韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

プロデューサー最終回視聴感想(あらすじ含む) キム・スヒョン主演韓国ドラマ

   

チャ・テヒョン(차태현)、コン・ヒョジン(공효진)、キム・スヒョン(김수현)、IU(아이유)主演のKBS2金土ドラマ

プロデューサー(프로듀사)

の最終回視聴感想(あらすじ含む)です。

プロデューサー キャスト・登場人物紹介 キム・スヒョン主演韓国ドラマ

 

プロデューサー

 

 

プロデューサー作品データ

  • 韓国KBS2で2015年5月15日から放送開始の金曜ドラマ
  • 脚本:パク・ジウン(박지은) 『星から来たあなた』『棚ぼたのあなた』
  • 演出:ピョ・ミンス(표민수) 『アイリス2』『花美男ラーメン店』、ソ・スミン(서수민) 『ハッピーサンデー』 ※ソ・スミンはバラエティー系プロデューサー
  • あらすじ:芸能局の中で繰り広げられる話

 

プロデューサー最終回視聴感想(あらすじ含む)

終わりましたね~。

あらすじが若干遅れて11話もまだですが、ホットなうちにと思って先に視聴感想を書きます。

題材的に濃い終わり方はしなかったものの、ほのぼのと2つのカップルの成立を暗示させた最終回でした。

あえてカップリングを明確にせずに、シーズン2を匂わせてほしいなとも思って視聴していましたが、この終わり方だとそれはなさそうですね。ちょっと残念。

 

今回はやはりスンチャンに感情移入しながら視聴していたのですが、そのせいか特にイェジン役のコン・ヒョジンが素敵でした。

彼女が出るドラマはいつも見るようにはしているのですが、特に今回の役はマッチしていたように思います。会社の先輩に彼女のような人がいたら、そりゃあ会社に行くのが楽しいでしょう!

彼女は美人ではないのにものすごくチャーミングですよね~。そして、演技がとても自然で嫌味がありません。そして、すでに名優の域に入ってきてるのではないかと思います。視聴していて、ほんとにあんな人がいそうだと思いますもん。

 

チャ・テヒョンはそのキャラクターで演技が成立しているところがあって、よくよく分析すると、そんなに演技はうまくはありません。

それでも、人となりからコミカルさや不器用さがにじみ出てくるので、やはり貴重な俳優なのですよね~。今回は及第点としておきます。

 

一番心配していたIUですが、キム・スヒョンやコン・ヒョジンに引っ張られてなかなかの演技を見せました。

ただし、歌と違う低音な声のせいでセリフが聞き取りにくいきらいがありました。歌でできるのだから声のトーンを若干変えればいいのになと思うのですが、できないのでしょうかね~。

昔の俳優さんは声色を使い分けてこそ俳優と言われてたらしいので、そんなメソッドはあると思うのですが。

それでも、昔に比べると断然演技が良くなってますね。あと数年すると、違和感なく見ることのできる女優になるでしょう。

 

最後にキム・スヒョンですが、語る必要がないほどしっくり来る演技を見せてくれました。やはりこの年代ではぶっちぎりの演技力ですね~。

ドラマを見ていて、特に若い俳優の演技は、『そこはそうじゃないでしょ!』と思ってしまうことがあるのですが、彼の場合にはそれがないんですよね。しっくり来るんですよ、しっくり。

そして、コン・ヒョジンとの掛け合いが素敵でした。今回のドラマでは、個人的には彼女との共演を楽しみにしていたのではないかと思っています。小・中学校の先輩チャ・テヒョンよりも。

 

カメオもものすごく多く出た作品でしたね。KBSが総力を上げて作ったドラマだからキャスティングしやすかったというのもありますが、パク・ジウン作家の影響がすごく大きかったのではないでしょうか?

というのも、稀代のヒットメーカーと言っても良い彼女と縁を結んでおくと、彼女の作品に呼んでもらえる可能性があるからです。

それにしても、本当にはずさない作家です。構成がしっかりしていて、彼女特有の前振りの後にオチという構図が小気味良く、視聴していて飽きることがありません。おそらく年に1本ペースなので今年は見納めでしょうが、次回作も期待したい作家です。

 

今回の作品はTV局の裏側やタレントの契約問題などに焦点を当てたドラマでした。

印象に残ったのはチュンモの言葉で、ドラマは華々しくエンディングを迎えるけど、バラエティーはダメになって終わると言う内容でした。(セリフは後ほどあらすじで正確に紹介します)

たしかにそうですよね。ドラマは自力で有終の美を飾れますが、バラエティーは視聴率が悪くなって終わるパターンですもん。

テレビ局で働くPDもこのような特性に応じてそれぞれに能力を発揮しているのでしょうね~。

 

今回はバラエティーが主体でしたが、今度はドラマ主体でシーズン2がみたいですね。ペク・スンチャンがドラマPDに移動なんてことはないのかな~。

このメンツを集めるのは難しそうだし、シーズン2は軒並み失敗するというジンクスもあるので難しいかもしれませんが、シンディの恋のライバルが新たに出現して三角関係なんてものがあれば面白そうです。

 

あらすじはしばしおまちを!少しづつやっていきます。

 

文責:韓国ドラマあらすじ団

スポンサードリンク (sponsored link)

 - プロデューサー , , , , , , , , ,