしましょ。今日のは私が払うわ。私がより多く食べたから』と、イナ。

けれど、料金を見て驚く。外にいるハミョンを見るポムジョ。

イナがキャッシャーへ行くとすでに会計済みだった。ポムジョが払ったと聞き助かったと思うが、取り消してこれで払ってくれとカードを差し出す。

そこにポムジョがやって来て、『いいよ。誕生日だからオレが払うんだよ』と、告げる。それなら割り勘にしよう、プレゼントもないのに悪いじゃないと、イナ。

お前が悪いと思うほどオレはいいんだと、ポムジョ。

車に戻り、苛つきコピーに八つ当りするハミョン。そんなハミョンを見ているユレ。『コピーする男がセクシーなのは簡単じゃないのに』と言いつつ隠し撮りをし、最近やたらと目につくと呟く。

 

荷造りをしているチャオク。

白旗を揚げるという意味は何でしょう?アイテム会議に入ってきたら?と、チャオクを見て言うイルジュ。もっと禿げるから絶対ダメだと、コンジュ

ボックスの底が抜けて荷物をばらまくチャオク。拾うのを手伝い携帯をひとつくすねるイナ。

『もしかして、ポムジョデパートの会長と知り合いですか?13年前に会長の家に行ったことはありませんか?そこに携帯をおいて帰ったって。不思議で』と、イナ。

のらりくらりと否定し、あなたがまだここにいることのほうがもっと不思議だと、チャオク。

その後、チャオクのスマホにメールが入る。

『心配しないで。私はそう簡単には人を捨てないわ』

どうやらローサのようだ。そのローサのところに、小さな騒動があったと、コ室長が入ってくる。そして、クリスマス行事のサンタが盗みを働いたと伝える。

サンタが盗みだなんて、トラウマになったらどうするの!と言い、売り場へ一緒にいくローサ。

 

サンタ窃盗事件

カンナム署の前。じっとハミョンを見るユレ。どうしてそんなに見るんだ?と、ハミョン。

クリスマスに約束はあるのか?と、ユレ。修習がクリスマスって?約束する時間があるか?と、ハミョン。

それなら約束はないってことね、それなら私が、その日に大きなプレゼントをひとつあげるわと、ユレ。どんなプレゼントだ?と、ハミョン。その日になれば話してあげる、きっとすごく驚くわよ!と、ユレ。

『まったく』と、終始困ったもんだという態度のハミョン。

MSCチームと出くわすハミョンたち。イナとは微妙だ。

『この前はすまなかった。お前も聞かないとと思って、卑怯な手段を使った』と、ポムジョ。『卑怯だということがわかってよかったな』と、ハミョン。

『けれど、お前ほどじゃないようだが。昨日イナの話を聞いてみたから分かった。ヒョンを言い訳に、ソン部長を言い訳にしてイナを罪人にしておいて、ここに来て捕まえずも見逃しもしないのは、オレが見るに未練ではなく、ただ卑怯なんだ。整理をすれば・・・』と、ポムジョ。

『整理している』と、タルポ。『そうか。それならオレがイナを整理するのを助けるのは・・・』と、ポムジョ。

『助けるという言葉は言うな。整理はオレがするもので、お前がするもんじゃないじゃない。オレがイナを整理するというのは、お前の感情とは別個だ。オレの言い訳のせいで、イナを揺さぶるな』と、ハミョン。

そんな話をしていると、署内からサンタが走って出てくる。すぐにイナを守りに行くタルポ。靴を脱いでサンタにぶつけるイナ。それでもむかってくるサンタ。

飛び蹴りを食らわせるハミョン。ポムジョもサンタを押さえる。ようやく追いついたチャンスたちがサンタを取り押さえる。

大丈夫か?怪我したところはないか?と、イナを気遣うハミョン。怖がりもせずに靴を投げるなんて!と言いつつもイナを気遣うポムジョ。ふたりとも、しゃがんでいるユレは放置だ。

ようやくイナがユレを気遣う。私は大丈夫と、ハミョンにわざわざ言いに行くユレ。私が小さくて見えないんでしょ?そうでしょ?とも言う。どうしたんだ怖いなと言いその場を離れるハミョン。

署内に連行される父を泣きながら呼ぶ息子。犯人を逃したのかと問うイナ。見てないことにはできないか?と、チャンス。『そんなことができるか!』と、ハモるタルポ以外の3人。

 

場所を移して4人に囲まれるチャンス。詳細情報と引き換えに、逃げられたことを隠すということになったのだ。

そのサンタは一人で中学生の息子を育てているが、流行っているブランド品のリュックが買えないので、デパートのイベントの際に盗んだバックを息子に渡したのだ。

どうして盗む?買えばいいじゃないかと、財閥2世ポムジョ。カバンを買えない人もいるんだと、ハミョン。普通じゃない、すごく高い、80万ウォンを超えると、チャンス。驚くポムジョ以外。

単純窃盗だが累計期間だから釈放は難しい、息子は一人で過ごすことになると、チャンス。仕方ないというポムジョに、子供が一人で過ごすというのに!と、ハミョン。

それはカバンの過ちか?盗んだ人の過ちだろ?と、ポムジョ。カバンの過ちで合ってる、カバンのせいでいじめや暴力、自殺も起きてると、チャンス。

どこで売ってるのかと問うユレ。ポムジョデパートの独占販売だと、チャンス。ポムジョを見る4人。

 

ピノキオ第13話あらすじ3/3 へ続く

文責:韓国ドラマあらすじ団

スポンサードリンク (sponsored link)

 - ピノキオ , , , , ,