韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

ショッピング王ルイ、空港へ行く道 第1話視聴感想(あらすじ含む) 

   

ソ・イングク、ナム・ジヒョン、ユン・サンヒョン主演主演MBC水木ドラマ

ショッピング王ルイ(ショピンワン ルイ:쇼핑왕 루이)

イ・サンユン、キム・ハヌル主演KBS2水木ドラマ

空港へ行く道(コンファン カヌン キル:공항 가는 길)

の第1話視聴感想(あらすじ含む)です。

 

視聴率グラフはこちら → 韓国ドラマランキング

 

 

ショッピング王ルイ

ruitop

 

 

日本にもファンが多いソ・イングクの新作ですが・・・

 

第一話のつかみとしては大失敗でした。

全く中身が無いというかなんというか、もう第2話は視聴しないでしょう。

この時期はハザマの時期なので、当ドラマでは新人脚本家が起用されています。

第一話があれだと、その後も上手くコントロール出来ないでしょうね~。

 

一応あらすじを紹介しておきます。

 

ショッピング王ルイ あらすじ

複雑な消費の都市ソウルど真ん中に落ちた温室記憶喪失男「ショッピング王ルイ」と、五台山(オデサン)のムササビ・インターネット知らずな女「コ・ボクシル」の波瀾万丈サバイバル・ロマンチックコメディ

 

あらすじから類推すると第2話から動きがありそうですが、若者向けで大コケするドラマの臭がします。

ただ、同時間帯では唯一の若者向けなので、その点は利点として働くかも?

とりあえず初回視聴率は5.6%でした。

 

 

 

空港へ行く道

空港へ行く道

 

タイトルを直訳すると『空港行く道』です。

助詞を『へ』にするか『に』にするか迷いましたが、とりあえず『へ』にしておきました。

 

第一話視聴率は7.4%で、同時間帯2位につけています。

まあ、無難な立ち上がりですね。

 

こちらも新人作家の起用です。

といっても、イ・スギョン(이숙연)作家は映画の作家なので、まるっきりの新人というわけではありません。

スポンサードリンク (sponsored link)i   

演出は『応急男女』『黃眞伊(ファン・ジニ:황진이)』を手掛けたキム・チョルギュ(김철규)PDなので、実績十分です。

 

ここであらすじを紹介しておきましょう。

 

空港行く道 あらすじ

人生の二番目の思春期を体験する二人の男女を通じて、共感と慰労、窮極の愛を見せる感性メロドラマ

 

視聴者によっては『不倫モノ』と感じる題材のようですが、取り方によってはそう取れなくもない内容で、男女の友情を描いているとも言えるドラマになるようです。

 

 

さて、実際に視聴した感想ですが、なかなか良かったです。

結婚後初のドラマ出演となるキム・ハヌルは、ちょっと年を取ったかな?という印象でした。

けれど、視聴を進めるに連れて、そんな印象はどこかに飛んでいってしまいました。

演技がしっかりしているので、見た目はさほど関係ないのです。

それよりも、エアアジアのCAという設定に驚きました(笑)

 

他の共演者も、しっかりと演技のできる俳優がピックアップされていて、『ショッピング王ルイ』の対局という印象。

ソ・ドウを演じるイ・サンユンとキム・ヘウォンを演じるチャン・ヒジンは今回は夫婦役です。

『私の娘ソヨン(邦題:いとしのソヨン)』の時には、結婚できなかったかつての恋人でしたよね。

この夫婦の娘エニがイキナリ亡くなってしまうのですよ。

キャスト情報を作成してないので、細かい設定がわからないのですが、キム・ヘウォンの方に何かしら闇がありそうです。

 

ドラマ視聴者の年齢層的には『嫉妬の化身』とガチンコとなりそうな予感。

『嫉妬の化身』がラブコメなのに対し、『空港へ行く道』は共感メロです。

ここのところ、甘い甘いドラマに人気が集中しているので、『空港へ行く道』はさほど伸びないかもしれません。

けれど、これから気温が下がるに連れて、このようなジャンルに視聴者が移行しそうな気もします。

 

とりあえず個人的には要チェックドラマとして、しばらく様子を見る予定です。

月火を2本ピックアップしているため、あらすじは起こす予定はありませんが、キャスト情報は作るかもしれません。

ひょっとすると、『嫉妬の化身』と一緒に視聴感想を書くかも?

 

 

文責:韓国ドラマあらすじ団

スポンサードリンク (sponsored link)

 - コラム , , , ,